英語は英語で学ぶ方がいいの?メリット・デメリットを解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語は英語で学んだ方がいい! という意見をよく聞きます。英語に触れれば触れるほどできるようになるというのは説得力があります。一方で、やっぱり日本語の方がいいかも、と思っている方も多い印象です。今回は、英語を今から学ぶ方向けに、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。          

英語は英語で学ぶべき?

結論から言えば、英語を英語で学ぶか、日本語で学ぶかはなかなか複雑な問題です。先生によっても意見が分かれます。まずは、英語で学ぶことのメリットを見ていきましょう。

英語を英語で学べば、日本語の影響を受けにくい

日本語で書かれた教材で勉強をすると、知らず知らずのうちに日本語の方に考え方が引き寄せられてしまいます。例えば、関係代名詞の使い方について勉強するとします。

I saw a boy who was swimming in the pool.

私はプールで泳いでいる少年を見かけた。

日本語で説明するとすれば、「主語の私が目的語の少年を見た。whoが入ると『○○するところの』という意味になるので、『少年-泳いでいるところの』だとわかる」という感じでしょうか。

これで理解できる方はいいのですが、実際にはもっと感覚的に覚えてしまった方がいいという方もいるでしょう。「whoやthatの後は説明だ」とイメージできたら、後は英語のインプットを増やしたほうがわかりやすい方も多いはず。日本語で英語を学ぶと、「日本語の説明文ばかり読んでしまって、感覚的な習得が出来づらい」のです。

英語を英語で学ぶ=インプット量が何倍にもアップ

言語習得のためには、大量のインプットが欠かせません。ですが、日本語の教材を使うと、どうしても日本語部分の方が多くなってしまいます。

英語を勉強しようと思っていたのに、日本語ばかり読んでいては本末転倒です。だからこそ、初めからオールイングリッシュでやった方がいいという意見には説得力があります。日本で生活していて、どうしてもインプットの足りない私たちです。せめて勉強の時くらいは「英語漬け」になるべきでしょう。

英語を英語で学べば、英語らしい教え方(=話し方)が身につく

英語で書かれた教材では、説明文を読むこと自体が英語の勉強になります。「英語ではこうやってものを説明するんだ」というインプットができるのです。

英会話スクール選びでもおなじです。英語で授業を受ければ、「英語で伝える話し方」をインプットできます。「I mean…(私が言いたいのは)」「then…(じゃあこれから)」など、会話の中でよく使われるのに、日本語の発想では出てきにくいフレーズにも触れられます。

英語で学ぶメリットはインプットの質・量です。

英語を英語で学ぶと抜けてしまうものとは

英語で学ぶことにはデメリットがあるのでしょうか。英語で学ぶと、理解度に差がついてしまうこともあるかもしれません。日本語で作られた教材や教育法の方が、日本人のために最適化されているからです。

初心者は英語ではなく日本語で学ぶべき?

特に初心者の方は要注意です。発音でも文法でも、英語で書かれた教材はむずかしいからです。

例えば、「He is running.」の形について考えてみましょう。日本語では、「現在進行形」と呼ばれています。名前を見ただけで、「ああ、今起こっていることなんだ」と納得できます。男性が走っている姿が想像できますね。

英語ではpresent progressiveという名前で紹介されます。present progressiveの作り方は、be verb + present participleです。まずverbをpresent participle (V-ing)に変形して、それにV-verbを接続して……。この説明で「やってやろう!」と思える方ならぜひ英語で書かれた教材にトライしてください。ですが、多くの方は頭がこんがらがってしまうと思います。

日本人向けの「教育文法」は日本語で提供されている

語学教育の世界には、教育文法という考え方があります。ある言語を母国語にしている人のために作られた文法という意味です。発音などでも同じようなものがあります。

ingの説明をもう一度使います。英語でHe is running. は「彼は走っている」です。ing形=「○○している」でしょうか? いえ、「彼は毎日走っている」ならHe is running every dayではなく、He runs every day. になります。「ing形」=「○○している」ではありません。このingのまちがいは、日本人がやりがちです。日本人向けの参考書ならまずしっかりと説明があります。

それに対して、英語で書かれた教材は、たいてい世界のどこでも通用するようにできています。言いかえると、日本人のためだけの教材ではないのです。日本人がつまずきやすいポイントに的を絞ったよい教材は、ほとんどが日本語で書かれています。日本語のものは使わない! と決めつけてしまうと、せっかくの武器が無駄になってしまうかもしれません。

結局英語は英語で学ぶべき?

結局のところ、英語は英語で学ぶべきでしょうか? 日本語で学ぶべきでしょうか? とても複雑な問題なので、「これだ!」という回答はありません。メリット・デメリットをふまえて、私の意見をご紹介します。

基礎は日本語で学んだ方が無難

まだ英語ができないうちからオールイングリッシュにするのは避けた方がいいと私は思っています。

文法のニュアンスなどは英語で理解するのがむずかしいですし、発音のための口の使い方も外国語で説明するのは大変です。初心者の間は、日本語で「文法」「発音」「単語」の基礎を身につけるのが先決です。

中級以降はむしろ日本語は捨てる?

文法の本を一冊読んで、発音も大体できるようになったら、作戦変更です。インプットを増やしに行きます。日本語の教材はほどほどにして、英語の多聴・多読をするのです。しっかりした基礎があれば、そこにインプットを付け足すことで英語力は伸びていきます。オンライン英会話ももちろん効果的です。コミュニケーションを通じた学習は定着の仕方が違います。

日本語で書かれた参考書ばかり読んでいるとインプットが減ってしまいますから、まずは横に置いておきましょう。

「日本語で基礎固め」→「英語で徹底的なインプット」が英語習得の最短コースだと私自身は考えています。

まとめ

英語を英語で学ぶべきかどうかはとても複雑な問題です。「むずかしい文法用語を英語で学ぶのが楽しい」という方もお会いしたことがありますし、「英語でインプットし続けるのはしんどい」という方もいます。自分にあった勉強スタイルが結局は近道です。ですが、よい勉強法を見つけるためにもメリット・デメリットを知っておくに越したことはありません。

最適な勉強法を見つけて、一気に学習を進めましょう!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する