ビジネス英語を学びたい人におすすめのTwitterアカウント12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
twitter_01_eyecatch

あっという間に私たちの日常に溶け込んだSNSは、もはや「当たり前にある」ツールと言えるでしょう。その使い方も、様々に進化し、今日では一つのメディアとして私たちの貴重な情報源になっています。

中でもTwitterは、英語学習にも相性の良いSNSメディア。「さあ、勉強しないと」と構えることなく、有名人の発言や友達との会話を読む感覚で始められます。

すき間時間の有効活用にも最適なTwitterですが、世界中に「氾濫」状態のアカウントの中から、自分にぴったりの学習素材を見つけだすのはなかなか難しいもの。

そこで、ビジネス英語学習のためにフォローしておきたいアカウントを用途別にご紹介します。

ビジネスレベルの英語学習に役立つおすすめアカウント12選

twitter_03

◆偉人の名言や格言とともに英語を学べる

1: Famous Quotes

アインシュタインやプラトンといった偉人の名言や格言が紹介されています。短いけれど文構造が複雑な文章が多いためリーディングの力試しにもぴったりです。
▶︎Famous Quotes

◆試験対策の勉強を積みかさねるには

2: TOEIC5000

ほぼ11分間に1回の割合で、英単語・英熟語・英語表現とその意味を、発音記号付きで配信しているツイッターボット。2010年3月の登録以来、1日のツイート回数は平均133.3回と膨大。分野はまんべんなく、レベル的にも易しい英単語からやや難度の高いものまで幅広くカバーしています。
▶︎TOEIC5000
▶︎TOEIC5000(参考)

3: 英語たんの部屋

受験英語、語源、英語の歴史をはじめとした面白い豆知識や、知的好奇心さえあれば楽しめる理論言語学の初歩的内容も呟いています。親しみやすい文体から、「英語が楽しくなるような呟きをするおねえさん」として、大学受験生をはじめ、8年にわたり人気を呼んでいるアカウント。
▶︎英語たんの部屋

◆とにかく楽しく、英語に親しみたければ

4: 出ない順TOEIC英単語

「TOEICや英検などに出なさそうな単語」をテーマに、ユニークな画像つきで配信されます。急がば回れ、あるいは逆説的な英語学習法といえるかもしれません。英語アレルギーの学習者に効果的とも考えられます。2016年4月には出版もされ、「使用する可能性が限りなく低い英文」として話題を呼びました。
▶︎出ない順TOEIC英単語

5: ジブリ英語BOT

ジブリ作品のセリフを英語化してツイート。楽しみつつ勉強になる、ジブリ好きにとってはたまらない魅力にあふれたアカウントです。
▶︎ジブリ英語BOT

6: Top Movie Quotes

世界中の有名な映画の台詞が紹介されています。
▶︎Top Movie Quotes

◆時事問題や社会問題もあわせて学びたければ

7: RNN時事英語辞典

RNN(RAPID NEWS NETWORK)時事英語辞典が運営するアカウントです。辞書制作のため日々大量の英文記事を読みこなしている編集長が作成を担当。「きょうの時事英語」とサイトに追加されたばかりの時事英語・ビジネス英語が配信されます。

ビットコイン、内閣支持率、空梅雨など、多彩なジャンルを網羅。気に入った言葉はリンク先のRNN時事英語辞典サイトに保存して、自分オリジナルの単語帳を作れるのが特徴。
▶︎RNN時事英語辞典

8: TED talks

世界各国の著名人等が行ったスピーチの動画を、無料で視聴可能。フォロワーは1020万人を超え、世界的な人気を誇ります。

字幕は最大31か国語から選択可能。最初は日本語の字幕で内容を把握しながら、次に英語の字幕に切り替えてスピーチを確認するという学習を繰り返していくと、効率的でしょう。
▶︎TED talks

なおTEDの具体的な勉強方法については、下記コラムもぜひ参考にしてみてください


【関連記事】TED Talksを用いた効果的な英語学習法【TED Talksは英語学習のモチベーションアップに最適 #2】


◆最先端のニュースにふれたければ

9: New York Times

米国の総合紙 New York Timesの公式アカウントです。
中上級者向けですが、米国の政治、社会、経済に関するニュースが1日中配信されているので、関心をもって取り組めば飽きることがありません。
▶︎New York Times

10: The Japan Times

日本で一番読まれている英字新聞・ジャパンタイムズが発信する国内外ニュースが紹介されています。性質上、読売新聞との共通記事が多く、同紙の購読者にとっては読みやすいといわれます。英語中上級者向け。
▶︎The Japan Times

11: China Xinhua News


中国の新華社通信。日本の報道でも引用される機会が多いことで知られます。中国の政治経済情報に加え、観光やファッション情報などを発信。また中国国内の動向にとどまらず、EU、ロシア、ドイツなど海外情勢についても広くカバーしており、フォロワー数は1000万人を超えています。
▶︎China Xinhua News

◆イギリス英語を基礎から学びたければ

12: BBC Learning English

イギリスのニュース番組BBCの英語学習用アカウント。BBC本体のアカウントもありますが(@BBCworld)、ちょっと敷居が高いなと感じる人にはこちらがお勧めです。イギリス英語の個性が強く出ている点には注意が必要ですが、初心者向けの内容も充実しており、学習コンテンツとしておすすめです。
▶︎BBC Learning English

海外の著名人、各種の公式アカウントでグローバルな視点を

twitter_02
英語学習専門のアカウント以外にも、知っている海外の有名人をフォローして彼らの生の英語に触れるのもオススメです。

例えば、バラク・オバマ前大統領(@barackobama)、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナルド(@Cristiano)、フェイスブック開設者マーク・ザッカーバーグ氏(@finkd)など。

自分のお気に入りの著名人の活動や考えを知るための英語なら、目を通すことも苦痛ではないはず。積極的にフォローすることで、外国語への心理的な抵抗も和らぐでしょう。ただし本人かどうか紛らわしいアカウントも多いので注意が必要です。

また@qikipediaなど、世界中の雑学や面白いネタを提供してくれるアカウントもあります。日本ではあまり知られていないような情報を得られるのも英語のアカウントをフォローする醍醐味といえるでしょう。

その他、アメリカ宇宙機構NASA(@NASA)、イギリス王室(@RoyalFamily)などの公式なアカウントも人気を博しています。自分の興味に応じてのぞいてみてはいかがでしょう。

まとめ

英語の勉強に役に立つツイッターを12アカウントご紹介しました。いずれにしても、語学学習で重要なのは、「楽しむ姿勢」と「毎日の継続」。

Twitterは文字数が限られているため、短時間で効率よく目を通すことができ、長文の英語に対して苦手意識が働く人にもお勧めです。通勤時間やお昼休みなど空き時間を有効活用するのにもぴったりの勉強方法といえるでしょう。

まずは、自分の趣味や好きなこと、目的に合致したアカウントを探してみましょう。この作業だけでも、英語に自然に触れることができ、つい身構えがちな外国語が身近に感じられるはずです。あとは毎日のわずかな時間を利用して「楽しく学ぶ」こと。これが英語力アップの支えとなってくれるはずです。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら