IELTS対策で役立つ参考書36選!4技能・単語・文法それぞれ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語検定にはさまざまな種類があります。IELTS(International English Language Testing System)は、英語能力を測定するための数値として国際的に広く知られており、多くの海外企業や教育機関などで採用されています。

本記事ではIELTS対策として役立つ参考書を目的別に詳しく紹介します。リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能に加えて、単語・文法におすすめの教材もまとめているので、用途にあわせて効率よく学習を進めていきましょう。

IELTSってどんな試験?傾向は?

日本では英語力を測定する試験としてTOEIC・TOEFL・英検などを採用している企業が多いですが、国際標準にあわせてIELTS(アイエルツ)を導入する企業も徐々に増加しています。IELTS国内での知名度はあまり高くないものの、実践的な英語能力を測るにはぴったり試験です。

実践的な英語力を測りやすい最大の理由は、そのテスト方式にあります。マーク式の試験とは異なり、IELTSは基本的に筆記式の試験です。出題はリスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能で、すべての能力を高める必要があります。しっかりと対策を行うことで高スコアを獲得できるだけでなく、実践的な英語を身に付けることが可能です。

IELTS対策向け参考書の選び方

IELTS試験用の参考書は数多くあるため、対策の際には受験の目的に合わせた参考書を選ぶことが重要です。ひと口に参考書といっても、ある程度ターゲットを絞って制作されているため、参考書の特徴が自分に合うものを選ぶことで効果の高い試験対策が可能となります。

実際の参考書を紹介するまえに、参考書をどう選んだら良いかについて紹介します。

レベルアップしたいスキルに合わせて選ぶ

レベルアップしたいスキルとしては、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能に加えて、単語や文法もあります。とくに単語はIELTS対策の土台となるため、基礎力から徹底的に鍛えたい人に向いています。

また、次々と新しい参考書を買うのではなく、購入した1冊を何度も繰り返し用いて学習することが大切です。同じ参考書を使い、インプットとアウトプットを重ねることで、実際に使える英語力が定着しやすくなります。

自分のレベル・目標スコアに合わせて選ぶ

IELTSは9段階のバンドスコアで評価されます。リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能で、それぞれ1から9の点数がつきます。1が最低スコア、9が最高スコアで、0.5刻みの点数です。各技能のスコアバンドの平均からオーバーオールとよばれる総合スコアが導き出されます。IELTS公式が公開している国別データによると、日本人の平均はオーバーオールで5.8です。

すでに受験している人は、現在のスコアよりワンランク上の参考書を選ぶようにしましょう。始めて受験する人は、日本人平均点をひとつの目安として目標スコアを決定し、参考書を選んでみましょう。

公式問題集は必ず用意する

IELTSには公式問題集「IELTS Academic Student’s Book」があります。ケンブリッジ大学英語検定機構によって本番を想定した問題が作られているので傾向と対策には欠かせません。IELTS受験を考えている人は必携の1冊です。

公式問題集は4回分の問題が収録されているので、タイミングをずらして取り組んでみてもよいでしょう。1回目は自分のレベル把握、2、3回目は学習の進捗確認、4回目はテスト直前とすることで、勉強の成果を見える化することにもつながります。

IELTS対策でぜひ使いたい参考書7選

それでは、IELTS対策のオーバーオール(総合得点)で高スコアを目指したい人におすすめする参考書を7冊紹介します。はじめてのIELTS受験でも、ぜひ使いたいラインナップです。それぞれの特徴も紹介しているので、用途にあった1冊を見つけて効率の良い学習を進めましょう。

・はじめてのIELTS 全パート総合対策
・新セルフスタディ IELTS完全攻略
・IELTS完全対策&トリプル模試
・パーフェクト攻略IELTS総合対策
・スコアに直結!IELTS徹底対策テキスト&問題集
・ケンブリッジのIELTS公式ガイド アカデミック&ジェネラル・トレーニング
・Step Up to IELTS Personal Study Book with Answers

はじめてのIELTSならコレ!

100回分以上のテストを徹底的に分析・研修した『[音声DL] はじめてのIELTS 全パート総合対策』は、はじめてIELTSを受験する人に最適な1冊です。

目標スコアを6.5~7.0に設定し、攻略テクニック・最新傾向・頻出語句を学習できます。IELTSを50回以上受験した著者が作成した問題演習に取り組むことで、効率的にスコアアップを目指せるでしょう。IELTSを徹底的に知り尽くした実践向きの参考書となっています。

おすすめレベル初級
著者小谷延良
出版社アスク 
価格(税込み)2,860円

テストの仕組みを理解したいならコレ!

新セルフスタディ IELTS完全攻略[第2版]』は、IELTS受験申込から試験当日までの流れを詳しく収録しています。

出題傾向や解説もわかりやすく記載されており、はじめての受験にもおすすめ。テストの仕組みを理解して戦略的に学習したい人に向いています。ポイントは日本人がつまずきやすい点を踏まえているところでしょう。日本人の苦手な部分を踏まえてIELTSを解説しているので、高スコアに直結しやすい内容となっています。練習問題も豊富で模擬試験も1回分収録されているので、IELTS受験のすべてが網羅された参考書といえるでしょう。

おすすめレベル初級
著者アンソニー・アラン
出版社ジャパンタイムズ出版
価格(税込み)2,860円

模試に何度も挑戦したいならコレ!

608ページのボリューム感でフルサイズの模試が3回分収録されている『CD付 IELTS完全対策&トリプル模試 (CD book)』。

イギリス・オーストラリア・日本出身の3人の専門家による参考書で、はじめての受験にも高スコア獲得にも向いています。3回分の模試も収録されているので、実践的なテストに何度も挑戦したい人におすすめの1冊です。トリプル模試3本にはわかりやすい解説もついています。高スコアを獲得するには、模試でのポイントしっかりと理解することが重要。日本人学習者のための対策が練られた本書は、すべてのIELTS受験者に対応した総合対策の決定版に仕上がっています。

おすすめレベル初級~中級
著者セーラ森川 ルーク・ハリントン 平岡麻里 
出版社ディーエイチシー
価格(税込み)2,970円

IELTS対策講座のノウハウから学びたいならならコレ!

トフルゼミナールで開講されているIELTS講座の実績が活かされた『パーフェクト攻略IELTS総合対策 』は、ライティングやスピーキングの対策も万全です。

英検の試験管をはじめ、さまざまな英語試験の指導を行ってきた経験豊富な3人の著者による本書は、徹底したテスト研究が行われています。日本人の苦手を的確に分析し、アプローチできるIELTS総合対策の決定版!分析・対策はもちろん、充実の問題演習とポイントを押さえた解説など、まさにIELTS対策講座を体験できているような内容です。IELTS受験のノウハウを学びたいなら必読の1冊となっています。

おすすめレベル初級~中級
著者山田/広之 グンター・ブルック キャメロン・ハイ
出版社テイエス企画
価格(税込み)2,860円

戦略的な学習で高スコアを獲得したいならコレ!

スコアに直結!IELTS徹底対策テキスト&問題集』は、バンドスコア6.0以上を目指す人向けのIELTS対策書の決定版です。

リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能について、高スコアを獲得するための「ストラテジー」が紹介されています。戦略的な解き方がまとめられており、高スコアに直結する1冊となっています。また、国別のリスニング対策にも対応しており、イギリス・アメリカ・オーストラリア出身のネイティブスピーカーによる練習問題のCDも付属しています。解説と問題を繰り返し行うことで、確実に英語力がアップするおすすめの参考書です。

おすすめレベル初級~中級
著者ケビン・ダン
出版社ナツメ社 
価格(税込み)2,530円

公式問題集で徹底的に学習したいならコレ!

IELTS試験はケンブリッジ大学英語検定機構によって作られています。『ケンブリッジのIELTS公式ガイド アカデミック&ジェネラル・トレーニング(解答・DVD-ROM付き)』は、ケンブリッジ大学出版局が作成する公式ガイドです。

アカデミックとジェネラルトレーニングの両方に対応している総合ガイドとして、4技能すべてが徹底的に学習できます。特筆すべきは、試験に役立つ情報や対策が記載されている点でしょう。公式による本番を想定した問題を解くことは、試験の傾向と対策には欠かせません。スピーキングの様子を収録したDVD-ROMも付属されているので、試験のイメージトレーニングにもぴったり。洋書版テキスト「The Official Cambridge Guide to IELTS Student’s Book with Answers with DVD-ROM」とまったく同じ内容なので、中級者以上向けの参考書となっています。

おすすめレベル中級~上級
著者
出版社Cambridge University Press 
価格(税込み)5,645円

公式問題集で手軽に学習したいならコレ!

ケンブリッジ大学出版局が作成する公式ガイドには、80ページの簡易版もあります。『Step Up to IELTS Personal Study Book with Answers』では、受験のテクニックと必須項目を約60時間の授業形式で網羅しており、中級以上の受験者向きです。

参考書では短い簡単な模擬試験が記載されており、手軽に学習できる点も魅力。IELTS受験の直前に活用するのも効果的でしょう。何度も繰り返し学習をすることで試験で必要な単語・文法・4技能を短期間で身に付けることができます。

おすすめレベル中級~上級
著者
出版社Cambridge University Press
価格(税込み)2,133円

IELTSリスニング対策用の参考書5選

IELTSのリーディングは、イギリス・アメリカ・オーストラリアなど、さまざまな国の発音が採用されています。日本ではアメリカ英語で学習することが多いため、発音の多様性について知っておくとよいでしょう。また、IELTSでは英文を聞きながら、穴あきとなった部分を単語で埋める形式で出題されます。文字を書き込む時間も確保されているので比較的余裕をもって取り組めますが、単語を正確に覚えておくことも高スコアを獲得するには重要なポイントです。

ここでは、リスニング対策用の参考書を5つ紹介します。

IELTSのリスニングに慣れたいならコレ!

IELTSのリスニングに慣れたい人は、『IELTS Listening Practice Tests: IELTS Exam Preparation Book with 4 Practice Tests, Free mp3s and Tips for a High Score』がおすすめです。

4つの練習問題をやり込み、Tips(助言)を理解することででハイスコアを目指せます。2021年発売の本書では、最新の傾向を分析しているので、はじめての受験でも安心してリスニング対策に取り組めるでしょう。

おすすめレベル初級~中級
著者
出版社IELTS Success Group 
価格(税込み)1,255円

人気講座の学習法が知りたいならコレ!

IELTS対策講座が人気のトフルゼミナール作成、『パーフェクト攻略IELTSリスニング 新装版』は、リスニング特化型の参考書です。

IELTSの特徴である長い会話やモノローグに慣れることで高スコアを目指します。本試験3回分の問題と模擬1セットが収録されていて、対策講座を聞いているような具体的な解説も魅力です。参考書を隅から隅まで学習することで、頻出の6種類の設問タイプも完全マスターできるでしょう。

おすすめレベル初級~中級
著者トフルゼミナール
出版社テイエス企画
価格(税込み)2,860円

聞き取り力を底上げするならコレ!

実践IELTS技能別問題集リスニング』は、聞き取れるようになる方法を知り、聞き取り力を底上げできる参考書です。

聞き取りスキルを向上させる5つのポイントについて学ぶことで、長い会話も確実に理解できるようになります。また、問題量も豊富に収録されているので、実践形式で力を付けることができるでしょう。書籍の最後にある模試2セットに取り組むことによって、総仕上げまで完璧に網羅できます。

おすすめレベル中級~上級
著者松園保則
出版社旺文社
価格(税込み)2,860円

リスニングスコアで6.0-7.5を目指したいならコレ!

リスニングスコアで6.0-7.5を目指したいなら、『Improve Your Skills: Listening & Speaking for IELTS 6.0-7.5 Student’s Book with key & MPO Pack』がおすすめです。

IELTS対策本として、本国イギリスでも評価が高く、英語力の向上が期待できます。主にリスニングとスピーキングテストに特化した内容となっており、付属のCDを使いながら学習します。参考書はすべて英語で記載されており、中級者以上向きです。

おすすめレベル中級~上級
著者J.Preshous
出版社Macmillan Education
価格(税込み)2,933円

本場の学習法が知りたいならコレ!

Collins English for Ielts – Ielts Listening』は、IELTSに関する書籍を多数出版しているJo TomlinsonとFiona Aishによる共著です。

144ページすべて英語で記載されており、上級者向けの参考書となっています。これまでのノウハウを詰め込み、2020年に発売された本書は最新の傾向も分析されており、しっかりと学習することでスコア7.0以上を達成することができるでしょう。

おすすめレベル上級
著者Jo Tomlinson Fiona Aish
出版社‎Collins Publishers 
価格(税込み)2,319円

IELTSリーディング対策用の参考書5選

IELTSのリーディングの特徴は、1パッセージが長い点です。だいたい900語からなっているため、長文読解に慣れる必要があります。速読力と読解力はもちろん、幅広い知識を身に付けることも大切です。IELTSのリーディング問題数は3パッセージと決まっているので、本番では時間配分を考えながら取り組みましょう。
ここでは、リーディング対策用の参考書を5つ紹介します。

リーディング問題に慣れたいならコレ!

パーフェクト攻略IELTSリーディング 新装版』は、243ページに本番5回分のパッセージを収録しています。リーディングには11の設問タイプがあり、それぞれ日本語の解説付きです。問題量も充実しているので、さまざまなタイプの問題に慣れたい人に向いています。リーディングに苦手意識があり、速読力を鍛えたい人に最適な参考書といえるでしょう。技能別の参考書は中級以上のものが多いですが、本書ははじめてでも理解しやすい内容となっています。

おすすめレベル初級~中級
著者トフルゼミナール
出版社テイエス企画
価格(税込み)2,640円

リーディングの基礎を身に付けたいならコレ!

講師としてIELTS対策の指導を行いオリジナル教材も多数開発している松園保則による『実践IELTS技能別問題集リーディング』は、リーディングの基礎を身に付けるのに最適な1冊です。

音読やスラッシュリーディングなどの手法を用いて、IELTSのリーディングに特化した読解力を養成します。公式問題集の分析に基づいた解説もついているので、IELTS試験への理解を深めたい人にもおすすめです。練習問題を繰り返し実施することで、学びをしっかりと定着させることができるでしょう。

おすすめレベル初級~中級
著者松園保則
出版社旺文社 
価格(税込み)2,640円

学校の授業のように順序立てて学習したいならコレ!

リーディングを戦略的に学習できる『IELTS Reading: IELTS 5-6+ (B1+)』は、コリンズ社より出版された参考書です。

全編英語ですが、学校の授業のように順序立てて学習できるため、確実にステップアップが可能です。問題を解くためのポイントが各ユニットごとに示されているので、1ページずつ時間をかけて読み込むのがおすすめです。

おすすめレベル中級
著者Els Van Geyte
出版社Collins
価格(税込み)3,362円

リーディングスコアで6.0-7.5を目指したいならコレ!

リーディングスコアで6.0-7.5を目指したいなら、『Improve Your Skills: Reading for IELTS 6.0-7.5 Student’s Book with key & MPO Pack』がおすすめです。

リスニングの項目で紹介した『Improve Your Skills: Listening & Speaking for IELTS 6.0-7.5 Student’s Book with key & MPO Pack』の姉妹版となっているので、合わせて学習してみてもよいでしょう。リーディング力を強化できる教材として、英語圏でも評価されています。すべて英語で記載されていつことから、中級者以上向きの1冊です。

おすすめレベル中級~上級
著者Jane Short
出版社マクミラン・ランゲージハウス 
価格(税込み)2,724円

本番を想定した演習問題に取り組みたいならコレ!

パーフェクト攻略IELTSリーディング 新装版』には、本番5回分のパッセージが収録されています。

本番を想定したリーディング演習問題に取り組みたい人は必見の1冊といえるでしょう。本書では11の設問タイプをわかりやすく整理しています。問題の特徴を知ることは、スコアアップにも直結します。多様な問題形式・トピックを学べる厳選集に仕上がっています。

おすすめレベル中級~上級
著者トフルゼミナール
出版社テイエス企画
価格(税込み)2,640円

IELTSスピーキング対策用の参考書5選

ELTSのスピーキングは面接官と1対1の面談形式で行われます。スピーキング試験の時間は約14分程度で、自己紹介と3つのパートから成り立っています。パート1は日常会話です。仕事・趣味・ニュースなど比較的話しやすい内容といえるでしょう。パート2は具体的なトピックに関する会話です。タスクカードに書かれた内容に応じて話します。パート3はディスカッションです。トピックに関連した質問に回答するかたちで進みます。スピーキング対策では、話す力はもちろん、ネイティブスピーカーの質問のスピードに慣れておくことも大切です。

ここでは、スピーキング対策用の参考書を5つ紹介します。

スピーキングの基礎を身に付けたいならコレ!

スピーキングの基礎を身に付けたいなら、『Collins English for Ielts – Ielts Speaking』がおすすめです。

すべて英語で書かれたの参考書ですが、初心者でも取り組みやすいよう、Tipsでわかりやすく解説されています。日本人はスピーキングを苦手とする人が多いですが、本書にはスピーキングへのアプローチがかなり具体的に分析されています。この1冊を読み込むことで、スピーキングの土台を整えることができるでしょう。

おすすめレベル初級~中級
著者Karen Kovacs
出版社Collins Publishers
価格(税込み)2,335円

スピーキングの苦手意識を克服したいならコレ!

IELTSスピーキング完全対策』は、ケンブリッジ大学認定英語教授資格CELTA取得した著者による説得力のある参考書です。

スピーキングに苦手意識を感じる日本人向けの本格派スピーキング対策本となっています。マインドマップ・評価ポイントからの逆算・短文を言う練習から長文への段階的トレーニングなど、独特な学習法が満載。多角的にスピーキング力を強化できるような内容です。海外留学を希望していて、「絶対にIELTSで高スコアを獲得したい」という人向けの実践的な1冊です。

おすすめレベル初級~中級
著者嶋津幸樹
出版社ディーエイチシー 
価格(税込み)2,420円

評価されるスピーキングを知りたいならコレ!

【音声ダウンロード付き】パーフェクト攻略IELTSスピーキング 新装版』では、スコアアップに欠かせないポイントを詳しく解説しています。本書では必須のポイントとして、以下の4点を挙げています。

・流暢さと首尾一貫性を身につける
・語彙力をつける
・文法力と正確さを身につける
・正しい発音を身につける

スピーキングの3つパートごとに、いかに評価されるスピーキングができるのかが分析されています。短期間で話す力を鍛えたい人にぴったりの参考書です。問題量も豊富でスピーキングを徹底して学ぶことができるでしょう。

おすすめレベル初級~中級
著者トフルゼミナール
出版社テイエス企画
価格(税込み)2,860円

日本人向けの参考書で効率良く学習するならコレ!

短期期間に、効率よく、飛躍的なスコアアップを目指す人は『IELTS スピーキング・ライティング完全攻略』がおすすめです。

日本人受験者の弱点を分析し、合理的なメソッドでスピーキングスキルの向上を実現します。スコアアップ戦略は6つのステップで成り立っています。頻出分野や豊富な実践問題はもちろん、パラフレーズ力を強化することにより、日本人が苦手とする表現力アップも可能です。必勝攻略ポイントも具体的に紹介されているので、本番でもそのまま使いやすいワードを身につけることができます。

おすすめレベル初級~中級
著者小谷延良 上田敏子
出版社アスク 
価格(税込み)2,640円

高スコアへの近道を知りたいならコレ!

【音声ダウンロード付】実践IELTS技能別問題集スピーキング』では、主に国内で英語を学びIELTSで高得点を獲得している著者のリアルなメソッドが紹介されています。

日本語と英語の発音は構造も大きく異なるため、ネイティブスピーカーのような話し方を身につけることは決して簡単ではありません。本書では、完璧なスピーキングを目指すのではなく、いかに高スコアに近づけるのかを追求しています。IELTSで必要な瞬発力や乗り切る工夫を解説したユニークな1冊に仕上がっていて、楽しく学習することができるでしょう。日本人だからこそ取り入れやすく真似しやすいアイデア満載の問題集です。

おすすめレベル初級~中級
著者河野 太一
出版社旺文社 
価格(税込み)2,640円

IELTSライティング対策用の参考書5選

ライティングは、スピーキングと並んで苦手な人が多いとされる技能です。また、IELTS試験のライティングは日本人にとって難易度が高く、スコアが伸び悩む要因となっています。IELTSのライティングは、2つのトピックが出題されます。グラフ・図・イラストなどから客観的に分析するスキルが求められるため、ライティングに特化した表現を覚えることもポイントです。対策として、まずはIELTSライティングの特徴を知り、高スコアを獲得できるような解答案にたくさん触れることが有効でしょう。

ここでは、ライティング対策用の参考書を5つ紹介します。

ライティングのための単語や文法も学びたいならコレ!

IELTSライティング完全対策』では、ライティングのための単語や文法を徹底的に学ぶことができます。

IELTSライティングでは、スピーキングやリスニングとは異なった語彙力が求められます。本書では、タスク別に蝶頻出・精選問題をピックアップしているので、ライティングに特化したスキルを総合的に身につけることができるでしょう。また、採点官に伝わる書き方を知ることで、さらなる高スコアを狙えます。

おすすめレベル初級~中級
著者嶋津幸樹
出版社ディーエイチシー
価格(税込み)2,420円

基礎からじっくり学びたいならコレ!

Improve Your IELTS Writing Skills』は、112ページのなかに基礎から応用までぎっしりと内容が詰め込まれた1冊です。

とくにIELTSをはじめて受験する人は、イチから丁寧にポイントが解説されているのでおすすめ。試験直前に対策本として活用するのではなく、じっくり時間をかけてライティングの土台を整えるのに向いています。また、高得点を獲得できる回答だけでなく、減点される注意点も紹介されている点も魅力です。

おすすめレベル初級~中級
著者Sam McCarter
出版社Macmillan Education
価格(税込み)3,996円

世界中で人気の対策本ならコレ!

Writing for the IELTS (Barron’s Test Prep) : Lougheed Ph.D., Lin: Foreign Language Books』は本国イギリスだけでなく、カナダ・ブラジル・日本など、世界中で活用されているライティング対策本です。

2020年にアップデートされた最新版で、ライティングのトレンドを押さえながら確実にスキルを向上させることができるでしょう。高スコアのためのポイントも端的にまとめてあり、中級者向きの1冊となっています。

おすすめレベル中級
著者Lin Lougheed 
出版社Barrons Educational Series
価格(税込み)4,288円

IELTSのすべてを知りたいならコレ!

IELTS ライティング徹底攻略』は日本語で書かれたライティング対策のなかでも、とくに人気の1冊です。

著者の1人である小谷延良氏は、JSAF-IELTS認定アカデミック・スーパーバイザー(公認 トレーナー)でもあり、日本国内のIELTS指導者として大学など多くの機関で活躍する人物です。また、4か国で60回以上のIELTS受験の経験を有していることからMr. IELTSの異名を持つことでも知られています。その小谷氏がライティングのスコアアップを背景知識と共に解説する本書は、ライティングで7.0以上を目指す人にこそ、ぜひおすすめしたい内容に仕上がっています。

おすすめレベル中級~上級
著者小谷延良 上田敏子 植田一三
出版社語研
価格(税込み)2,640円

6.5以上のスコアを獲得したいならコレ!

6.5以上のスコアを獲得したいなら、『IELTS Advantage Writing Skills: A step-by-step guide to a high IELTS writing score』がおすすめです。

ライティングの基礎はある程度できていて、留学や就職に向けて、さらなるスコアアップを目指したい人に向いているガイド本となっています。基本的にライティングでは専門的な、ある種の堅苦しい言い回しが好まれますが、本書では比較的カジュアルな内容も採用されています。アカデミックな表現を学びつつも、肩に力を入れすぎず応用的なライティングを学べる点も評価されています。

おすすめレベル中級~上級
著者Richard Brown
出版社Delta Publishing by Klett
価格(税込み)3,721円

IELTSの英文法対策にぴったりの文法参考書3選

IELTSの試験では、文法の知識を問う問題は出題されません。しかし、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能の基礎知識として英文法の理解は必要不可欠となります。

本章では、IELTSの英文法対策にぴったりの文法参考書を3冊紹介します。

実践的に学習したいならコレ!

Cambridge Grammar for IELTS. Students Book with Audio-CD』は、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能の問題に絡めながら文法を学習していくことができます。

IELTSの公式問題集に沿った内容となっており、実践的な訓練にも最適です。25の章立てで、1つひとつの文法を理解しながら学習を進めていくことが可能です。記載言語は英語とドイツ語となっています。

おすすめレベル中級~上級
著者
出版社Klett Sprachen GmbH
価格(税込み)4,725円

文法対策本のロングセラーならコレ!

English Grammar in Use 5th edition Book with answers and interactive ebook』は、ケンブリッジ大学出版局が作成する文法対策本の第5版です。

1985年に初版が発売されたロングセラー本で、いまでも世界中で読まれている文法対策の完全版といえるでしょう。第5版ではebookへのアクセスが可能となり、スマホを使ってスキマ時間にも活用しやすくなりました。IELTSの学習用としてだけでなく、ビジネスの場でのマナーや教養としても役立つ内容となっています。

おすすめレベル中級~上級
著者Raymond Murphy
出版社Cambridge University Press
価格(税込み)3,775円

よくある間違いを知りたいならコレ!

Common Mistakes at IELTS Advanced Paperback with IELTS Academic Testbank: And How to Avoid Them』では、アカデミック・モジュールのよくある間違いがまとめられています。

IELTSにはアカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2つがあります。ジェネラル・トレーニング・モジュールが英語圏での就職や移住を希望する人向けなのに対して、アカデミック・モジュールは大学等への進学を目的に受験する人がほとんです。本書は公式による出版で、実際に1万を超える事例を分析しています。減点のポイントを知ることで、効率良く学習することができるでしょう。

おすすめレベル中級~上級
著者Julie Moore
出版社Cambridge English
価格(税込み)4,659円

ボキャブラリーアップ用の単語参考書3選

ネイティブスピーカーは、10,000語以上を理解しているとされています。対して、英語学習者は約2,000語知っていれば簡単な日常会話は可能です。IELTSでは両者の間である約3,000~5,000語程度を身につけておくとよいでしょう。

本章では、語彙力アップにぴったりの単語参考書を3冊紹介します。

イギリス英語のスペリングと発音を学びたいならコレ!

実践IELTS英単語3500(音声DL付)』はイギリス英語のスペリング・発音で学べる英単語集です。

収録されている単語数は3500語でIELTSに特化した内容となっています。まずは基本の1000単語をしっかりと身につけ、レベルに分類された2500単語を順番に学んでいきましょう。レベルは1から5まで分類されており、目標のスコアに応じて学習しやすい構成です。類義語・反義語・アメリカ英語との比較も載っているので、ボキャブラリーを総合的に伸ばすことができるでしょう。

おすすめレベル初級~中級
著者内宮慶一 吉塚弘
出版社旺文社
価格(税込み)2,750円

文脈で覚えたいならコレ!

単語を効率的に覚えるには前後の言葉と関連付けて記憶するのがおすすめです。『文脈で覚える IELTS英単語』では、出題問題をデータベース化し徹底分析した厳選単語、全4600語が収録されています。

初心者向けの約1400語とライティング・スピーキングで高得点を狙える類語3200語に分かれており、レベルに応じた学習が可能です。ボキャブラリーを強化するための参考書ですが、文脈で覚えるため、リーディングも同時に高めることができるでしょう。

おすすめレベル初級~中級
著者アゴスジャパン
出版社ディーエイチシー
価格(税込み)2,090円

英熟語もセットで覚えたいならコレ!

IELTS必須英単語4400』は英単語に加えて英熟語も収録されています。

とくに必ず出題される同意語とIELTSならではポイントは必見です。単語・熟語ともにテストを想定した頻出フレーズとセットで覚えられるようになっています。赤セルシートがついているので、繰り返し学習にも最適。無料ダウンロードの音源も合わせて活用してみましょう。

おすすめレベル初級~中級
著者林功 
出版社ベレ出版
価格(税込み)2,970円

実践的な練習をしたいときにおすすめの問題集3選

IELTS学習の総仕上げとして実践的な練習を行い、試験の構成に慣れておくことも大切です。本番と同じ時間を設定し取り組んでみてもよいでしょう。

本章では、実践的な練習をしたいときにおすすめの問題集を3冊紹介します。

問題量をこなしたいならコレ!

144ページの充実した演習集である『IELTS 16 Academic Student’s Book with Answers with Audio with Resource Bank』は、問題量をこなしたい人におすすめの1冊です。

2021年8月出版で、本番さながらの内容が世界中で評価されています。ハイスコアを獲得するための解答テクニックも紹介されているので、テスト直前に取り組むことで、さらなるスコアアップが目指せるでしょう。

おすすめレベル初級~上級
著者
出版社Cambridge English
価格(税込み)5,720円

公認問題集で対策したいならコレ!

【音声ダウンロード付】IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集』は公式情報・攻略法・模擬試験など豊富な内容で構成されています。

日本ではじめてのブリティッシュ・カウンシル公認の問題集となっているので、4技能の完全対策としてもおすすめです。模擬試験には切り離して使える解答用紙も付属しており、本番と同じ形式で取り組めるでしょう。また、模擬試験の結果から自分のレベルを確認できる換算表もついています。目標スコアの取得を全力で後押ししてくれる1冊に仕上がっています。

おすすめレベル初級~上級
著者
出版社旺文社
価格(税込み)2,860円

実績豊富な参考書で学びたいならコレ!

IELTS Practice Exams with MP3 CD 』は、発売から人気のシリーズとなっており、世界中でIELTS対策として用いられています。

著者のLin Lougheedは、IELTS・TOEIC・TOEFLに関する参考書を多数出版しています。464ページと、かなり盛りだくさんな内容となっているので、試験まで余裕をもって取り組むようにするとよいでしょう。

おすすめレベル中級~上級
著者Lin Lougheed
出版社Barrons Educational Series
価格(税込み)5,930円

まとめ

IELTSはリスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能でスコアが決定します。自分のレベルや受験目的に合わせて、対策しやすい参考書を選びましょう。

レアジョブ英会話では、4技能に沿った教材・レッスン内容を提供しています。講師に授業内容のリクエストも可能なので、上手く活用すればIELTS対策にも役立ちます。とくに日本人が苦手意識を感じやすいスピーキングやライティングは、マンツーマンレッスンがおすすめです。まずは、自分のレベルを確認し目標スコアを決定したうえで学習をはじめましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する