【日常会話】これで困らない!初心者必見の英会話フレーズまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常会話の幅を広げるためには、ネイティブがよく使うフレーズを覚えておくことが大切です。シーンやシチュエーションに合わせてフレーズをそのまま覚えておけば、いざという時でも表現がパッと出てきやすくなります。

そこで今回は英会話初心者がまず覚えておきたい日常会話のフレーズをまとめてみました。意味だけでなくどのシチュエーションで使われる表現なのかも一緒に覚えて、英会話がスムーズにできるようになりましょう!

挨拶をするときに便利な英会話フレーズ

では、まずは挨拶をするときの便利なフレーズから紹介します。日本語と同じように英語でも挨拶はコミュニケーションに欠かせません。基本のフレーズを紹介するので、声に出しながらマスターしてください。

「調子はどう?」と聞くフレーズ

挨拶の一言目はHelloやHi、Good morningやGood eveningなどが定番ですが、その後に「調子はどう?」というフレーズを続けるのが一般的です。

How are you?(調子はどう?)

「調子はどう?」と聞くときの定番フレーズです。どんな人に対しても使えます。

What’s up?(調子はどう? / 最近どう?)

こちらはHow are you?をカジュアルにした表現です。ビジネスシーンや目上の人には使いませんが、友達や同僚の間で使ってみてください。

How have you been?(元気でしたか? / 最近どうしていましたか?)

こちら以前の状況を知っていることが前提となる表現なので、初対面の人には使わない表現です。How’s it going?やHow are you doing?も同じように使えるので覚えて表現の幅を広げましょう。

How are you?への返答に使えるフレーズ

How are you?と聞かれたときの返事は簡単な一言で返して構いません。もちろん余裕があれば、近況について詳しく話してもOKです。

I’m good.(元気です。)

一番使える表現ですが、以下のフレーズでも代用できます。
I’m fine.
I’m great.
I’m pretty good.

元気なときはもちろん、本当は元気がないけれど深く突っ込まれたくないときにも使えます。

Not so bad. (悪くはありません。)

まぁまぁな状態のときに使える表現ですが、こう返事をすることで理由を聞かれてしまう可能性があります。

I’m not feeling well.(調子が悪いです。)

体調が悪いときや気持ちが落ち込んでいるときなどに使える表現です。

初対面の人に使える挨拶フレーズ

初対面の人に使える挨拶のフレーズを紹介します。

A pleasure to meet you(お会いできて光栄です。)

名前を紹介しあった後に付け加えると丁寧な表現です。Nice to meet youでも代用できます。

別れ際に使える挨拶フレーズ

別れ際も定番のフレーズがあるので覚えておきましょう。

It was nice meeting you.(お会いできてよかったです。)

初対面の人との別れ際に使います。相手からこのフレーズを言われたら、It was nice to meet you, too.もしくはYou too. と返しましょう。フォーマルからカジュアルまでシーンを問わず使えます。

It was good to see you.(お会いできてよかったです。)

こちらはすでに知り合いや友達の相手に使う別れ際のフレーズです。相手から言われた場合はYou too. で返します。

Have a good day!(いい一日を!)

別れ際の定番フレーズです。「いい週末を!」はHave a good weekend!です。午後の遅い時間なら「残りもいい一日を!」という意味になるHave a good rest of the day!を使いましょう。

自己紹介をするときに便利な英会話フレーズ

自己紹介をするときに覚えておくと便利なフレーズを紹介します。相手の印象に残せるような自己紹介を目指しましょう。

名前を伝える

名前を伝えるのは自己紹介の基本ですよね!まずは自分の名前を伝えて、相手に認識してもらいましょう。

My name is ◯◯.(私の名前は◯◯です。)

初対面の場合は必ず名前を名乗りましょう。My name is◯◯と続けるのが丁寧ですが、I’m ◯◯としてもOKです。

Please call me △△.(△△と呼んでください。)

日本人の名前は発音しづらいことがあるので、呼びやすい名前を伝えると親切です。呼んでもらいたいニックネームがあれば、それを教えて呼んでもらいましょう。

May I have your name, please?(お名前をお伺いしてもよろしいですか?)

自分から名乗れば相手も名前を教えてくれることがほとんどですが、もし名乗ってもらえなかった場合はこの表現で聞いてみてください。

出身を伝えるフレーズ

出身地を伝えることでそこから会話が広がります。育った街や現在住んでいる街についても伝える方法も紹介します。

I’m from ◯◯.(◯◯出身です。)

一番シンプルな表現です。相手が外国人で地域の名前を伝えるときは、Tokyo, Japan. のように国名も伝えましょう。

I was born in ◯◯ but I grew up in △△.(私は◯◯で生まれましたが、△△で育ちました。)

生まれてすぐ他の街に引っ越した場合などに使えるフレーズです。

I’m from ◯◯ but I live in △△ now.(私は◯◯出身ですが、現在は△△に住んでいます。)

今住んでいる場所についても触れると、相手もあなたのことがより理解しやすくなります。

職業について伝えるフレーズ

I’m ◯◯. (私は◯◯です。)

I’m a student(私は学生です)や、I’m sales(私は営業です)、I’m a doctor(私は医者です)のように職種や職業名を伝えられるフレーズです。自分の職業を英語でどのように言うか調べておくといいですね。

I work at ◯◯.(私は◯◯で働いています。)

I work at a shopping mall. (私はショッピングモールで働いています)のように、働いている場所を伝えるフレーズです。

趣味について話すときに便利な英会話フレーズ

自分の趣味や相手の趣味について話すときに使えるフレーズを紹介します。趣味をhobbyと覚えている人もいるかもしれませんが、趣味を話すときに使える表現が他にもあります。

相手の趣味を聞くフレーズ

まずは相手の趣味について聞くときに使える英会話フレーズを紹介します。

What do you like to do in your free time?(時間があるときは何をして過ごすのが好きですか?)

相手の趣味を聞くときの定番フレーズです。

What do you do on the weekends?(週末は何をして過ごしていますか?)

週末に楽しんでいる趣味について聞くときに使えるフレーズです。

What made you start 〇〇?(◯◯を始めたきっかけはなんですか?)

相手にスキルや知識が必要になるような趣味があった場合は、このフレーズを使うことでより話を広げられます。

How long have you been 〇〇?(いつから◯◯をしているのですか?)

相手がいつ頃からその趣味を始めたのかを聞くフレーズです。

自分の趣味を伝えるフレーズ

自分の趣味について話したいときに使える簡単なフレーズを紹介します。自分の趣味を英語でどのように言うのかも調べておきましょう。

I like ◯◯.(私は◯◯するのが好きです。)

例えば「私は映画を見るのが好きです」ならI like watching movies.となります。likeの代わりにenjoyを使ってもOKです。

I’m into ◯◯. (私は◯◯にハマっています。)

特にハマっているものがある場合は、I’m into cooking. (料理にハマっています)のように表現します。

I’m crazy about ◯◯. (私は◯◯に夢中です。)

熱中しているもの、好きでたまらないものについて伝えるなら、crazy about(〜に夢中になる)という表現を使いましょう。好きなアーティストやキャラクターなどがいる場合は、◯◯に固有名詞を入れればOKです。

I’m so busy with my work recently and could hardly find the time.(仕事が忙しくて、趣味の時間がないんです。)

特に趣味がないという人は、この表現を使えば「無趣味」という言葉を使わずに相手に伝えられます。

海外で買い物をするときに便利な英会話フレーズ

海外でショッピングするときは、定番フレーズを覚えていれば簡単に買い物ができますよ!

商品を探しているときに使えるフレーズ

ショッピング中に店員に質問するときや、話しかけられたときに使えるフレーズを紹介します。

I’m looking for ◯◯. (◯◯を探しています。)

◯◯に探している商品名を入れれば、店員が商品の有無や、どこにあるかを調べてくれます。

Just looking. (見ているだけです。)

ショッピング中はMay I help you?と店員が話しかけて来ますが、ウィンドウショッピング中ならこう答えましょう。

Do you have this in size ◯?(この服のサイズ◯はありますか?)

同じ服のデザインで違うサイズの服が欲しいときは、◯に探しているサイズを入れて聞きます。

Do you have a smaller / bigger one?(小さいサイズはありますか? / 大きいサイズはありますか?)

今手にしている商品よりも少し小さいサイズや大きいサイズが欲しいときは、この表現で伝えられます。

How much is this?(これはいくらですか?)

値段を聞きたいときはシンプルにこの表現でOKです。

試着のときに使えるフレーズ

海外の服は日本とサイズ表記が違うので、必ず試着するのがおすすめです。このフレーズで試着をスムーズにおこないましょう。

Can I try this on?(試着できますか?)

海外のお店では防犯のために試着室にスタッフが必ずいることが多いです。スタッフに確認してから試着をしましょう。

It didn’t fit me. (私には合いませんでした。)

試着したけれど気に入らなかった・サイズが合わなかったというときに使える表現です。

会計のときに使えるフレーズ

気に入った商品を見つけたら、レジでお会計をしてショッピングを終えましょう。知っておくと便利なフレーズを紹介します。

Do you accept credit cards?(クレジットカードは使えますか?)

海外のお店ではクレジットカードが使えるケースがほとんどですが、支払いの際にはこのフレーズで確認しておくと安心です。

Can I have 3 more bags, please?(あと3つ袋をもらえますか?)

お土産などで小分けの袋が欲しい場合はこのように伝えましょう。日本のように気を利かせてくれることは少ないので、自分で伝えることが大切です。

外国の人に道を尋ねられたときに便利な英会話フレーズ

外国の人に道を尋ねられたら、スムーズに教えてあげたいですよね。そんな時に使えるフレーズを紹介します。

道がわかるときに使えるフレーズ

道を聞かれてわかる場合は、これらのフレーズで案内してあげましょう。

Do you have a map?(地図を持っていますか?)

今はスマホアプリを持っている人がほとんどです。地図があると伝えやすいので、持っているかを聞きましょう。

Go straight down this street. (この通りをまっすぐ進みます。)

最低でもGo straight を覚えておけば、ジェスチャー付きでなんとか伝えられます。

Turn right / left at the second corner. (二つ目の角を右 / 左に曲がります。)

at の後に曲がる目印を入れれば、どこで曲がればいいかを簡単に伝えられます。目立つビルなどわかりやすい目印を教えてあげましょう。

It’s just there. (すぐそこです。)

見えている場所に目的地があるなら、このフレーズとジェスチャーで簡単に伝えられます。

it’s just around the corner. (あの角を曲がるとすぐです。)

角を曲がってすぐが目的地の場合に使える定番フレーズです。

It takes about 5 minutes. (5分くらいかかります。)

目的地までかかる大体の時間がわかるなら、教えてあげるとより親切ですね。

道がわからないときに使えるフレーズ

次に、道がわからない時に使えるフレーズをご紹介します。

Sorry, I’m not familiar with this area.(ごめんなさい、この辺りには詳しくないんです。)

聞かれた場所が全くわからない場合は、無視するのではなくこのフレーズを伝えましょう。

Hold on, Let me google it.(ちょっと待ってくださいね、調べさせてください。)

google itには「ネットで調べる」と言う意味があります。場所がわからない場合はスマホで調べて教えてあげるといいかもしれません。

何かをお願いするときに便利な英会話フレーズ

日常会話の中で、相手に何かをお願いするときに使ってみたいフレーズを見ていきましょう。

お願いをするときの基本フレーズ

相手に何かお願いしたいことがあるときに使える基本のフレーズを紹介します。Pleaseをつけるだけでも伝わりますが、以下のフレーズを使うとより丁寧です。

May I ask you a favor?(お願いがあるのですが。)

お願いを伝える前の前置きとして使えるフレーズです。MayをCanで代用できますが、Mayの方がより丁寧になります。

I have a favor for you.(あなたにお願いがあります。)

友人や同僚など親しい相手に使いたい表現です。こちらもお願いを伝える前に前置きとして使います。

Do you mind〜?(〜してもらえますか?)

直訳では「〜するのはいやですか?」という意味になりますが、遠回しに相手にお願いできる表現です。

Can you 〜? / Would you 〜?(〜してもらえますか?)

CanよりもWouldの方がより丁寧になります。最後にpleaseをつければ、より丁寧に聞こえますよ。

会話が聞き取れなかった時に使えるフレーズ

相手と会話していて聞き取れなかったときに使えるお願いのフレーズです。

Can you say again?(もう一度言ってもらえますか?)

聞き取れなくてもう一度言ってもらいたいときの基本フレーズです。

Could you repeat it?(もう一度言っていただけますか?)

先程のフレーズよりは、丁寧な表現で「もう一度言ってください」とお願いできます。

Excuse me?(もう一度言ってもらえますか?)

短いフレーズでもう一度言ってもらうようにお願いできます。Sorry?やPardon?も同義です。

Could you speak slowly?(少しゆっくり話してもらえますか?)

全体的に会話のスピードが早くて聞き取れないときは、この表現でゆっくり話してもらえるようにお願いしましょう。

さまざまなシーンで使える便利な英会話フレーズ

色々な場面で使える便利なフレーズをまとめました。ネイティブもよく使うので覚えておきましょう。

間をつなぐフレーズ

会話の間をつなぐフレーズです。いざ会話をするときにこれらのフレーズを覚えておけば、より自然な会話ができますよ。

umm(うーん)

どう答えていいのかわからないときに使える表現です。

well(えーっと)

言いたいことを忘れてしまったとき、すぐに出てこないときに使える表現です。

Let me see…(えーっと)

こちらもwellと同じく、すぐに言葉が出てこないときに使える表現です。

I mean…(つまり)

強調したいとき、結論を伝えたいときに使える表現です。相手に話したもののうまく伝わらなかったときは、I meanの後に別の表現で言い換えることもあります。

You know, (ほら、)

相手が知っていることに関して話すときに使える表現です。「あなたも知ってるでしょ」というようなニュアンスになります。

あいづちとして使えるフレーズ

会話の間にあいづちとして使えるフレーズを紹介します。会話の途中で挟んで、聞いている姿勢を示しましょう。

Sounds great!(いいね!)

相手が言ったことや提案に対して賛成の場合に使える表現です。

I see. (なるほど。)

納得しているときに使えるあいづちのフレーズです。

Exactly!(その通り!)

自分が思っていたことを相手が言ってくれたときに使えます。

No way!(まさか!)

日本語で「マジで?」というときに近いニュアンスの表現です。

That’s right. (そうだね)

「うんうん」というようなニュアンスのあいづちとして使えます。rightだけでもOKです。

日常英会話を上達させるためのコツ4選

最後に日常英会話を上達させるためのコツを紹介します。コツを押さえながら日常会話を学んで、実践で自信を持って使えるようになりましょう。

最初の2単語を話す

すぐに伝えたい言葉が思い浮かばないと、沈黙の時間ができてしまいます。先程紹介した間をつなぐフレーズを使ってもいいのですが、考えているときは最初の2単語を発することで相手に「考えているんだな」ということが伝わります。

例えば
I think
That is
I feel
You are
There is

など、文の最初の2単語をゆっくりと発音してみましょう。その間に伝えたいことを考えれば、沈黙ができずに済みます。

ジェスチャーを取り入れる

日本語を話すときジェスチャーを取り入れる人は少ないですが、英語ネイティブは会話をするときに身振り手振りをかなり取り入れています。最初は恥ずかしいかもしれませんが、ジェスチャーを取り入れれば言葉が出なくても伝わりやすくなりますよ。出てこない単語をボディランゲージで表してもOKです。海外ドラマや映画を見て、ネイティブがどのように身振り手振りを使っているのか参考にしてみましょう。

ゆっくり、はっきり話す

英語に自信がないと小声になってしまったり、ボソボソと話してしまったり、早口になったりしてしまいがちです。しかしそれでは相手に伝わりません。

早く話す必要は全くないので、ゆっくりと、そして単語をしっかり発音しましょう。一生懸命話していれば、相手も聞く姿勢を示してくれますよ。

自信を持って話す

英語をきちんと理解しているという自信がないと、「本当に伝わるのかな」と不安に思うかもしれません。しかし、そんな心配は不要です。何よりも大切なのは、自信を持って話すこと。実はネイティブでも文法を間違えている人は多いですし、多少間違っても英語は伝わります。完璧に話す必要は全くありませんので、今まで勉強したことを自信を持って声に出してみてくださいね!

まとめ

初心者のうちは英語を話すことに慣れていないので、一言話すだけでも不安になるかもしれません。しかし、今回紹介した基本のフレーズを覚えておけば、日常会話は十分できます。シチュエーションごとにフレーズを覚えて、英会話を楽しみましょう。

オンライン英会話のレアジョブなら、普段英語を話す環境がない人でもいつでも英語が話せます。英会話フレーズをマスターしたら、レアジョブで実際に英会話を楽しんでみましょう!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する