気持ちや感情を英語で伝える英語フレーズを覚えよう<オンライン英会話編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン英会話レッスンでは、教材のテーマに関連してWhat do you think?(あなたはどう思いますか?)、How do you feel?(あなたはどう感じますか?)といったように聞かれることがよくあります。

「すごくうれしい」「悲しい」「なんとも言えない」など、自分の気持ちを伝えるための表現を覚えておきましょう。

オンライン英会話で使える「うれしい」「よかった」ポジティブな表現

「仕事で目標を達成した!」「プレゼントをもらった」など、とてもいいことがあったときにはどんな言い方があるでしょうか。よく使われるフレーズをご紹介します。

自分にいいことがあったとき

I’m so happy!(すごくうれしい!)

「うれしい」と言うときの基本表現です。

It was fantastic!(すごくよかった!)

旅行、映画、コンサートなど、「素晴らしかった」という感想を言うときに使います。

I was moved.(感動しました)

心動かされる体験談などを聞いて、感動したときに使います。

人にいいことがあったとき

I’m so happy for him.(彼にとって本当によかったと思います)

仕事で成功した人などのために、喜んであげているという気持ちを表します。

I’m proud of her.(彼女を誇りに思います)

知人、友人、同郷のスポーツ選手などが活躍したときに、「よくやった!」という気持ちで使う表現です。

「悲しい」「かわいそう」ネガティブな表現

「ペットが死んで悲しい」「彼がかわいそう」など、悲しみや同情を表すための、よく使われる表現をお教えします。

自分に悲しいことがあったとき

I’m so sad.(すごく悲しい)

悲しいお知らせを聞いたとき、悪いことが起こって落ち込んでいるときなど、幅広く使えます。

It was terrible.(ひどかった)

つらい体験をしたとき、とてもひどいことがあったとき、too badでもよいのですが、terribleのほうが「ひどい」という感じがよく出ます。

I’m depressed.(落ち込んでるんです)

「嫌なことがあって立ち直れない」という気分のときに使います。

人に悲しいことがあったとき

I’m so sorry for him.(彼が本当に気の毒です)

つらいことがあった人に、面と向かってSo sorry.(お気の毒に)と言うこともできます。

I feel terrible for her.(彼女、本当に大変ですね)

知人や友人、ニュースで聞いた犠牲者などのために、自分がterrible(ひどい)と感じていると伝える表現です。

「なんとも言えない」とにごすための表現

「うれしいとも悲しいとも、なんとも言えない」「なんと言えばいいかわからない」ということも、よくありますよね。そんなときは、こういう表現を使えば大丈夫です。

自分の気持ちがはっきりしない

I’m not sure.(わかりません)

「いいとも悪いともなんとも言えない」というときに使う、「確かではない」という意味の表現です。

I don’t know what to say.(なんと言えばいいかわかりません)

はっきり言わずに言葉をにごしたい場合と、「ショックのあまり言葉が見つからない」という場合に使えます。

状況がはっきりしない

I have no idea.(わかりません)

「なぜそういうことが起こったのかわからない」「自分には意見の言いようがない」というときに使います。

I’d rather not say.(言わないでおきます)

「言うとヒンシュク買いそう」「間違っていそうだからやめておこう」といったときに使えます。rather not~は「むしろ~しない」という慣用句です。

オンライン英会話のレアジョブでは、先生と1対1でやりとりしながら、会話を楽しむことができます。何かいいことがあったときは、I’m so happy for you.(本当によかったですね)と、先生が一緒に喜んでくれるかもしれません。

または先生の国で事故や災害などがあったときは、I’m so sorry for you.(本当にお気の毒です)と、お悔やみの言葉を贈ってあげましょう。こういった生きた会話を練習することができるのも、オンライン英会話の大きなメリットの一つです。

レアジョブ英会話
https://www.rarejob.com/lesson/material/

まとめ

日本語では普段あまり「うれしい」「悲しい」という言葉を口にすることがないので、I’m so happy!(すごくうれしい!)といった表現を言うのが、ちょっと照れくさく感じるかもしれません。でも、英語圏では大人から子どもまで、気持ちを表すフレーズをよく使っています。

日頃から、いいことや悲しいことがあったときに、頭の中で“I’m so happy!”(すごくうれしい!)、“I’m so sad. ”(すごく悲しい)とつぶやいてみましょう。いざ言おうと思ったときに、口からスッと出てくるようになりますよ。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。