「happy」と「glad」は違う?「嬉しい」の英語フレーズを色々なシーンで使い分けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「嬉しい!」と感じた時、皆さんはどう英語で表現されますか?もしかすると「happy」という英単語が真っ先に頭に浮かぶのではないでしょうか。しかしネイティブはそれ以外にも色々なフレーズで嬉しさや喜びを表現しています。せっかくなら嬉しさを適切なリアクションで表現したいですよね。今回はそんな「嬉しい!」を表現する英語のフレーズをご紹介します。

基本の「嬉しい」英語表現はこれ!

まずはよく使われるオーソドックスな「嬉しい」をご紹介しましょう。「happy」以外でもニュアンスが異なる表現がいくつかありますので使い分けてくださいね。

pleased:フォーマルな「嬉しい」

I am pleased to meet you.
(お会いできて嬉しいです。)

I am pleased with this house.
(この家に満足しています。)

まずは「pleased」を使った表現です。とても丁寧な表現で、フォーマルな場や目上の方に対して話す場合に便利な表現です。逆にカジュアルな場ではあまり使いません。「please」はもともと「喜ばせる」という意味の動詞で、受け身の表現になることで「〜に喜ばせられる」というのが直訳となります。通常は「〜で嬉しい」「〜に満足している」と訳します。「be pleased to」の後ろは動詞を用い、後ろに名詞が来る場合には「be pleased with」が使えますよ。

glad:瞬間の喜びを表す「嬉しい」

I am glad to hear that.
(それを聞いて嬉しいです。)

I’m glad that you are safe.
(あなたが無事でよかった。)

「glad」は「happy」と同様に「嬉しい」という意味ですが、実は意味が少し異なります。「glad」は何かの事柄に対して、瞬間的、直感的に感じる「嬉しさ」を表現しています。1つ目の例文であれば「それを聞いて直感的に嬉しいと思った」ということが根底の意味にあります。一方「happy」は「継続的な嬉しさ」という意味が根底にあり、「ずっと継続して嬉しい」=「幸せ」というニュアンスの際に用いられます。「glad=嬉しい」「happy=幸せ」と覚えておくといいでしょう。

delighted:大いに喜ぶ「嬉しい」

I would be delighted to accept.
(喜んで受け入れます。)

I am delighted to participate in the dinner on the 4th.
(4日の夕食には喜んで参加させていただきます。)

「delighted」もフォーマルな表現ですが「pleased」よりも「喜びの度合いが大きい」場合に用いられます。「大いに嬉しい」「光栄だ」などと訳されます。なお例文の「participate in」は「〜に参加する」という意味ですよ。

いろいろな形で嬉しさを表現しよう

「嬉しい」と直接言わずとも、嬉しさを表現することがあると思います。日本語でも「やったー!」や「わーい!」といった言葉を使いますよね。またSNSでは別の表現方法も存在します。次にそういった状況に応じた「嬉しい」の英語フレーズをご紹介していきます。

間投詞で「嬉しい」を表現する

まずは間投詞を使って喜びを表現する方法です。これからご紹介するどちらもすこし大げさだと思うくらいに発音することで相手に喜びをしっかりと伝えられます。表情の重要ですのでしっかりリアクションしていきましょう。

驚きを一緒に表現する「わお!」:wow

Wow! This is the best gift that I have ever had in my life!(わお!これは今までで一番嬉しいプレゼントだよ!)

「wow」は聞かれたことがある方も多いでしょう。嬉しい驚きを表現します。「wow」には色々な言い方があり、「ワーーオ」と低めの声でいうと「驚いてひいている」気持ちを表すこともあるので、嬉しいときは嬉しそうな表情をして明るく「ワオ!」というのが大切です。なお「the best 〜 I have ever had in my life」は「これまでの人生で一番の〜」という意味で、この表現もまた喜びを強調させてくれる言い回しですよ。

興奮を表現する「わーい!」:whoopee

Whoopee!I did it!(わーい!やったよ!)

「whoopee」は「ウーピー」と発音し、「どんちゃん騒ぎをする」という意味が根底にあります。興奮している喜びをあらわすカジュアルな表現です。

大きな喜びを表現する「やりい!」:Hooray!

Hooray! I got an A on my math exam!
(やりい!数学のテストでAをとった!)

「フーレイ」と発音します。応援する時に使われる「フレーフレー!」も言葉からきています。もともと「万歳」という意味の言葉で、イギリスは「乾杯」という意味にも使われています。「やったあ!」「やりい!」といったように、大きな喜びを表す表現です。

ガッツポーズの「よし!」:Yes!

Your proposal got approved, John. – Yes!
(君の企画書通ったよ、ジョン。 – よし!)

嬉しいことがあった時にガッツポーズとともについ口からでてしまう言葉として多い「Yes!」。「よし!」や「やった!」という意味で使われます。スポーツ観戦などで応援しているチームがゴールを決めたりした場合にも言いたい表現ですね。なお、書き言葉でチャットなどカジュアルな場所では「yeeeees」と「e」を重ねて書くこともあります。

「e」が多い方がより興奮具合が高いといえるでしょう。友人との会話などで使ってみてください。なお例文の「proposal」は「提案」「企画書」、「approve」は「承認する」という意味ですよ。

激しい喜びの「きゃー!」:zowie

Zowie! What a surprise party!
(きゃー!なんてサプライズパーティーなの!)

馴染みがない方も多いかもしれませんね。「ザウイー」と発音します。激しい喜びや驚きを表現する言葉です。「ひゃー!」「きゃー!」「うわー」などと訳されますよ。

書き言葉で「嬉しさ」を表現する

メールやSNSなどといった書き言葉の場では、話し言葉では使われない特有の表現方法が存在します。次にそんな書き言葉特有の表現をご紹介しましょう。

The good news:嬉しいお知らせ

The good news. We are happy to inform you that we have concluded a contract with A company.
(嬉しいお知らせ。A社との契約書が締結されたことをお知らせできることを嬉しく思います。)

メールの件名などでこういったフレーズを用いて喜びを表現することがあります。メールを開く前から喜びを伝える方法ですよ。なお例文中の「conclude a contract」は「契約を締結する」という意味です。

:)などの絵文字で喜びを伝える

I am so happy:)
(とっても嬉しい)

チャットなどで絵文字を入れた場合、英語の絵文字は特有です。右に45度回転させてみたときに顔になるようになっています。例えば下記のような表情がありますよ。
:)→ 「笑顔」:ニコちゃんマークになっていますね。
xD→「満面の笑み」:目をつぶって喜びを抑えきれない表情です。

まとめ

嬉しさを表現するには、フォーマルな場での基本の表現から、チャットなどカジュアルな場で使える表現など色々あります。その場に応じて感じた喜びをしっかりリアクションすることで、ネイティブとのコミュニケーションもより円滑になるはずです。ぜひ気に入ったものから取り入れてみてくださいね。

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する