オンライン英会話を続けるこつは「すっぴん」にあった?!オンライン英会話の効果的な活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン英会話を始めるなかで、「すっぴんで受けたいけれどはずかしい」「メイクをして、身だしなみを整えないと失礼かな?」と気にされている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、みなさんが気になるオンライン英会話とお顔事情についてご紹介したいと思います。

オンライン英会話はすっぴんで受けるべき?!4つの理由

オンライン英会話のレッスンはすっぴんで受けても問題ありません。もっというと、顔を洗っていない、起き抜けの素顔で受けたってOK。中にはレッスンの予約アラートを目覚まし時計がわりにしているというツワモノも。それには多くのメリットがあったんです。

すっぴんならオンライン英会話がとにかく楽!

何といっても、化粧をする手間がいらないので、とにかく楽です。準備をする必要がないので、思い立ったらすぐに受けられるという面はもちろん利点ですが、気持ちの面でも、「そろそろオンライン英会話の時間だ!化粧をしないと!」と焦ることもありません。また、「すっぴんをみられているわけだし、もう恥ずかしいことないや!」という風に、ふっきれた気持ちで対応できます。

オンライン英会話は、たくさん発言して間違えに気が付くことが大切。消極的な受けごたえが効果につながりづらいとされているため、自発的にレッスンに参加することができるというのはよいことですね。

「英語学習が続かない」を克服できる

英語学習に挫折しがちな人の一番の原因は、「学習が続かない」こと。最初はやる気に満ち溢れ、身なりや化粧もばっちり。それが、レッスンの度に化粧をする手間が、徐々にオンライン英会話は面倒くさいという思考に転換され、レッスン自体をやらなくなってしまうということも大いに考えられます。これでは本末転倒ですよね。

化粧をするという手間が原因でオンライン英会話を継続できないのであれば、すっぴんで受けて継続させることのほうがもっと重要ですよね。

オンライン英会話レッスンを受けられる時間帯が広がる

化粧をした状態でレッスンを受けるとなると、早朝や就寝前を避けた日中の時間帯になりがちです。でもすっぴんなら、寝起きでも就寝前でも、問題なくレッスンを受けることができます。

レッスン中の姿を家族に見られたくない、子供がいるから日中は集中できないというひとも、早朝や深夜なら、家族が寝静まっている状態で落ち着いて受けることができます。受講する時間の選択肢が増えて、受けられる環境が一層整いますね。

予習・復習の時間がとれる

化粧をする時間を節約できるのなら、その時間をレッスンの予習・復習の時間に充てることもできます。予習・復習をせずにレッスンに臨むひとももちろん多くいますが、やはり予習・復習を取り入れることで、レッスンの理解度がさらに深まり、充実した気持ちでレッスンを終えられるはずですよ。

実際にオンライン英会話をすっぴんで受けてみた感想

実際に筆者もレアジョブのオンライン英会話レッスンをすっぴん・パジャマ姿で受けてみました。

最初は恥ずかしさというより、自分のすっぴんを講師にみせてしまうという申し訳なさがありましたが、はじめてしまえばこちらのもの。まったく気になりません。むしろ、すっぴんの方がはじめる前の準備に手間をかけることもなく、授業に集中してレッスンを受けられる気さえしました。

また、レッスン中、フィリピン人講師に「生徒がすっぴんだと気になる?」と勇気を出して聞いてみました。すると、「全然気にならないよ!実際のところ、講師でもすっぴんの人が多いから、ハハハ!」という反応が。

そもそもフィリピンでは、日本人のように、家から一歩外に出るたびにわざわざ化粧をするという文化はないのだそう。講師もすっぴんなら、まったく気にする必要はなさそうです。

それでもやっぱり「すっぴんでオンライン英会話」に抵抗がある人は

そうはいってもやっぱりすっぴんは見せたくないという方へ、その対策法をお教えします。

カメラをオフにする

オンライン英会話は、カメラをオフにして受講することが可能です。オフにしてしまえば、すっぴんはもちろんのこと、自宅など背景が映ることを気にする必要もなくなりますし、加えてインターネット受信データが軽くなるというメリットも。

レアジョブ英会話では、生徒側がカメラをオフにしても、講師は大抵カメラをオンにしたまま、レッスンを進めてくれます。ですので、例えば、講師の発音をマネする際も、しっかり講師の口元を見てレッスンを受けることができます。

眼鏡やマスクで隠す

どうしてもすっぴんをさらしたくないというひとは、眼鏡やマスクといった小物を使って、顔を隠すこともできますよね。あなたのことを覚えている講師なら、“You are wearing glasses today!” (今日は眼鏡かけているんだね!) なんて、そこから講師との会話が広がるかもしれませんよ。

カメラ画面はそこまで大きくないと自分に言い聞かせる

レッスン画面では、カメラ画面の他に、教材やチャット機能もひとつの画面内に映るので、顔が映るカメラ画面はそんなに大きくありません。ですので、実際のところ、顔の細かいパーツまでは見えていません。「気にするほどすっぴんの表情は見られてていない」と自分に言い聞かせて、乗り越えてみしょう。

まとめ

いかがでしたか?「すっぴんで人に会うなんてマナーがなっていない!」なんて気にするのは世界中みても日本くらいだとか。身なりにそれほど気を使わない人が多いようです。海外在住の日本人が久しぶりに日本人に会って、爪の先まで綺麗な人が多くてびっくり、なんてこともあるそうです。

すっぴんだからと気にせず、気楽にレッスンを受けてみましょう。一番大事なのは、「継続すること」。そのことを忘れずに、自分にとって心地良いスタイルで一緒に英語を楽しめるようになるといいですね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する