「しつこいメール」に困ってる?「しつこい」を英語で言ってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「しつこいメール」「しつこい風邪」など、日本語でよく「しつこい」と言うことがあります。「なかなかやめてくれない」「いつまでも続く」などさまざまな意味が含まれているように思えますが、英語ではどのように表現すればいいのでしょうか。日本語の「しつこい」を英語でうまく表現する方法を見ていきましょう。

人や行為に使える「しつこい」の英語

「あの人しつこいよね」というように、人やその行為に対して「しつこい」と言うことがあります。「本当に粘る」とあきれていることもあれば、「嫌だ、困っている」と思っていることもあるでしょう。人や行為に対して「しつこい」という英語表現をご紹介します。

「いつまでも続く」に使えるpersistent

Suzy is persistent to do anything.(スージーは何をするにもしつこいんです)

persistentは「いつまでも続く、なかなかおさまらない」ということで、「しつこい、がんこな」という意味を表す一方で、「粘り強い、根気がある」とほめるときにも使えます。

「押し付ける」を表すinsistent

They make insistent demand for that.(彼らはそれについてしつこく要求しています)

insist(主張する)の形容詞の形で、「強要する」「しつこく主張する」など、人に何かを押し付けようとしている感じを表します。

「迷惑な」感じが出るannoying

I don’t know how to handle these annoying e-mails.(このしつこいメールをどうすればいいかわからないんです)

annoyingは「迷惑な、うっとうしい」ということで、これだけでもしつこくメールが来る感じを表せますが、persistent(いつまでも続く)と組み合わせて、persistent annoying e-mails(いつまでも続く迷惑メール)と表現することもできます。

「厄介な」感じが出るpesky

The dog is pesky, never stops barking.(あのイヌしつこくて、ほえるのやめないんです)

peskyはしょっちゅう困ったことをする「厄介な」人や動物、虫などに使うことができ、pesky mosquito(しつこい蚊)、pesky fly(しつこいハエ)のような言い方もあります。

A: What do we do with their insistent demand?(彼らのしつこい要求をどうしましょうか?)
B: Who’s in charge of it?(誰が担当なんですか?)
A: Mr. Southerland.(サザーランドさんです)
B: Then there’s nothing we can do. He’s so persistent.(それならどうしようもないですね。あの人はしつこいんです)

体調や汚れなどに使える「しつこい」の英語

日本語の「しつこい」は人や行為に使える一方で、風邪、せき、汚れ、味などさまざまなものが「がんこな」「くどい」「ずっと続く」と表現するときにも使います。そういった場合、英語ではどんな表現が当てはまるかをご紹介しましょう。

「よくならない」のwon’t go away

The cold won’t go away.(しつこい風邪が治りません)

「cold(風邪)がgo away(去る)ことがない」と表現することで、「しつこい」「なかなかよくならない」という意味を表します。The pain won’t go away.(痛みがしつこい)のように言うこともできます。

また、最初にご紹介したpersistent(いつまでも続く)を使って、persistent cold(しつこい風邪)、persistent cough(しつこいせき)のようにも言います。

「がんこな」のstubborn

How can we remove this stubborn stain?(このしつこいシミを落とすにはどうすればいいんでしょうか?)

stubbornは「がんこな、なかなか変わることがない」という意味で、人に対しても使われます。removeは「取り除く」、stainは「シミ」で、remove stainで「シミを落とす」となります。

「くどい」のtoo heavy

Do you think the sauce is too heavy?(ソースの味がしつこいと思いませんか?)

heavyを「味」に使うと、「重い、くどい、胃にもたれるような」といった意味になります。「脂っこい」のgreasyを使って、greasy sauce(しつこいソース)のようにも言います。

「絶え間なく続く」のcontinuous

When will this continuous rain stop?(このしつこい雨はいつやむんでしょう?)

continuousは「絶え間なく続く」で、continuous rainは「雨がやまずにずっと降り続いている」様子を表します。台風が立て続けにやってくるときにcontinuous typhoons(しつこい台風)と言うこともできます。

A: The cold won’t go away. And I have a persistent cough.(しつこい風邪が治りません。せきもしつこいんです)
B: No wonder. The weather has been terrible lately.(無理もありません。最近ひどい天気ですからね)
A: If only the continuous rain would stop.(このしつこい雨がやんでくれさえすれば)

「しつこい」を表す表現の中で最も使いやすいのはpersistentです。ぜひ、レアジョブのオンライン英会話レッスンの中で使ってみましょう。I have a persistent cold.(しつこい風邪をひいています)、The rain is persistent.(雨がしつこいですね)のように、近況を伝えることができます。

一方でpersistentにはいい意味もあるので、I’m trying to be persistent with learning.(粘り強く勉強しようとしています)、Persistent study is important.(根気強い学習が大切ですね)といったように言うこともできます。先生と会話しながら、「しつこい」を表す英語表現の感覚をつかんでください。

まとめ

persistentは「粘り強い」、insistentは「主張が強い」と肯定的に使えることもありますが、annoying(迷惑な)やpesky(厄介な)には非難する調子が含まれるので、人に対して使うときには注意が必要です。単に「しつこい」という訳語だけで覚えるのではなく、それぞれの単語が持つニュアンスと、どのような場面で使われるかを、一緒に確認しておくようにしてください。

せっかく覚えたその英語、使ってみませんか

知らなかった英単語やフレーズに触れると、「こういうときはこう言えばいいのか」という新たな知識を得た高揚感と「実際に使ってみたい」という好奇心が同時に高まりますよね。

英語を話せるようになりたいのなら、そのまましまっておくのはもったいない。せっかくなら英語を「学ぶ」だけではなく、「使う」ことも始めてみましょう。

英語を「使って」外国人と話せるようになりたいという方は、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみてください。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する