やっぱり記憶に効果アリ!英語は紙とペンで勉強しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スマホやタブレットよりも、紙とペンや鉛筆で勉強したほうが、やっぱり覚えやすい」と感じている人はいるのではないでしょうか。東京大学などの研究により、その感覚は正しいということが証明されました。電子機器ではなく紙とペン・鉛筆を使ったときのほうが、脳が活発に働き内容が記憶に残りやすいのです。

英語学習はウェブサイトやスマホアプリに頼っているという人も、あえて紙とペン・鉛筆による学習を取り入れてみましょう。ここではその具体的なアイデアをご紹介します。

紙とペンのほうが学習効果が高いのはなぜ?

「紙とペンのほうが学習効果が高い」と聞いて「やっぱり!」と思っても、何がどう効果あるのか、イメージしづらいですよね。そこで、東京大学で行われた研究などを基に、スマホやタブレットを使ったときと、紙とペン・鉛筆を使ったときで、どんな違いがあるのかを見ていきましょう。

参考:紙の手帳の脳科学的効用について ~使用するメディアによって記憶力や脳活動に差~

紙のほうが、脳が活発に活動する

普段、覚えたいことをパソコンで打ち込んだり、スマホアプリを使ったりして学習している人は多いかと思いますが、「紙に書く」「書いたことを思い出す」という作業をしているときのほうが、脳が活発に活動することがわかりました。つまり、必要なことを短時間で要領よく覚えることがでるのです。「大事なことは紙に書いて覚えるのがいい」というのは、やはり正しいことだとわかりました。

視覚も利用して記憶にインプット

スマホやタブレットで書くときは、基本的に「入力」するだけですが、紙を使うと、「ページの上のほうに書いた」「横に並べて書いた」など、自分の目で確認しながら書くことになります。これが、記憶の定着に役立つと考えられています。紙の上にきれいに整理して書いてみたり、赤ペンやマーカーで印をつけたり、そういった行為が記憶をより確かなものにするのです。

内容をより深く理解できる

英語の例文を見ながらスマホやタブレットで打ち込むとき、それは単に「写している」だけ。すばやく入力できますが、内容をよく考えていないということもあるのでは?でも、ペンや鉛筆を使うと、ゆっくり書く分、つづりや語順、文の意味などをしっかり意識するようになります。紙に書くということは、内容をより深く理解することにもつながるのです。

紙に書く学習法のアイデアをご紹介

最近、「紙に書く」という行為から遠ざかってしまっている人も多いのではないでしょうか。「ペンや鉛筆を使って、紙に書いて勉強するのがいい」と言われても、具体的に何をどう進めればいいのかわからず、戸惑ってしまうかもしれません。そこで、手始めに次のような方法を試してみてはいかがでしょうか。

単語・例文・問題集を作る

1.単語とその意味を書く

オンラインレッスンに出てきた覚えておきたい単語、ネットのニュースやブログを見て気になった表現などを、紙に書き留めてみましょう。

impress(動)~を感動させる、~に影響を与える

品詞も書いておきます。他動詞の場合、できればこのように「~を」「~に」とつけておくようにします。

2.例文とその訳を書く

The movie impressed me.
(その映画は私を感動させました)

ニュースやブログなどで見た言い方を書き、訳もつけておきます。

3.自分で例文を作る

I was impressed with the story.
(私はその物語に感動させられました)

例文を参考にしつつ、自分で英文を作ってみます。インタネットのAI校正ツールなどで添削してください。

DeepL Write

4.穴埋め問題を作る

I was ( ) ( ) the story.
(私はその物語に感動させられました)

覚えたい語を中心に穴埋め部分を作り、訳を見ながら英文が作れるようにします。

完成例

★impress(動)~を感動させる、~に影響を与える

□ The movie impressed me.
(その映画は私を感動させました)

□ I was impressed with the story.
(私はその物語に感動させられました)

問題 I was ( ) ( ) the story.
(私はその物語に感動させられました)

上記をまとめると、このようなります。自分で記号を入れたりマーカーで印をつけたりして、見た目を工夫するといいでしょう。穴埋め問題だけ別の紙に書いて、自分用の問題集を作るのもいいですね。

文章を書き写す・要約する・音読する

1.まとまった英文を書き写す

オンライン英会話レッスンのテキストやウェブのニュースなどを、そのまま書き写します。1段落だけでもいいでしょう。例えば下記を参考にしてください。

Daily News Article

Drinking Alcohol Leads to Overeating
(飲酒は過食につながる)

Results of the experiment revealed that the appetite of the mice increased after they were given ethanol compared to when they were sober.
(実験の結果、マウスはエタノールを与えられると、シラフの時と比べて食欲が増すことがわかりました)

2.自分なりに要約する

When the mice were given ethanol, their appetite increased.
(マウスはエタノールを与えられると、食欲が増しました)

要点だけまとめて書き出します。長すぎると元の文とあまり変わらなくなってしまうので、1段落1文程度が目安。

3.音読する

元の文と要約文を音読し、声に出して言うための練習をします。音声のお手本として、Google Translateのようなテキストを音声化するサイトを利用してください。

Google Translate

紙を使えば英語学習にこんな効果がある!

いつものパソコンやスマホを使った英語学習に、ここでご紹介したような紙とペン・鉛筆の学習を取り入れることで、例えばこんな効果が期待できます。

・単語や英文が記憶しやすくなる
・つづりや語順をしっかり把握できる
・重要なポイントをつかみやすくなる
・書き方などを工夫して自主的に勉強するようになる
・ノートにまとめて残しておけば、自分だけのオリジナル教材になる

紙とペンをカバンに入れて持ち歩き、電車の中やオフィスの休み時間などを活用して勉強することもできそうですね。ぜひ、「紙とペン・鉛筆を使う」ことを普段の習慣としてください。

書いたことを英会話に生かそう

紙に書くことで記憶に残りやすくなり、さらにそれを音読することで、話す力を鍛えることもできます。自分が使いたい単語や例文、文章などをどんどん書き出して、声に出して読む練習をしましょう。話したいことがあるときに、頭の中にすっと必要な表現が浮かんでくるようになるはずです。

オンライン英会話のレッスンを受ければ、教材として役立つ、生きた会話表現の例に触れることもできます。英語を話す練習をするためにも、ぜひ、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してください。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

お金をあまりかけずに英語を話せるように
するならオンライン英会話が有効です

英語を学んできたのに、いざ話そうとなると全く言葉が出てこない、その原因は圧倒的にアウトプット量が不足していることにあります。
英会話の経験量を増やしたいなら断然オンライン英会話がおすすめ。1日25分だけ英語を話す習慣が鍵を握っています。高いお金を払って海外留学する必要はないのです。

無料登録しておくとお得な情報が届きます

今すぐ無料体験する

最適な学習サイクルが
レアジョブ英会話ひとつで完結

レアジョブ英会話の新しい学習体験 レアジョブ英会話の新しい学習体験

レアジョブ英会話なら、会話量を増やせるレッスンはもちろんのこと、確実に英語を聞き取れるようにするトレーニングコンテンツ『ソロトレ』や一歩一歩英語力を積み上げられるオリジナル教材など、オンライン英会話市場で長年培ってできた優れたコンテンツを豊富に取り揃えています。(追加料金なし/教材は誰でも無料!)苦手を克服したいなら使うべき選りすぐりのコンテンツです。

今すぐ無料体験する

※「ソロトレ」は有料会員様のみご利用いただけます

利用者インタビュー

無料登録~7日以内なら
初月半額ではじめられます

今すぐ無料体験する

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する