短期間でも成果が出る!初心者でも伸びる英会話上達のコツ3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Businesswoman proud of its good financial profit

2016年、気持ちも新たに「今年こそ英会話をマスターするぞ!」と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか?
先日、レアジョブ英会話で開催したスピーチコンテストへの参加者にお話しを伺ったところ、初心者かつ短期間でも成果が出るコツがわかってきました。

今回ご紹介する3名の方は2015年からレアジョブ英会話をスタート。わずか数か月で多くの観衆の前で堂々とスピーチを披露できるほどに伸び、来日中の講師やフィリピンオフィススタッフとも英語でコニュニケーションをとっていました。

それでは、3名の方の体験談をご紹介します

Case1.

レベル1(英語で挨拶やお礼、謝ることができる)→3(身近な話題について受け答えができる)にup
「何を言われているかわからず終わった体験レッスン。それでも上達できた」
 

Case2.

レベル4(海外旅行に必要な英会話ができる)→6(興味のあることについて会話が続く)にup
「マンツーマンで25分間話せるかの不安は、「これなら伸びる」の確信に変わった」
 

Case3.

レベル2→5(身近なトピックで会話ができる)にup
「スパルタ英語塾でも伸びなかった私が、レアジョブ英会話で話せるように」

 RareJob Level 内容
上級 Level 10 ネイティブに近いレベル
中級 Level 9 流暢かつ正確な英語を話すことができる
Level 8 英語での会議や議論をリードできる
Level 7 詳細な説明ができ、会議に難なく参加できる
Level 6 興味があることについて、会話が続く
初級 Level 5 身近なトピックで会話ができる
Level 4 海外旅行に必要な英語を話すことができる
Level 3 身近な話題について受け答えができる
Level 2 自分や家族の簡単な紹介ができる
Level 1 英語で挨拶やお礼、謝ることができる

参考:CEFR-Jを基にしたレアジョブ英会話の10段階英語レベル

Case1.何を言われているかわからず終わった体験レッスン。それでも上達できた

image1
扇谷 信孝さん
年齢:44才
職業:ITエンジニア
レアジョブ英会話スタート:2015年3月
始める前の英語レベル 1 → 今のレベル 3

・レアジョブを始めたきっかけは?

上司から「英語スキルを上げるように」と言われたことです。もともとは読み書きが最低限できればよかったのですが、会社の体制が変わり、英語を話す必要性が出てきました。今の時代、会社に勤めている人なら、誰にでも起こりうることかもしれませんね。

・体験レッスンではうまく話せましたか?

いいえ、話せません。すごく緊張しましたし、初めてのレッスンでは何を言われているかすらさっぱりです。でもレアジョブ英会話は上司から勧められて、「やります」宣言をしてしまったため、途中で止めるわけにもいかなくて。始めの数か月は、わからないことを「わからない」と伝えるのもままなりませんでした。

・ほぼ毎日レッスンを受けています。レアジョブ英会話を続けられた理由は?

上司に宣言したことと毎日決まった時間にレッスンを受けるようにしたことです。平日は業務のひと区切りがつく夕方にレッスンを受けるようにしました。レアジョブ英会話だと講師が約4000人いて、自分に合う講師を見つけやすかったのも大きな理由です。
今では出張先や、道を歩きながら受けることも。レアジョブ英会話なら自然に英語を話す頻度が増えると思います
 

・上達したな、と実感することはありますか?

もちろんです。今回のスピーチコンテストでは、初対面の講師からの質問にも臆せず回答できて、上達を感じましたし、自信がつきました。

Case2.マンツーマンで25分間話せるかの不安は、「これなら伸びる」の確信に変わった

image2
山縣 荘平さん
年齢:38才
職業:コンサルタント
レアジョブ英会話スタート:2015年7月
始める前の英語レベル 4 → 今のレベル 6

・レアジョブを始めたきっかけは?

コンサルティングファームに転職して、英語が必要になったからです。転職前から英語の必要性は漠然と感じていましたがコンサルティングファームでは必須だと感じました。
転職前からいくつかの教材やオンライン英会話を試しました。オンライン英会話もグループレッスンであったため、一定のレベルまではもっていけましたが、それ以上を望めないと感じたのでやめてしまいました。
 

・どうしてレアジョブで上達できたと思いますか?

体験レッスンでは、自分の英語で25分間もつか不安でしたが、終わった後は「これなら伸びる」と確信しました。マンツーマンレッスンはグループレッスンの何倍も話す時間が取れますし、間違えても気にしなくていい。講師のレッスンの進め方が上手だったということもありますが、自信が持てました。継続して量をこなせることがポイントだったと思います。

・レッスンで工夫したことはありますか?

レッスンに慣れてきたら、インプットとアウトプットを意識しました。レッスンでは、教材の知っている単語でも「これはどういう意味?」と聞きます。そうすると講師が説明をしてくれるので、加えて「つまりこういうことだよね?」と別の言葉で言いかえます。そうすることで1つの単語でも複数の意味が頭に入り、さらにアウトプットの力も伸びます。
 

・どんなときに上達を実感しますか?

まず、リスニング力が上がったと思います。カンファレンスで外国人が英語で話している内容がわかるようになりました。また、英語でのプレゼンにも自信がついてきました。もっと上達させて海外で仕事をしてみたいし、時間が許せば留学してMBAにチャレンジしてみたいと思っています。英語で自分の世界を広げていきたいです。

Case3. スパルタ英語塾でも伸びなかった私が、レアジョブ英会話で話せるように

Sさん
年齢:42才
職業:看護師
レアジョブ英会話スタート:2015年4月
始める前の英語レベル 2 → 今のレベル 5

・レアジョブを始めたきっかけは?

勤め先の病院に来院する外国人の患者さんが多くなり、仕事で英語を使うことが増えてきたからです。

・英語ができなくて悔しかったことはありますか?

外国人の患者さんに症状を伺おうにも単語だけで文章にならず、意思疎通がうまく図れず、もどかしい思いをしていました。

・体験レッスンではうまく話せましたか?

いえいえ。Skypeを使ったことがなかったので、使えるかどうかも不安でしたし、すごく緊張してちゃんと話せませんでした

・続けるために工夫したことはありますか?

私は強制力がないと続かないタイプ。レアジョブ英会話を始めてすぐに参加したレアジョブの「英語女子会」というコミュニティで、ささいな疑問を解消できたり、自分のペースをつかめたのはよかったです。
また、「毎日レッスンを受ける」という目標を立て、終わったらすぐに次を予約。キャンセルすることもありますが、すぐに別の日で予約を取ります。仕事で夜勤もありますが、フレキシブルにレッスンを受けられるところがいいですね。
気分が乗らないときは、やさしめの教材やすでに終わった教材を選んで、ハードルを下げていました。教材がたくさんあるので、飽きずに続けられます

・レアジョブで上達しましたか?

はい! 始める前よりも外国人の患者さんとコミュニケーションができるようになりました。単語じゃなくて、文章がすっと口から出てくるようになったんです。同僚にも「どこで勉強したの?」と驚かれます

初心者でも伸びる英会話上達のコツまとめ

3名の方のお話しはいかがでしたか?
いずれの方も、特別なことをやっていたわけではないこということがわかったのではないでしょうか。
3名の方が上達したコツをまとめると3つです。

1) 英語を話す頻度を増やす

今回お話しを伺った方に共通して言えるのは、レッスンの頻度が高いこと。平均すると週5回以上レッスンを受けていました。週1回数時間話すより、短い時間でも話す頻度・回数を増やしましょう。そうすると、頭で考えなくても口から英語が出てくるようになります。

2) うまくしゃべれないこと、間違えたことは気にしない

山縣さんは「初めは文法ができなくてもしゃべることを第一に考えた」と話していました。また、扇谷さんは講師からの指摘をノートにまとめて見直していました。つまり、うまくしゃべれないことや間違えたことを気にするのではなく、次からは正しくしゃべれるようにすればいいんです。

3)効果がすぐに出なくてもあきらめずに続ける

初めは順調に伸びても、必ず停滞期がやってきます。そこであきらめるか続けるかが上達への分かれ道。Sさんのように、やさしめの教材や一度使った教材を使ってレッスンを受けるハードルを下げて続けるのはとてもオススメ。続けているうちに、ある日ぐっと伸びるときがやってきます。

「自分に続けられるか不安」「上達するかな?」と迷っている方も、レアジョブ英会話でまずははじめの一歩を踏み出してみてくださいね。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら