フィリピン人が英語を話せる3つの理由とは?レアジョブ英会話のフィリピン人スタッフに聞いてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピン留学フェア2015

今、フィリピンが熱い!

2013年のGDP成長率が7.2%となるなど、急成長を遂げるフィリピンは今世界中から注目を集めています。その要因の一つとして挙げられているのが、英語を公用語としている国のなかで第三位とされる英語人口の多さです。今や数多くの有名企業がフィリピンに進出していたり、海外就労者が人口の10%を占めたりするなどグローバル化が進んでいます。

そこで英語を話せない日本人にとって疑問となるのが「なんでフィリピン人は英語を話せるの?」ということ。今回はそんな疑問にお答えできればと思い、レアジョブ英会話のフィリピン人スタッフに聞いてみました。

フィリピン人が英語を話せる3つの理由

理由1:小学校から大学まで英語教育が行われているから

「え!?それは日本も同じでは?」と思った方!残念ながら日本とはちょっと事情が違うんです。ほとんどのフィリピン人は小学校から大学まで、国語・歴史以外の授業を英語で受けます。最初は全く英語が話せない子供たちも、英語でしか受け答えができない環境で鍛えられるおかげで、“英語を聞き取る・話す”という実践的な英語スキルが身に付いていくのです。

理由2:目や耳にするものがほとんど英語だから

フィリピンでは街中の看板や広告、選挙ポスターなど、目に入るものがほとんど英語で表記されています。また、映画館で上映されるアメリカ映画は、自国語での「吹き替えなし+字幕なし」なものばかり。英語が分からないと娯楽も楽しめない環境なのです…。

理由3:明確な目的があるから

フィリピン人の特徴の一つとして“家族の絆が強い”ということが挙げられます。親、子供、兄弟を養うためには良い仕事に就く必要がありますが、比較的待遇の良い外資系企業やコールセンター、英会話スクールなどに就職する条件の一つとして英語力が挙げられます。そのため“家族を支える”という「明確な目的」が、英語を学習するフィリピン人にとってモチベーションとなるのです。

以上、フィリピン人が英語を話せる理由として、「実践的な英語を学んでいる」「日常的に目や耳で英語に触れる機会がある」「明確な目的」が挙げられました(その他にも様々な要因が存在します)。

まとめ

いかがでしたか?
フィリピン人が英語を話せる理由として、「実践的な英語を学んでいる」「日常的に目や耳で英語に触れる機会がある」「明確な目的」を紹介させていただきました。

日本人にとってフィリピン人は英語学習の先輩とも言える存在です。ぜひ、皆さまも明確な目標を持ちながら、実践的な英語学習を行ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、レアジョブ英会話では人気のニュース記事教材をリスニングコンテンツ化した、「DAILY NEWS ARTICLEリスニング音声サービス」の提供をはじめました。フィリピン人が音声を吹き込んでいるので、発音が気になる方はぜひ聞いてみてください!また、無料の教材で気軽に利用できるので、リスニング力向上にぜひご活用ください。

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英会話は自動車の運転と同じ実技科目。 週1回の英会話スクールで、本当に英語を話せるようになりますか?
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら