「風呂上がりのビールが一番!」の「一番」を英語で言ってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で「一番」と言えば、まずはbestやmostが思い浮かぶかもしれませんが、ほかにも当てはまる表現がいろいろあります。firstももちろん「一番」ですが、実は反対語のlastも「一番」と言うのに使えます。意外にバリエーションがある「一番」の表現を覚えて、「一番好き」「一番おいしい」など、英語でサラッと言えるようになりましょう。

1語でカンタンに言える「一番」の英語

best、most、first、topなど、1語で「一番」と表現できる単語がいろいろあります。それぞれの意味合いと、英語フレーズの中での使い方を見ていきましょう。

「一番」に使える基本単語

best(最高の)

good(よい)とwell(よく)の最上級。シンプルに「一番いい」「最高の」と表現できます。

This is the best ice cream I’ve ever had!(今まで食べたアイスの中で一番おいしい!)

most(最も)

most beautiful(一番美しい)のように形容詞を最上級にする使い方はご存じかと思いますが、「一番~する」と副詞にすることもできます。

You weren’t there when we needed you (the) most.(あなたは一番必要なときにいなかったんです)
*会話ではtheは省略可。

「順番」で考える

first(最初)

「順番が最初」ということで、日本語の「一番」とほぼ同じように使えます。

Please let me know first when you get promoted.(昇進したら、私に一番に知らせてください)

last(一番~ない)

lastは基本的には「最後」ですが、「一番したくない」「一番ほしくない」といった意味で使うことができます。

He is the last person I want to see now.(彼は今一番会いたくない人です)

「上下」で考える

top(一番上)

topは「てっぺんの」ということで、日本語の「一番上」に相当します。

The icon is on the top of the screen.(そのアイコンは画面の一番上にあります)

bottom(一番下)

bottomは「底」ですが、上下で考えると「一番下」ということになります。

Please sign at the bottom of the page.(ページの一番下にサインしてください)

比較級・最上級で表現する「一番」の英語

「何よりも~な」や「最も~でない」など、英語では比較級や最上級を使って「一番」を表現することがよくあります。「とても」「すごく」と強調したい気持ちを、この比較級・最上級に込めることができるのです。会話でよく使われる例を見ていきましょう。

比較級で言う「一番」

more than anything(何よりも)

「何よりももっと」で、つまり「一番」となります。

I love rice with natto for my breakfast more than anything.(朝ごはんには納豆がけごはんが一番好き)

nothing is better than ~(~が最高)

「~よりよいものはない」で、「~最高、一番」という意味になります。

Nothing is better than beer after taking a bath.(風呂上がりのビールが一番だ)

最上級で言う「一番」

least favorite

favoriteは「特に好きな、お気に入りの」で、これにleast(最も少ない)をつけると、「一番嫌な」となります。

Math was my least favorite at school.(学校では数学が一番嫌いでした)

very best(一番最高の)

bestだけでももちろん「一番」という意味になるのですが、veryをつけて強調することで、「一番最高の」といった感じが出せます。

It was the very best thing that happened in my life.(生涯起こった中で一番最高の出来事でした)

新しく覚えた表現は、実際に会話の中で使ってみると効果的に身につきます。ここでご紹介した表現を、オンライン英会話「レアジョブ」のレッスンで応用してみましょう。

That was the best ramen I’ve ever had!(今まで食べたラーメンの中で一番おいしかった!)

That’s the last thing I want to do now.(今一番やりたくないことです)

といった言い方で、自分の近況報告をすることができます。

慣れてきたら、先生との会話の中で

I enjoy watching baseball games more than anything.(野球の試合を見るのが一番好きです)

Nothing is better than fresh air in the mountains.(山の新鮮な空気が一番です)

など比較級・最上級にもチャレンジして、表現の幅を広げるようにしてください。

まとめ

「英語」と「一番」を関連付けるのも、表現を効果的に覚える方法の一つ。

My boss’s English is best in our office.(私の上司は会社で一番英語がうまい)

What I want to improve most is listening.(一番上達させたいのはリスニングです)

I want to have TOEIC 600 or higher more than anything.(一番に、TOEICで600点以上ほしい)

など、自分の状況と重ね合わせて言ってみましょう。best、most、more than anythingなどを使った表現が、いつしか口から自然に出てくるようになりますよ。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する