新車、サッカー選手、実業家…「憧れる」を英語で言うと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの人に憧れています」「新車が憧れです」など、普段よく口にする「憧れる」という表現。英語にしようとすると、意外に難しいと感じたことはありませんか?「憧れる」を表す英語フレーズとその使い分けを覚えて、自分の言いたいことを上手に表現できるようになりましょう。

そのまま使える「憧れる」の英語表現

日本語の「憧れる」に相当する英語の動詞は、admire、yearn、long forなど。「あまり聞いたことがない」と思った人は、この機会に使いこなせるようになっておきましょう。

「敬意」を込めたadmire

和英辞典で「憧れる」を引くと最初のほうに出てくるadmire。I admire him.(彼に憧れています)といったように使えますが、「彼みたいになりたい」というより、「尊敬している、立派だと思う」といった印象になります。

会話例:

A: He set the new world record!
(彼が世界新記録を出しました!)
B: He’s a great athlete. I really admire him.
(すごい選手ですね。本当に彼に憧れています)

「強くほしがる」のyearn

同じく「憧れる」という意味である動詞yearnは、「なかなか手に入らない、入りにくいけれど、どうしてもほしい」といった意味合い。I’m yearning for you.と言うと、「(なかなか会えないけれど)ぜひあなたと一緒にいたい」という感じです。

会話例:

A: I’m yearning for life in Switzerland.
(スイスでの生活に憧れているんです)
B: Oh, that sounds fantastic.
(ああ、ステキですね)

「~したくてたまらない」のlong for

longには動詞で「憧れる、熱望する」という意味があり、I long for you.は「あなたに会いたくてたまらないんです」といった意味合いになります。

会話例:

A: I long for a career in music industry.
(音楽業界でのキャリアに憧れているんです)
B: It must be hard, but it’s worth trying.
(難しいでしょうが、やってみる価値はあります)

「~みたいになりたい」「~がほしい」の英語表現

ここまで読んできて、「そんな大げさな感じではなく、『~みたいになりたい』『~がほしい』というつもりで『憧れる』と言うには、どうすればいいんだろう?」と思った人はいないでしょうか。日本語の「憧れる」は、admireやyearn、long forよりもう少し気軽な感じですね。

「~みたいになりたい」「~がほしい」というつもりでなんとなく「憧れる」と言いたいときには、次のような言い方を使います。

「目標にしたい」のlook up to

look upは「見上げる」ですが、「look up to+人」にすると、その人が「自分より上の存在である」ことを認め、「その人みたいになりたい、目標にしたい」という気持ちを表すことができます。

会話例:

A: I’ve always looked up to my uncle. He’s a successful business person.
(私はおじに憧れています。成功した実業家なんです)
B: You have a great role model.
(いいお手本がいるんですね)

「夢を持つ」のdream

dreamは動詞で「夢見る」という意味になりますが、「~になりたい」「~だったらいいな」という日本語の「憧れる」を表現するのにピッタリです。

会話例:

A: I was dreaming of being a professional soccer player.
(プロのサッカー選手になることに憧れていました)
B: Really? I wanted to be a soccer player, too.
(そうなんですか?私もサッカー選手になりたかったんですよ)

「ずっとほしかった」のhave always wanted

「~がほしい、~が手に入ったらいいな」という意味で「憧れる」と言うこともありますよね。そんなときは、「ずっとほしかった(今もほしいと思っている)」のhave always wantedを使うとうまく表現できます。

会話例:

A: If you had 10 million yen, how would you spend it?
(1千万円あったら、何に使う?)
A: A car. I’ve always wanted a new car.
(車だね。新車に憧れていたんだ)

オンライン英会話レアジョブのレッスンでは、自分の夢や目標について話す機会もあります。admire(立派だと思う)やyearn(どうしてもほしい)だとどうもピンと来ないと思ったら、I’m dreaming of working in a foreign country.(外国で働くことに憧れているんです)、I’ve always wanted to live in the countryside.(郊外に住むことに憧れていたんです)のように、dream(夢見る)、have always wanted(ずっとほしかった)という表現を使ってみましょう。

先生からは、I admire your challenge.(チャレンジしていて立派ですね)といった言葉が聞けるかもしれません。レッスンでの会話を楽しみながら、さまざまな「憧れる」表現の使い方を身につけましょう。

まとめ

例えば、「英語を上手に話す人に憧れています」という場合、どのように言えばいいでしょうか。

・I admire a person who speaks English well.
(=英語を上手に話す人は立派だと思います)
・I look up to a person who speaks English well.
(=英語を上手に話す人を目標にしたいです)
・I’ve always wanted to be a person who speaks English well.
(=英語を上手に話す人になりたいと思っていました)

admireだと「立派だと思う」だけで、自分がそうなりたいとは言っていません。look up toは「目標にしたい」で、少し「なりたい」に近づいてきました。have always wantedでようやく、「本当にそうなりたい、そのために今努力している」という感じが出ます。

自分が言いたい「憧れる」にはどの表現がしっくりくるか、よく比べながら使ってみてください。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する