英会話で質問できるともっと会話が楽しくなる!質問力の磨き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法は理解しているけれど、いざ外国人と話そうとしても何を話せばいいかわからないという方は多いのではないでしょうか。日本語の日常会話と同じように話せばいいのですが、英会話に慣れていないとパッとフレーズが出てこないことは珍しくありません。

そこで今回は、英会話で取り入れたい質問を内容ごとにまとめて紹介します。英会話が続かないときの対処法も紹介するので、「いつも話が途切れてしまう」という人も参考にしてみてくださいね!

「質問」と「回答」でコミュニケーションが成り立つ!

どんな言語でも、会話を成り立たせるためには「質問」と「回答」のコミュニケーションが必要です。母国語である日本語では自然にそれができているはずなのですが、慣れていない英語だと緊張してしまって思うように話せないという人もいるでしょう。

回答は相手の質問に対して考えながら答えなければなりませんが、自分から質問するのはフレーズを覚えておけば比較的簡単です。どんな質問をするかによって会話の内容も自分でコントロールできるので、「まだ英会話が不安」という人こそ、「質問」をマスターしておけばスムーズに会話ができるようになりますよ!会話が続けば英語で話すことを楽しく感じられるようになりますし、そのぶん英語力もアップします。

いますぐ使ってみたい質問集

英会話をするときに今すぐにでも使ってみたい定番の質問を内容別にまとめました。質問を覚えるだけでなく、自分が聞き返されたときの答えも考えておくと会話がスムーズに行きます。

初対面や挨拶をするときの質問

まずは初対面のときや、挨拶をするときに使える質問です。

最初の挨拶

初対面でも知っている人でも、「こんにちは」の後に相手の調子を聞いてみましょう。

How are you? (調子はどうですか?)

How have you been?(調子はどうですか?)

How are you doing?(調子はどうですか?)

How’s it going?(調子はどうですか)

What’s up?(元気ですか)

How are you?はどんな相手にも使えますが、How have you been?やHow are you doing?、How’s it going?は以前会ったことがある相手にしか使えません。What’s upはかなりカジュアルなので、友人や同僚など親しい間柄に使います。

相手の名前を聞く

あなたが名乗れば相手も自然と教えてくれることが多いですが、もし教えてもらえなかった場合は名前を聞いてみましょう。

May I have your name, please?(お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか)

What’s your name?(お名前はなんですか)

What should I call you?(なんとお呼びしたらいいですか)

ビジネスシーンや目上の人に対しては丁寧な表現であるMay I have your name, please?を使います。pleaseは抜いても構いません。

相手をどう呼ぶか迷ったときはフォーマルでもカジュアルでも使えるWhat should I call you?を使いましょう。

生活について聞きたいときの質問

相手の生活についての会話は、初対面やまだ親しくない間柄でよく交わされます。相手について質問して、そこから話題を広げていきましょう。

出身や住まいについて聞くとき

出身や今住んでいる場所についての質問は、そこから話題を広げやすいです。

Where are you born?(どちらの出身ですか)

Where are you from?(どこから来ましたか?)

Where do you live now?(どちらにお住まいですか)

ちょっと言葉が変わるだけで質問の内容が変わります。相手が答えた地名についてさらに質問できるように準備しておきましょう。

滞在について聞くとき

相手が日本に旅行や出張で来ているのなら、相手の滞在についても質問してみましょう。

Is this your first time in Japan?(日本に来るのは初めてですか?)

Where are you staying?(どこに滞在しているのですか?)

初めてではないなら何度来たことがあるのか、前回楽しかった場所はどこかなどを質問できます。また初めてなら、滞在先周辺のおすすめスポットを紹介するのもいいですね!

仕事について聞くとき

仕事についての質問は、仕事の内容から現状、オフィスがどこにあるかまで質問がしやすいです。

What are you doing for a living?(仕事は何をされているのですか?)

How is work?(お仕事の調子はどうですか?)

Where is your office?(オフィスはどこにありますか?)

What are you doing for a living?は直訳で「生活のために何をしていますか?」となり、仕事について聞いている質問になります。

趣味や好きなものについて聞きたいときの質問

相手の趣味や好きなものについて聞くと、そこから共通点が見つかって会話が盛り上がりやすいです。

趣味やハマっているものが何か聞くとき

What do you like to do in your free time?(時間がある時には何をするのが好きですか?)

What are you into?(何にハマっていますか?)

What do you usually do after work?(仕事の後はだいたい何をしていますか?)

趣味というとhobbyという単語が思い浮かぶ人が多いでしょう。しかし、上記のように他に使える表現があります。

好きなものについて聞くとき

好きなものに関する質問は日本語での会話でも鉄板ですよね。相手の好みを探れば、そこから話題が広がります。

What is your favorite food?(好きな食べ物はなんですか?)

What kind of food do you like?(好きな食べ物はなんですか?)

What kind of movies do you like?(どんなジャンルの映画が好きですか?)

Who is your favorite artist?(好きなアーティストは誰ですか?)

What are you interested in?(どんなことに興味がありますか?)

好きなものに関する質問をするときは、その質問に対する自分の答えも必ず用意しておきましょう。思わぬ共通点が見つかるかもしれませんよ!

相手の都合について聞きたいときの質問

相手の都合を聞く場面って意外と多いですよね。仲良くなって食事に出かけたり、遊びに行ったりするチャンスがあるかもしれないので、必ず覚えておきましょう。

相手の予定を聞く

まずは少し先の相手の予定を聞くフレーズを紹介します。

Are you free this Saturday?(土曜日は何をしていますか?)

Do you have any plans for tonight?(今夜は何をする予定ですか?)

What are you doing tomorrow?(明日は何をしますか?)

When will you finish work today?(今日は何時に仕事が終わる予定ですか?)

What’s your plan for summer vacation?(夏休みの予定はなんですか?)

How about going shopping this Sunday?(日曜日は買い物に行きませんか?)

相手の都合を聞くのは同じような意味でもさまざまな表現があります。色々なフレーズを使いこなせるようになっておきたいですね!

今の都合を聞く

直近の都合を聞きたいときは、以下の表現で相手の都合を確認できます。

Do you have time now?(今お時間よろしいですか)

Are you busy right now?(今お忙しいですか?)

今の都合を聞きたいときは、必ずnowをつけて聞くようにしましょう。

相手の意見を聞きたいときの質問

あることに関する相手の意見を聞きたいときに使える質問をまとめました。

相手に考えを聞くときの質問

特定のことに対して相手がどう思っているのかを聞く表現です。より深い会話をしたいときにも使えます。

What do you think about Japan?(日本についてどう思いますか?)

Do you have any ideas?(何かアイデアはありますか?)

Let me hear your opinion.(あなたの意見を聞かせてください。)

Do you have any suggestions?(何か提案はありますか?)

これらの表現は日常会話はもちろんビジネスシーンでも使える表現なので、覚えておくと便利です!

相手の希望を聞く

相手の希望を聞く表現を覚えておけば、一緒に何かをするときに相手の意見を聞けます。

What do you want to do?(何がしたいですか?)

Where do you want to go?(どこに行きたいですか?)

Which do you like better, beer or wine?(ビールとワインどちらが好きですか?)

一緒に出かけるときや食事に行くときなどは、このようなフレーズを使って相手の希望を尋ねてみましょう。

相手の感想を聞く

過去のことに対して相手の感想を聞きたいときに使えるフレーズを紹介します。

How was it?(どうでしたか?)

How was the food?(食事はいかがでしたか?)

How was your holiday?(お休みはいかがでしたか?)

How wasの後に続ける内容を変えることで、さまざまな感想を聞く質問が作れます。

英会話が続かない時の対処法

英語になると相手との会話が続かなくて困ってしまうという人も多いでしょう。もし会話が止まってしまうなら、これから紹介する対処法を意識してみてください。

会話に詰まったら5W1Hを使う

会話が止まってしまったとき、5W1H(who,what,where,when,why,how)を使った質問を考えると、会話の内容を広げられます。

例えば相手が「私は旅行が好きです」と言った場合は

Where do you recommend to travel?(どこに旅行するのがおすすめですか?)

Who do you go traveling with?(誰と旅行に行くんですか?)

When is the last time you go on a trip?(最後に旅行したのはいつですか?)

などの質問ができますよね。

会話に出ている話題から、5W1Hを使った質問を考えてみましょう。

相手の話をしっかり聞く

日本語でも英語でも、相手の話をしっかり聞いていなければ会話のキャッチボールができません。相手もあなたがしっかり聞いてくれていると感じれば、もっと話したいことが出てきて会話を続けてくれるでしょう。あなたもしっかり聞いていれば、相手の言葉のなかからもっと聞いてみたいことが見つかるはずです。

肩の力を抜いてフランクに話してみる

「英語を話すぞ」と肩の力が入り過ぎていると、そちらに気を取られてしまって会話自体を楽しめません。普段使わない言葉なので緊張してしまうかもしれませんが、「間違ってもいい」という楽な気持ちで、フランクに会話を楽しみましょう。英語を話すということを意識し過ぎず、「ただ相手のことを知りたい」という気持ちで会話をすることが大切です。

相づちを心がける

相手が一方的に話しているときでも、相づちは入れるように心がけましょう。全く無反応だと相手も「本当に聞いてくれているのかな?」と感じて会話が止まってしまいます。英語にもさまざまな相づちがありますので、質問に使えるフレーズと併せて覚えておきたいですね!

まとめ

英語で会話するとなると、緊張して思うように言葉が出てこないかもしれませんが、使う言語は違っても話す内容は日本語での会話と一緒です。今回紹介した質問フレーズをマスターして、リラックスした状態で英会話を楽しみましょう!自分の答えもテンプレートで用意しておけば、聞き返されても質問に困りませんよ。

まずは英会話を実際に話して練習したいという人は、オンライン英会話のレアジョブがおすすめ!レアジョブなら実践的な英会話がいつでもどこでも楽しめます。英会話以外の英語学習もできるので、総合的な英語力をつけたい人にぴったりですよ!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する