あなたのその病気「ill」それとも「disease」?「病気」を表わす英語表現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「病気にかかる」「病気で休む」など、日常の中で「病気」の話をすることはよくあるものです。そんな時、日本語では「病気」と一言で表現できても、英語ではいくつかの表現があり、使い分ける必要があります。今回はそんな「病気」にまつわる英単語や英語表現をご紹介したいと思います。

病気を表わす英語「sick」「ill」「disease」を使い分けよう

病気と聞いて皆さんが真っ先に思い浮かぶ英単語は何でしょうか。「sick」「ill」「disease」などの単語が思い浮かぶという方が多いのではないでしょうか。しかしこれらの単語を使い分けとなるとあまり自信がないというお声もよく耳にします。まずはこれらの「病気」を表す英単語の使い分け方からご紹介したいと思います。

sick:「体調が悪い」

・I felt sick.
(私は体調が悪かった。)
・He was sick in bed.
(彼は病気で寝ていた。)
・I got sick from food poisoning.
(食中毒で気持ち悪くなった。)

sickはアメリカ英語で風邪や病気を表すもっとも一般的な単語です。どちらかというと軽い病気や一時的な病気の場合に使われます。3つ目の例文のように、吐き気を伴う場合に使うことも多く、「車酔い(carsick)」「船酔い(seasick)」と表現されます。

また、「I am sick」は「精神的に病んでいる」という意味でも使われます。精神的な病気か、風邪などの病気かは、その時の文脈で判断します。

「sick」の名詞形は「sickness」で、例えば「morning sickness(つわり)」などの単語でも使われます。なお、例文の「be sick in bed」は「病気で寝ている」、「food poisoning」は「食中毒」という意味ですよ。

ill:「重病の」

・He is critically ill.
(彼は重病です。)
・It is not a serious illness.
(さほどの病気ではない。)

「ill」は、アメリカでは「sick」に比べ、心臓病や白血病など入院を伴う「重い病気」を指すことが多いです。ただしイギリスでは「ill」を「軽い病気」や「吐き気」の意味で使うため、注意しましょう。

「ill」の名詞形は「illness(病気)」で、重病であることを強調するために「critically」や「serious」などの単語を伴って「critically ill(重症の)」「serious illness(大病)」と表現されることも多いですよ。

disease:ダイレクトな病名を示す「〜病」

・It is called Alzheimer disease.
(それはアルツハイマー病と呼ばれています。)
・Fruits and vegetables can help prevent heart disease.
(フルーツや野菜は心臓病の予防になる)
・A cataract is an eye disease.
(白内障は目の病気です。)

「disease」は「皮膚病(skin disease)」や「心臓病(heart disease)」のように、身体の器官がうまく機能しない、病名がある病気を表現する際によく使われます。ですので、お医者さんが診断をする際など、医学的な表現でよく耳にする単語です。ちなみに例文の「help prevent〜」で「〜を防ぐのに役立つ」という意味、「Alzheimer」は「アルツハイマー」、「cataract」は「白内障」という意味ですよ。

その他の体調不良を表す表現

これまでは「病気」を表す英単語をご紹介してきましたが、ここからは特に体調不良を訴える際によく使われる表現をご紹介したいと思います。覚えるとすぐに使える便利な表現ばかりですのでぜひマスターしてくださいね。

in a bad condition:体がだるい

I am in a bad condition, so I will take a day off.
(今日は体調が悪いので休みを取る。)

「condition」は「状態」の意味。「bad condition」は直訳すると「悪い状態」で、「be in a bad condition」で「身体がだるい」「体調がわるい」という意味になります。ちなみに「take a day off」は「休みをとる」という便利なフレーズですのでそのまま覚えましょう。

Under the weather:体調不良の

I have been under the weather for a few days.
(ここ数日、体調不良です。)

体調不良なのに「weather」が出てくるのは面白いですよね。もともとは「暴風雨のために船酔いをする」というのが語源だそう。疲れやストレスなど理由はわからないけれど体がしゃっきりせず、体調不良である場合につかいます。「be動詞」や「feel」をともなって、「be under the weather」や「feel under the weather」と表現しますよ。

Not feeling well:具合がよくない

I’m not feeling well, so I will stay home all day.
(具合がよくないので今日1日家にいるわ。)

職場や学校で、「なんだか具合がわるくなった」という場合によく使われる表現です。身体のだるさやめまい、吐き気、頭痛などの急におきた軽い症状の時によく用いられる表現です。映画や海外ドラマなどでもよく耳にする表現ですのでぜひ覚えておいてください。

病気にまつわる基本表現

最後に、「病気にかかる」や「病気を治す」など病気にまつわる基本表現をご紹介します。日常会話でよく使うフレーズばかりですので、ぜひ例文をそのまま覚えてくださいね。

(軽い)病気になる:get sick

Take this medicine in case you get sick.
(具合が悪くなったらこの薬を飲みなさい。)

風邪などで体調を崩して軽い病気になる場合は、「get sick」という表現が一般的です。重病にかかる時にはあまり使わないので注意しましょう。ちなみに「in case〜」は「もし〜なら」という意味の接続詞です。

(重い)病気にかかる:become ill

My aunt became ill and has been hospitalized.
(おばは病気にかかり、入院している。)

アメリカ英語では、ガンや心臓病など、シリアスな大病を患った際には、「become ill」で「病気になる」を表現します。ちなみに「be hospitalized」は「入院する」という意味です。

病気が治る:get over

I got over the flu.
(インフルエンザが治った。)

「get over」は「克服する」という意味があり、「病気を克服する=病気が治る」と表現することができます。完全に治っていないけれど、だんだんよくなっている、という場合には、「I am getting over it.(治ってきてるよ)」という様にも表現できますよ。ちなみに「the flu」は「インフルエンザ」の意味。

病気を治す:cure

・He took some medicine to cure his stomachache.
(彼は胃の痛みを治すために薬を飲んだ。)
・The doctor cured him of rheumatism.
(医者は彼のリウマチを治してくれた。)

「(医者や薬など)が病気を治す」というときは「cure」という単語が使えます。「cure 人of 〜」で「人の〜を治す」という意味です。同じ「治す」に「heal」がありますが、こちらは「傷などを治す」という際によく使われます。ちなみに「stomachache」は「胃痛」という意味、「rheumatism」は「リウマチ」です。

病気をぶり返す:sick again

I feel sick again.
(病気をぶり返したみたい。)

例えばガンなどが再発するといった場合には、「relapse(再発)」といい表現を使って「He had a relapse of cancer.(彼のガンが再発してしまった)」というように表現しますが、風邪や軽い病気をぶり返したと表現する際には、単純に「sick again(病気をぶり返す)」、または「catch a cold again(風邪をぶり返す)」と表現できます。

また「My cold has returned.(風邪をぶり返した)」というように「return(戻る)」という単語を使っても表現できますよ。

まとめ

病気というのはいざかかってしまうとすぐに状況を報告しなければならないこともあり、英会話にとって大切な表現ですよね。今回はその基本的な単語の違いやよく使われるフレーズをご紹介いたしました。特にdiseaseとsick、illの3語が持つ単語の意味合いの違いはぜひマスターしていただき、誤解のないコミュニケーションに役立てていただければと思います。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。