英語の面接で自分を上手にアピールしよう!面接で聞かれる質問と回答例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資系企業への就職・転職、海外大学の入学試験、海外での就職活動など、英語での面接を受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。英語で面接と聞くと、必要以上に構えてしまうかもしれませんが、基本的なマナーや内容は日本語の面接と同じです。

面接で聞かれる全ての質問を予測することは不可能ですが、必ず聞かれる定番の質問だけでもしっかり準備して必要以上に緊張しないようにしましょう。

今回は英語の面接を控えている、あるいは将来外資系転職や海外大学留学を考えている方向けに、英語の面接の基本的な流れと質疑応答の例を解説します。

面接を受けるとき頭に入れておくべきポイント

面接の準備について、様々な解説に目を通してみると、細かいテクニックがたくさん書かれていると思いますが、実は面接を受けるときに覚えておくべき大切なポイントはそれほど多くありません。

丁寧で礼儀正しく、かつ「一緒に仕事をしたい」と思わせるフレンドリーさはもちろんのこと、それ以外に次のポイントを意識して面接に臨みましょう。

1. 面接は自分を徹底的に売り込む場

日本人的な謙虚さは必要ありません。面接は「自分=商品 をプレゼンする場」であると考え、徹底的に売り込みましょう。

面接官は自分の商品をどうしても売りたいクライアント、商品は自分自身だと考えると、どのようにセールスしたらいいか、面接先の企業にとって自分のどんなスキルや経験が必要とされているのか、といった点に対してなど自ずとアピールすべきポイントが見えてくるはずです。

2. アピールしたいポイントを簡潔に

「自己紹介をしてください」と言われると、過去の話に遡って話を始める人がいますが、これはNGです。面接官にとっては、応募している仕事に直接関係ない話は興味がなく時間も無駄です。

直近の経歴や業務に関係するスキル、会社にどのように貢献できるかを簡潔にわかりやすく説明しましょう。

3. 自信を持った態度で

緊張してモゴモゴと小さな声で話すのはよくありません。せっかくいいことを言っていても、自信のない態度は失敗のもと。

面接官とのアイコンタクトをしっかりととり、「この応募者に仕事を任せても大丈夫」と思ってもらえるよう終始自信ある態度で臨みましょう。すぐ下を向いたり、目を泳がせるなどの行為は自信がないと思われる可能性もあるので、常に面接官の目を見て話すことを心がけてください。

たとえ「自分の今のスキルと経験では足りないかも」と思っていても態度に出さないようにします。過去の仕事の関連分野ではあるけれど、やったことのない仕事に応募した時でも同じです。面接まで到達しているということは履歴に興味をもってもらえている証拠ですので、自信を持ちましょう。

面接の流れと受け答えの例

面接の流れは日本語の面接と基本的には同じです。面接回数は1回ではなく、数回行われることがほとんど。直属の上司や仕事のメンバー、人事担当者との面接が基本ですが、場合によっては役員との面接やタスクを与えられての実践テストもあるでしょう。

ここでは、基本的な面接な流れと想定される質問、解答例について解説していきます。

1. 入室の挨拶・スモールトーク

面接の会場となる部屋で待機する場合と、面接者の部屋に入る場合がありますが、面接官に会ったらまずは笑顔で挨拶をし、しっかり握手をします。日本だとお辞儀をすることになりますが、外国人との挨拶は握手が基本です。面接官が複数いて、女性と男性がいる場合は、女性の方に先に握手をしましょう。

第一印象は大切です。笑顔で相手の目をしっかり見て、自分の名前と挨拶の言葉を交わします。

Good morning (Good afternoon), my name is… Pleased to meet you.
Thank you for giving me the opportunity to talk to you today.
(おはようございます(こんにちは)。私の名前は〇〇です。お会いできて光栄です。本日はお時間をいただきありがとうございます。)

上記のように丁寧な表現が望ましいですが、場合によってはもっとカジュアルな面接もあると思います。その場合は次のような簡単な挨拶をします。

Hi, my name is… Thank you for your time.
(こんにちは、私の名前は〇〇です。お時間をいただきありがとうございます。)

挨拶の後に “How are you today?”(今日の調子はいかがですか?)と聞かれることもあるかもしれません。その時はちょっとしたスモールトークをします。その際の話題は、朝エクササイズをして気分がいいといった自分のテンションについて話したり、あるいはオフィスを褒めたり、最近読んだ本の話をしたりと、内容はなんでも構いません。

自分の性格や志向が少しでも相手に伝わるような内容を話すといいでしょう。

また、共通の話題を見つけるために、逆に質問してみると、会話が弾むきっかけとなります。

I’m great, thank you. I’ve been looking forward to this interview so I’m happy to be here.
(とても調子がいいです、ありがとうございます。この面接を楽しみにしていたので、ここに来られて光栄です。)

Very well, thank you. I did a training run for the upcoming marathon, so I can’t complain. How about you? Do you do some exercises?
(とても調子がいいです、ありがとうございます。次のマラソンのためにトレーニングしたので、最高ですね。あなたはどうですか?エクササイズはされますか?)

2. 自己紹介

「Tell me about yourself. (自己紹介してください)」これは必ず聞かれる質問です。自分をアピールする非常に大切な部分なのでしっかり準備しておきましょう。

ここでは仕事に直結する経験やスキルとともに、パーソナリティーがわかるような内容を答えます。面接官からは細かい部分についてさらに知りたい場合は質問があるので、スキルや経験については簡潔に話します。

I have been in the customer service industry for the past five years. My most recent experience has been handling incoming calls in the high tech industry. One reason I particularly enjoy this business, and the challenges that go along with it, is the opportunity to connect with people. In my last job, I formed some significant customer relationships resulting in a 30 percent increase in sales in a matter of months. My real strength is my attention to detail. I pride myself on my reputation for following through and meeting deadlines. When I commit to doing something, I make sure it gets done, and on time. What I am looking for now is a company that values customer relations, where I can join a strong team and have a positive impact on customer retention and sales.
(この5年間カスタマーサービスで働いています。直近の経験はハイテク企業で電話を受けることです。この仕事が特に好きな理由とやりがいは、人と繋がることです。前職では顧客と重要な関係を築き、数ヶ月で30%もの売り上げをあげることができました。私の本当の強みは細部へのこだわりです。私が誇れるのは、仕事を最後までやり遂げ、期限を守ることです。私は何かを実行するとき、必ず時間通りにやり遂げます。私が望んでいるのは顧客との関係を大切にする会社で、強力なチームで顧客維持とセールスに貢献できることです。)
(引用:https://www.monster.com/career-advice/article/interview-tell-me-about-yourself)

このように、「直近の経験→自分の強み・アピールポイント→現在の状況と求めているものやなぜ応募したのか」の順にまとめるといいですね。

3. 志望動機・会社についての知識

志望動機はもちろんのこと、会社についての大まかな知識も入れておきましょう。特に会社が行っている事業やビジョンなどは最低限ホームページなどでチェックしておきます。

会社についての知識

A:What do you know about our company?
(我が社について知っていることは何ですか?)
B:From what I read, your company is one of the leaders in providing security software to other businesses. I read the list of clients on your website. Do you mostly serve Fortune 500 clients? I saw a couple big Fortune 500 companies mentioned on the list, including ___ and ___.
(読んだところによると、御社は企業にセキュリティソフトを提供するリーディングカンパニーの一つです。クライアントリストも拝見しました。主な顧客はフォーチュン500社でしょうか?〇〇や〇〇のようなフォーチュン500の大企業が記載されているのを見ました。)
(引用:https://careersidekick.com/what-to-say-in-a-job-interview-questions-and-answers/)

会社についての知識は、このように質問も挟むとより興味を持っていることがわかりいいでしょう。

志望動機

A:Why do you want this job?
(志望動機は何ですか?)
B:I’ve always been passionate about education, and I think you’re doing great things, so I want to be a part of it.
(私はいつも教育に情熱を注いできました。御社の行っていることは素晴らしく、ぜひ私も関わりたいと思ったからです。)
(引用:https://www.themuse.com/advice/interview-questions-and-answers#whythisjob)

企業にはそれぞれ異なる理念とカルチャーがあります。特に海外の企業はこれらのことをとても大切にしています。志望動機は、直接仕事自体に関係することだけではなく、このように会社の行う事業やビジョンに共感できることを含めるとよりいいですね。

4. 強みや弱みに関する質問

面接では強みだけではなく、弱みも聞かれることが多いです。仕事上での成功や失敗を自分の性格に絡めて簡潔に説明しましょう。強みも弱みも、そこから成功したことや、学び・改善したことを述べ、最終的にポジティブな内容で終わるようにします。

強み

A:What are your greatest strengths?
(あなたの最大の強みは何ですか?)
B:I’m a natural problem-solver. I find it rewarding to dig deep and uncover solutions to challenges—it’s like solving a puzzle. It’s something I’ve always excelled at and something I enjoy. Much of product development is about finding innovative solutions to challenging issues, which is what drew me to this career path in the first place.
(自然に問題解決することです。問題を深く掘り下げて解決策を見つけることはやりがいがあります。パズルを解くような感じですね。私が得意とし、楽しんでいることでもあります。製品開発の大部分は困難な問題に対する革新的な解決策を見つけることであり、それがこのキャリアを歩むことになったきっかけです。)
(引用:https://www.indeed.com/career-advice/interviewing/top-interview-questions-and-answers)

弱み

A:What are your greatest weaknesses?
(あなたの一番の弱みは何ですか?)
B:Earlier in my career I noticed that because I was so enthusiastic about my work, I tended to say ‘yes’ when I should have been saying ‘no.’ At one point I ended up so overwhelmed by my workload and taking on so many projects that I was working evenings and weekends. It was stressful and that stress affected my production quality. I realized this was counterproductive so I started using workload management tools to set better expectations for myself and my teammates.
(キャリアの早い段階で気づいたことがあります。それは、自分の仕事に熱心なあまり、「いいえ」と言うべきところで「はい」と言う傾向があったことです。多くのプロジェクトを引き受け夜や週末も働いていたため、ある時点で自分の仕事量に圧倒されてしまいました。ストレスがたまり、そのストレスが私の生産品質に影響を与えました。これは逆効果であることに気づいたので、ワークロード管理ツールを使用して、自分自身とチームメートにより良い目標を設定することにしました。)
(引用:https://www.indeed.com/career-advice/interviewing/top-interview-questions-and-answers)

5. その他よく聞かれる質問

上記のようなどの面接でも聞かれる会社についての知識、志望動機や強み・弱み以外に、過去の試練と対処方法、給与はいくら欲しいか、専門的な知識などについての質問もされます。

全てについて準備することは難しいかもしれませんが、次のような質問についても準備しておくと安心して面接に臨めるでしょう。

Why do you want to leave your job?
(なぜ今の仕事をやめたいのですか?)

Tell us about a challenge you have faced and how you handled it.
(あなたが直面した困難とどう解決したかについて教えてください)

What makes you unique?
(あなたの個性は何ですか?)

What are you passionate about?
(あなたが情熱を持っているものは何ですか?)

Why should we hire you?
(なぜあなたを雇用する必要があるのでしょうか?)

What are your salary expectations? / How much money are you looking to earn?
(給料はどれぐらい欲しいですか?)

How do you handle stress and pressure?
(ストレスやプレシャーにどう対処しますか?)

What are your goals for the future?
(将来の目標は何ですか?)

Where do you see yourself in 5 years?
(今後5年で自分はどんな状態になっていると思いますか?)

What is your greatest accomplishment?
(あなたの最大の成果は何ですか?)

Tell us how you think other people describe you.
(他の人があなたをどのような人だと感じているか教えてください)

What can we expect from you in your first 3 months?
(最初の3ヶ月であなたに何を期待できますか?)

What do you like to do outside of work? / What do you do in your spare time?
(仕事以外の趣味は何ですか?)

Do you have any questions for us?
(何か質問はありますか?)

6. 退室の挨拶

面接の終わりは、面接官にお礼を言うだけではなく、さらに自分が選ばれる理由を言って印象づけるのもポイントです。日本語の面接ではおそらくお礼を言って終わりですが、英語の面接では積極性が必要です。

この記事の最初の方で述べたことを覚えていますか?自分は商品です。最後にもう一度自分のセールスをしてダメ推ししましょう!

I did extensive research on this company beforehand and was really excited about this interview. This has been reinforced by everything I have heard and learned today. I appreciate the time you have taken with me and I am positive about my ability to perform successfully in this job. Is there anything else you need to know, do we need to set up another meeting?
(私は事前に御社について徹底的な調査を行い、この面接を本当に楽しみにしていました。私が本日聞き学ばさせていただいたすべてのことによってさらに強い思いを抱いています。私のために時間を割いてくれたことに感謝しております。私はこの仕事で成功する十分なスキルがあると信じています。他にお知りになりたいことがあれば、別の機会を設けさせていただきたいのですが)

Thank you for your time. You have given me a very clear picture of the position and I am even more enthusiastic about it than before. I know that my skills and experience will add real value to your company in this job. Can we discuss what I should do next to make sure that I get this job?
(お時間をいただきありがとうございます。今回のポジションについて非常に明確になりましたし、以前よりもさらに強い興味を持っています。私のスキルと経験は御社に真の価値をもたらすはずです。この仕事をぜひやらせていただくために、次に何をすべきかについて話し合うことはできますか?)

(引用:https://www.best-job-interview.com/closing-the-interview.html#:~:text=I%20am%20very%20enthusiastic%20about,close%20on%20a%20positive%20note)

まとめ

面接の前にどんなに質疑応答を準備しても、想定しなかった質問が1つや2つ出てきます。焦らず落ち着いて答えられるようにするには、正しく英語を話すことではなく、自分が伝えたい内容にフォーカスすることです。

面接官はあなたがネイティブスピーカーではないことを知っています。正しい英語を話すことより、英語で十分なコミュニケーションができるか、チームで働く場合に人間性に問題がないか、仕事で必要とされる十分な業務上のスキルがあるかを見ています。学生であれば、授業についていける英語力があるか、アカデミックな知識はどうかという部分になります。

英語力は仕事の内容によっても求められるレベルが違いますので、必ずしも高い英語力が必要なわけではありません。当日緊張して頭が真っ白にならないよう、事前にオンライン英会話で何度か模擬面接を受けるのもオススメです。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する