人気映画の原作も聞ける!オーディオブックで英語リスニング力アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外では以前から、本の朗読音声を収めた「Audio Book」(オーディオブック)に人気があります。読書と違い、車を運転しているときや道を歩いているとき、家事をしながらなど、いつでも気軽に聞くことができるのが利点。「ハリー・ポッター」など人気映画の原作もそろっている英語のオーディオブックを、英語学習に活用してみませんか?ここでは、人気の作品や具体的にどのように学習を進めればいいかをご紹介します。

オーディオブックが英語学習に役立つ理由

「音だけで物語を理解するのは難しい?」と最初は不安に思ってしまうかもしれませんが、実はオーディオブックはさまざまな理由で、本や映画、You Tubeの動画などよりも英語学習に向いていると言えます。

映画やYou Tubeの動画よりわかりやすい

オーディオブックはナレーターがマイクに向かってはっきり正確にしゃべっているので、動き回って録音した映画やYou Tubeの動画よりも聞き取りやすくなっています。また、映像がなく文字だけで物語を説明するため、画面に突然知らない場所が出てきて「これはどこ?」と戸惑ったりすることがありません。ちゃんと「彼らは〇〇に到着した」と言葉で説明してくれ、ストーリーが追いやすいのです。

自分の好きな世界を楽しめる

「政治のニュースには興味がないけれど、勉強のために聞かないと」などと無理をすることはありません。ミステリーや恋愛ものなど、オーディオブックであれば自分の好きな物語の世界に浸ることができます。「勉強のため」というより、純粋に物語を楽しむために聞くようにしましょう。

時間がない人にピッタリ、スキマ時間を活用

「本を読みたくても時間がない」「忙しくて英語を勉強する時間が取れない」という人にこそ、オーディオブックが向いています。スマートフォンにダウンロードして、家の中でも電車の中でも、いつでも好きなときに聞くことができます。1回2、3分でもいいので、ちょっとしたスキマ時間を活用して聞いてみてください。

作品の選び方と人気のオーディオブック

英語学習に利用するにはどのような作品を選べばいいかということと、オンラインで手に入る人気の作品をお教えします。タイトル選びの参考にしてください。

「知っている作品」を選ぶ

物語を一から理解するのはやはり負担が大きいので、まずは「映画を見たことがある」「日本語の翻訳本を読んだことがある」といった、「知っている作品」を選びます。

「名作」を聞いてみる

現代の人気小説には耳慣れないスラングなどが入っていることがあるので、シャーロック・ホームズものなど、やや昔の古典的名作から始めてみましょう。わかりやすく読みやすい英語で書かれていて、文中のフレーズを覚えてそのまま会話で使うこともできます。

大人にも人気の「子ども向け作品」を選ぶ

子ども向けの本では、会話に不適切な言葉が意図的に省かれているため、学習者がフレーズを覚えて使うのに向いています。大人にも人気の長く親しまれている作品を選べば、読んでいて飽きることがありません。

英語学習者におススメしたい人気作品

Harry Potter and the Philosopher’s Stone, Book 1
(ハリー・ポッターと賢者の石)

「Audible」(オーディブル)

ハリー・ポッターシリーズの第1作。「Audible」(オーディブル)というAmazonのサービスで、1冊ずつ買うか、有料会員(月1,500円)になって好きな本を月1冊指定するかを選びます。

Charlie and the Chocolate Factory
チャーリーとチョコレート工場

「Audible」(オーディブル)

ジョニー・デップ主演で映画化されたファンタジーもの。これも「Audible」で入手可。購入前にサンプル音声を聞いてみましょう。

The Adventures of Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズの冒険

Lit2Go

音声とテキストが無料でダウンロードできます。オーディオブックは一般に、1冊数時間と長いものが多いのですが、これは短編集で1話1時間程度と取り組みやすくなっています。

The Great Gatsby
華麗なるギャツビー

ESL English

レオナルド・ディカプリオ主演で映画化された壮大な恋愛ドラマ。音声とテキストをウェブ上で、無料で利用できます。スピード調節の機能がついているので、速すぎると思ったら少し速度を下げてみましょう。

Happy Prince
幸福の王子


オスカー・ワイルドの短編。テキストは「CC」ボタンをクリックして字幕で見ることができます。

オーディオブックを使った学習方法

最初はやはり、聞くだけで理解するのは難しいかもしれません。次のような方法を試して、少しずつ理解度を高めていきましょう。

1) オーディオブックの音声と、英語・日本語の書籍を用意。オンラインで入手できますが、高額の場合は図書館で借りるという方法も。

2) 最初の20~30秒くらい音声を聞いて、どれくらい聞き取れるか確認。

3) 内容がだいたいわかったら先へ進む。理解しづらい場合、英語のテキストを見ながら聞く。知らない単語は辞書で調べる。

4) 2~3分続けたら、最初からもう一度音だけで聞いてみる。
*このときにだいぶ、聞き取れる部分が増えているはず。

5) 日本語の書籍は、時間のあるときにざっと読んで、自分の理解が正しいかどうかを確認。

文字を見て1文ずつきちんと理解しようとすると挫折しがちになってしまうので、「可能な限り聞くだけで理解する」「だいたいわかったところで先に進む」ことがポイントです。

オーディオブックを聞き始めたら、オンライン英会話レアジョブのレッスンで先生に内容を話してみましょう。I’m listening to the Harry Potter and the Philosopher’s Stone‘s audio drama.(『ハリー・ポッターと賢者の石』のオーディオドラマを聞いているんです)、Harry just arrived at the wizardry school.(ハリーがちょうど魔法学校に到着したところです)といったように、本の中に出てきた言葉を使って説明します。

「先生に話す」という目的を持つことで、頭の中でストーリーを整理したり、物語を説明するのに重要な表現を覚えたりするようになります。そしてアウトプットを重ねるうちに、その表現が自分のものになっていきます。オーディオブックとレッスンで「聞く⇒話す」を繰り返し、英語を話す力を確実にアップさせましょう。

まとめ

オーディオブックは、ただリスニングに役立つだけではありません。いわば「聞く読書」なので、「語彙が増える」「英文の構造に親しむ」「内容を推測しながら理解する」など、読書で磨かれるスキルを身につけることもでき、リスニング力とリーディング力が同時にアップします。お気に入りの作品を見つけて、ぜひ英語のオーディオブックを始めてみてください。

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する