「絶好調!」って英語で言える?「元気でしたか?」の聞き方、答え方フレーズ集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語では「元気ですか」の質問で挨拶を始めることが非常に多く、「How are you?(元気ですか?)」という言葉を中学1年生で初めて学んだ方も多いと思います。しかしその質問に対する返事は意外と多種多様です。そのためネイティブが返事をしてもいまいち意味がつかめず、挨拶の最初から戸惑ってしまうこともあるかもしれません。そこで今回はそんな「元気」に関する様々な表現をご紹介したいと思います。

絶対知っておきたい「元気ですか?」の聞き方と答え方

まずは、もっともよく耳にする「お元気ですか?」の基本フレーズを2つご紹介しましょう。「How are you?」以外でもこれらは常にネイティブは口にしていますので、知らないものはぜひマスターしてくださいね。またそれに対する答え方も色々とご紹介しますので、ご自身にあったものを使ってみてくださいね。

How are you doing? : 元気にやってる?

Hi, John! How are you doing these days? – I’m doing great, thank you.
(やあ、ジョン、最近元気にやってる? – 元気にやってますよ。ありがとう。)

「How are you?」は今、この瞬間元気かどうかを聞く質問ですが、「How are you doing?」は現在進行形で表現されており、少し過去の状況から継続中の今に至るまでの様子や状態を尋ねる、というニュアンスがあります。また、進行形は未来に向かって進んでいるという概念があるため、これから先の状況を含んで質問を投げかけている場合もあります。単に「元気にしているか」だけではなく、仕事の場であれば「あの計画順調に進んでる?」「うまくいってる?」というような意味にも使われることがあります。
非常によく使われるので、略されて「How you doing?」と表現されることもしばしばありますよ。

How’s it going:調子どう?

Hi, Kate. How’s it going? – Pretty good.
(やあ、ケイト。調子どう? – かなりいいわ。)

「How are you?」とほぼ同じ表現ではありますが、よりカジュアルで、ネイティブの間では「How are you?」より自然に多用されています。よく使われるため、短縮されて「ハウジッゴーイン」と聞こえます。「元気か」というだけでなく、人生全般において「うまくいっているか?」ということを聞くニュアンスがあります。また、似た表現で「How’s everything going?」というフレーズもあります。やはり「調子どう?」という意味です。

返答方法

「How are you?」や「How are you doing?」「How’s it going?」「How’s everything going?」と聞かれた時の返答としては、下記のようなものがあります。

Good.(元気よ)

Pretty good.(かなり元気よ)

Great! (とても元気よ!)

Excellent!(最高よ!)

Fantastic!(すばらしいよ)

「Good」は、実はさほど元気ではなく、普通であるという意味の方が近いかもしれません。「とても元気だ」ということを言いたい時は「pretty(かなり)」や「very(とても)」などの副詞をつけるのが通常です。

また「すごく元気」であることを表現したい場合、下記のようなフレーズもあります。

Never better.(最高よ)

Couldn’t be better.(絶好調!)

Better than ever.(かつてないほどいいよ)

どれも比較級を用いた表現です。Never betterは「never have been better」の略語で、「今までこれ以上に良くなったことはない」というのが直訳。つまり今が最高ということです。「Couldn’t be better」は「これ以上よい状態にはなれない」という意味で、やはり「今が最高」「絶好調」ということ。「Better than ever」も「これまでで一番よい」という意味ですね。

逆にさほど元気ではない時には下記のような返答が使えます。

Fine.(問題ありません。)

I can’t complain.(まあまあかな)

I’m alright.(まあ大丈夫よ)

Not too bad.(悪くないよ)

「fine」は中学校では「元気です」という意味で学んだかと思いますが、ネイティブの中では少しネガティブな印象を与えることがあります。「complaint」は「不平をいう」という単語で「I can’t complaint」で「文句はいえない」という意味。文句をいうほどは悪くないということですね。

状況に応じて使える「元気?」表現

次に、カジュアルな場や久々にあった人への挨拶など、その場の状況において使い分ける「元気?」の質問と答え方についてご紹介しましょう。

What’s up?:最近どう?

Hey, what’s up? – Not much.(やあ、最近どう? – 特に変らずよ)

非常にカジュアルで、目上の方やビジネスパートナーに使うことはお勧めしませんが、親しい友人にはよく使う表現です。直訳すると、「何か今起こってる?」と言う意味ですが、基本的には現在の調子を非常に軽く尋ねるニュアンスです。ですので、返答も「とくになにもないよ」というような軽いものが多くなります。似た表現で「What’s new?」という表現もあります。直訳すると「なんか新しいことあった?」という意味ですが、この場合も、「What’s up?」と同様軽く挨拶をしているだけなので、下記のような表現で答えることがほとんどです。

Nothing.(何にもないよ)

Nothing much.(特になにもないよ)

Not much.(特に変わらず)

Nothing special.(特別なにもないよ)

Same old, same old.(いつも通りよ)

Just the usual.(いつもと同じ)

「same old, same old.」は「代わり映えのないいつも通りの」という意味合いですが、だいたい2回続けて表現されることが一般的です。似た表現で「Same as usual」とも言いますよ。
また、あまりにライトな表現なので、アメリカやカナダでは下記の例文のように単に「おっす!」というような表現として使う場合にもあります。男性に特に多い表現です。

What’s up, man? – What’s up?(おっす! – よお!)

上記のような場合は、「元気かどうか?」と相手の返事を期待してはいないので、返答も「What’s up?」と軽く挨拶することが多いでしょう。

How have you been?:元気してた?

How have you been? – I’ve been very busy. How about you?
(元気にしていましたか? – とても忙しくしていました。あなたは?)

「長い間会っていなかった人に久々に会った」という時に使う挨拶の言葉です。現在進行形なので、(会っていなかった)過去から今まで、ずっとどうしていたのか?というニュアンスで質問しています。カジュアルな場でもフォーマルな場でも使えます。答える際も、

I’ve been great.(元気にしていました)

I’ve been busy.(忙しくしていました)

I’ve been traveling a lot.(たくさん旅行していました)

というように現在進行形で答えると丁寧です。会話を続けたい場合は、3つ目の「I’ve been traveling a lot.」のように詳しい状況を説明してもいいでしょうし、挨拶程度で終わらせたい場合には、1つ目のように「I’ve been great.」と表現すればよいでしょう。
また友人の間などカジュアルな場であれば単に

Great.(元気だったよ)

Not much.(とくに変わりなく)

Nothing Special.(特別なことは何もなかったよ)

と簡単に答えても問題ありません。

まとめ

「元気ですか?」と相手の状況を聞くのは英語の挨拶の定番ではありますが、その聞き方は実は色々です。「How are you?」以外の質問をされた時にも戸惑うことなく、さっと返事ができれば、会話も流れるようにスタートできるはず。英語のドラマや映画などでもぜひ最初の挨拶を注意して聞いてみてくださいね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する