「バズる」は英語でもそのままbuzz?使えるカタカナ英語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、ネット上で何かが話題になることを「バズる」と言うようです。英語のbuzzをそのままカタカナにして使っているものですが、果たして英語のbuzzはそのまま「バズる」と同じ意味で使えるのでしょうか?流行のカタカナ語と、本来の英語の意味を比べてみましょう。

そのままでも通用しそうなインターネット関連のカタカナ英語

日々新しいカタカナ語が生まれている、インターネットの世界。パッと見るとそのまま使えそうな気がするのですが、ネイティブは違う意味で使っている可能性もあります。正しい意味とその使い方を見ていきましょう。

「バズる」と「buzz」

バズる:話題になる
buzz:(ハチなどが)ぶんぶん飛ぶ、忙しく動き回る、活気がある

かなり近いニュアンスはありますが、「〇〇はバズってる」を… is buzzingということはできません。make a buzz(忙しく飛び交っている=話題になる)を使うと、日本語の「バスる」を表現できます。

例:The video is making a buzz on the internet.
(その動画はネットでバズってる)

「バイラル」とviral

バイラル:口コミで広がること
viral:ウィルス性の

viralだけだと「ウィルス性の」という形容詞ですが、go viralとすると、「口コミで広がる」という「バイラル」と同じ意味で使うことができます。

例:The photo will go viral.
(その写真はバイラルするだろう)

※go viralは日本語の「バズる」に近いと言えます。

「インフルエンサー」とinfluencer

インフルエンサー:ネット上で影響力が大きい人
influencer:社会的に影響力の大きい人。発音は「インフルエンサー」と最初の「イ」を強く言う。

英語では、ネットに限らず「影響力の高い人」を指します。

例:He was a political influencer.
(彼は政治的に影響力の高い人物だった)

「トレンド入り」とin trend

トレンド入り:基本的にTwitterの「トレンド」に入ること。一般に「話題になる」「注目を集める」という意味で使われることもあります。
in trend:流行の、オシャレな

in trendは日本語の「トレンド入り」と同じような意味で使うこともできますが、「オシャレな」「流行に合った」というニュアンスがあり、ファッション関係で使われることが多いようです。Twitterの「トレンド入り」を表すには、trendを動詞として使うのがいいでしょう。

例:What is trending on Twitter?
(ツイッターで何がトレンド入りしてる?)

仕事で使うときは要注意!ビジネス関連のカタカナ英語

「今度のプレゼンにはエビデンスが必要だ」など、仕事の現場で新しいカタカナ語を使う人が増えているようです。でも、そのまま英語として使うと、微妙に意味がずれてきてしまうことも。ビジネスでよく使われる新しいカタカナ語と、英語での意味をチェックしておきましょう。

「エビデンス」とevidence

エビデンス:裏付けとなる書類やデータなど
evidence:証拠、証言、根拠

基本的に同じ意味だとも言えますが、英語の場合は犯罪の証拠や裁判の証言などにも使われます。自分が仕事で使う場合はそのままevidenceで大丈夫、人から聞いた場合には、意味合いに注意するようにしてください。

例:Please prepare the evidence.
(エビデンスを用意してください)

※仕事の書類やデータのほか、犯罪の証拠・証言などを表す場合もあります。

「クラスター」とcluster

クラスター:集団
cluster:房、集団、星団

同じ意味でも使えますが、clusterは元々「小さいものが集まった状態」を指すので、a cluster of grapes(ブドウの房)のような使い方もします。また、複数の企業が協力し合うグループをbusiness cluster(ビジネス集団)と呼ぶことがあります。

例:They have formed a business cluster.
(彼らはビジネス集団を形成した)

「コンピテンシー」とcompetency

コンピテンシー:優れた成果を出す人の行動特性
competency:能力、適性

「コンピテンシー」はもっぱら優秀な人の能力を指すようですが、英語のcompetencyは一般的な「能力」も指します。

例:It’s beyond my competency.
(それは私の能力を超えています)

「レジリエンス」とresilience

レジリエンス:人の回復力、弾力性
resilience:弾力、回復力

困難な状況に陥ってもそれを跳ね返す力がある人を「レジリエンスが高い」と言ったりするようですが、英語のresilienceは元々ボールなどの「弾力」のこと。それが転じて、人だけでなくモノの「回復力」という意味でも使われます。

例:The cream improves skin’s resilience.
(そのクリームは肌の弾力性を回復させます)

オンライン英会話レアジョブのレッスンは、先生と1対1で会話をする練習の場。覚えたての表現などを実際に使ってみる、絶好の機会です。

例えばI’m gathering evidence for my presentation.(プレゼンのエビデンスを集めているんです)というと、Oh, you need proof for your ideas.(ああ、アイデアを証明するものがいるんですね)といったように、同じような意味の別の言い方を教えてくれるかもしれません。

また、英語圏で普段使われているのと違う意味で使っているようであれば、正しい言い方を教えてくれます。仕事で覚えたカタカタ語も、そうやって試しているうちに、いつしか正しく使える英語になっていきます。ぜひ実践の機会を重ねるようにしてください。

まとめ

インフルエンサー(ネット上で影響力が大きい人)とinfluencer(社会的に影響力の大きい人)、コンピテンシー(優れた成果を出す人の行動特性)とcompetency(能力、適性)のように、カタカナ英語では元の英語の意味を狭めて使う傾向があるようです。新しいカタカナ語に遭遇したら、辞書を引いて英語の意味を調べ、どのような例文があるか見てみるようにしましょう。英語ではどのような場面で使われているかがわかり、カタカナ語と英語をうまく使い分けられるようになるはずです。

\1レッスン129円~毎日受けられるオンライン英会話/
英会話を話せるようになりたいなら、英語を話す環境を作り出す必要がありますよね。レアジョブの「日常会話コース」では、25分のマンツーマンレッスンが毎日受けられて1回129円~。厳しい審査のもと採用された優秀な講師陣があなたの英会話学習をサポートしていきます。
レアジョブ英会話をチェックする

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。