「趣味は英語」な人が増加中!英語の勉強をするだけで人生にハリを与えるテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「趣味は英語です」と言うのを聞くと、「好きなことをして英語が話せるようになるなんて、うらやましいな」と思いませんか?実は、毎日一生懸命勉強しなくても、できることに少しずつ取り組むだけで、十分「英語が趣味」になるのです。日々の生活の中に、上手に英語を取り入れる方法を紹介しましょう。

英語を趣味にすると、どんなメリットがある?

「学校では英語では得意ではなかった」「学校を出てから、英語をちゃんと勉強したことがない」という人は結構多いようです。でも、そんな人こそ、「英語を趣味」にすることができる可能性があるのです。その理由をいくつかお教えします。

コンプレックスが解消される

「学校では文法が苦手だったんです。でも、大人になってから基本的な英語の文法の本を見直してみたら、『ああ、こんな簡単なことがわかっていなかったのか』と気づき、文法の問題を解くのが楽しくなりました」という人がいます。

学校では、テストでいい点を取るため、試験に合格するために必死で勉強するので、「できないこと」がとても気になります。でも大人になって「覚えられるところだけ覚えればいい」と気持ちに余裕を持って英語の本を見ると、意外に「わかること」が多いことに気づきます。1日2、3問でも英語の問題を解いて、1問でも正解すると、「できた!」という快感が得られます。そうやって少しずつ、「自分は英語が苦手」という意識が解消されていくのです。

生活にリズムが生まれる

「子どものころにラジオ英会話を聞いていたことを思い出し、また何となく聞き始めたんです。着替えをしたり朝食を取ったりしながら聞いていたら、朝ラジオ英会話を聞かないと、1日が始まらないような気がしてきました」という人がいます。

ラジオ英会話は毎日同じ時間帯に同じ先生が講座を担当しているので、「いつもの時間」に「いつもの声」を聞くと、何となく安心します。英語は「習慣化」することが大切なので、そうやって毎日聞いている表現がいつの間にか頭の中にインプットされ、いざ自分が英語で話そうとしたとき、「そういえばラジオ英会話で〇〇先生がこう言っていたな」と、ふっと思い出すようになります。

毎晩テレビの語学番組を見たり、1日1回オンライン英会話レッスンを受けるといったことでもいいでしょう。1日の決まった時間帯に英語に触れることで、日々の生活にリズムを作り出してください。

自分の世界が広がり、人生にハリが出る

街中で外国人に英語で道を教えてあげている人を見て、「いいな、カッコいいな」と思ったことはないでしょうか。実は、道を教えてあげること自体はそれほど難しいことではないので、英語を趣味にすることで、自分がその「カッコいい」人になることができます。「Have a nice trip!(よい旅を!)」なんて一言付け加えられるようになると、ちゃんと会話をすることができた、という達成感が得られます。

また、インターネットでは英語で外国人と気軽にやりとりをすることができます。ステキな動画や記事を見つけたら「いいね!」を押すだけでなく、「Cool!(すごい!)」「Super!(サイコー!)」なんて、一言コメントを残してみましょう。フォロワー同士、英語でやりとりしたりして、グローバルなコミュニティの仲間入り。自分の世界が一気に広がり、同じことの繰り返しだと思っていた人生にハリが出てくるはずです。

英語を趣味にするために始めてほしいこと

「英語を趣味にしよう!」と問題集をたくさん買い込んできたりすると、あっという間に挫折することになりかねません。できること、やりたいことから少しずつ始めるようにしましょう。

文法や中学英語をやり直してみる

いきなり英語をやり直そうとしても、まだ知らないこと、忘れていることがたくさんあるはずです。大人向けに作られている文法や中学英語やり直しの本を1冊買ってみて、1日1項目ずつといったように取り組んでみましょう。「あ、これ知ってる!」という発見を繰り返すことが、やる気の維持につながります。

おススメ教材:
ハートで感じる英文法 決定版
大西泰斗、ポール・マクベイ著 NHK出版
NHKラジオ英会話でおなじみ、大西泰斗先生の本。英文法をネイティブの視点で理解することができます。

英語で手帳をつけてみる

英語で日記をつけるのがいい、とよく言いますが、日記だと少々ハードルが高いかもしれず、まずは手帳をつけてみることをおススメします。仕事や友人との約束を英語で書いておくほか、「It was a busy day!(忙しい1日だった!)」といったように、ちょっとした感想を英語でメモしておくといいでしょう。

「好きなこと×英語」で効果アップ!

映画が好きな人は、英語の作品をできるだけ定期的に見るようにしましょう。できればDVDを利用して、日本語字幕なしで見るようにしてください。「恋愛もの」「ミステリー」など、同じテーマの作品を続けて見るところがポイント。「このフレーズ、前にも聞いたことあるな」と気がつくようになります。

音楽が好きな人は、洋楽の歌詞が書かれたものを見ながら、じっくりと歌に耳を傾けます。スポーツ観戦に興味がある人は、試合中継を英語で聞くようにしましょう。そして、インターネットで好きな俳優や歌手、スポーツ選手のインタビューを読み、SNSで共通の好みを持つファンを探します。そうやって自分の趣味を「英語」で実践しているうちに、いつしか普段の生活が英語漬けに。「勉強している」という実感なしに、英語力を伸ばすことができるのです。

オンライン英会話レッスンで会話を楽しむ

オンライン英会話レッスンの魅力は、講師の先生と1対1でお話しできること。「I had a great weekend.(すごくいい週末だった)」など、自分の近況を気軽に英語で話してみましょう。レッスンなのですから、間違えたり言い直したりしても大丈夫。気が合うなじみの先生を見つければ、いつしかレッスンすることそのものが「趣味」になるはずです。

オンライン英会話レッスンのレアジョブには、さまざまなバックグラウンドを持つ6,000人以上の先生がいます。教材は4,500以上そろっていて、映画、音楽、スポーツのほか、料理、旅行、買い物など、自分の興味に合ったテーマについて、同じ趣味を持つ先生と一緒にじっくり話すことができます。レッスンを続けるうちに海外の事情に詳しくなり、英語とそれ以外の趣味を、同時にきわめることができるかもしれません。

まとめ

大人になって社会に出ると、あいにく「どんどん新しい知識を吸収する」「次々と新しい出会いがある」という機会は、あまりありません。ところが英語を趣味にすると、これが一気に可能になるのです。

勉強しながら新しい言葉を覚える、外国人観光客を相手にするときや海外旅行でそれを使ってみる、インターネットで次々と新しい人に出会う、人との出会いでさらに自分の知識が増え、より広い世界が広がる…。英語を趣味にしている人は、語学そのものに興味があるというより、こういう刺激ある毎日を送ることに意義を感じているようです。

「趣味は英語です」と胸を張って言えるよう、今日から少しずつ始めてみてください!

●1回129円から、毎日続けられるレアジョブ英会話
レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。登録をすると、体験レッスン2回+カウンセリングが無料となります。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。