oneは「1つ」じゃない?英語の代名詞の使い方を押さえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“I got one.”と言われたら、普通は「1つ取った」だと思いますよね。でもこれは、実は「それを取った」(=それ、あります)という意味なのです。oneはこのように、「1つ」というだけでなく「それ」という意味の代名詞になることがあります。同じように使われるsomeやanyとともに、思いがけない代名詞の使い方を見ていきましょう。

oneは不特定の「それ」

会話の中で実はいろいろな意味で使われているone。「1」「1つ」というわけではないのは、例えばこういう場合です。

「(どれか)それ」のone

I’ll have one.(それください)

レストランなどでの注文の仕方。例えばWould you like coffee?(コーヒーいかがですか?)と聞かれたら、Yes, I’ll have one.(ええ、それください)と答えます。特定の1つのカップに入った特定のコーヒーではなく、「どれかコーヒーください」といった意味です(ただし、oneは単数なので、実際に注文しているのは「1杯」)。

もし、店員さんがおいしそうなケーキを持ってきてWould you like this?(これいかがですか?)と差し出したら、答えはI’ll have it/that.(それください)となります。oneは「いろいろあるもののどれか」、itやthatは「その特定のもの」を指します。

形容詞+one

I’d like a blue one.(青いやつください)

いろいろな色がある中で、「青いの」と言いたいときは、blue oneと「形容詞+one」を使います。「1つ」ならa blue oneとaをつけます。

onesと複数になる

These ones are nice.(これらはいいですね)

oneを「それら」と複数にしたいときは、onesを使います。

someは「いくらか」、anyは「何か」になる

someは「いくらかの」、anyは「何かの」で、数えられない名詞の前につく、と学校で習ったのではないでしょうか。「数えられない」というのは確かですか、実は、名詞と一緒ではなく単独で使うことがあります。

数えられない「いくらか」のsome

Would you like some?(いくらか、いかがですか?)

お菓子をたくさん持っていて、「(ちょっと)どうですか?」と言うつもりで差し出したりするときに使うフレーズ。「(お菓子のうちの)いくらか」を指す代名詞で、someの後にcookiesとかcakesといった語を入れなくても大丈夫です。

「~な人もいる」のsome

Some will like it.(好きな人もいるでしょう)

someは「不特定の何人かの人」を指すことができます。someの後にpeopleが省略されているというわけではなく、someだけで代名詞です。

「どれも~ない」のany

I don’t know any. (どれも知らない)

いろいろなことを聞かされて、その「どれも、何も」と言いたいときにanyが使えます。anyだけで代名詞です。

「何か」のany

Is there any left?(何か残ってる?)

「何か」と尋ねるときのany。leftは(残って)と後ろからanyを修飾しています。

会話例)

A: Would you like orange juice?
(オレンジジュースはいかがですか?)
B: Thank you. I’ll have one.
(ありがとう。それください)
C: I’d like something else. Is there any left?
(私は他のがいいです。何か残ってますか?)
A: We have mango juice. Would you like some?
(マンゴージュースがあります。いくらか、いかがですか?)

不定代名詞のeach、all、other

このone、some、anyのように、特定の「それ」(itやthatで指す)ではなく、漠然と、いくつかあるものの中の「それ」「いくらか」「何か」を指す語を、不定代名詞と呼びます。eachやall、otherなども不定代名詞として、後ろに名詞をつけずに使うことができます。

「~ずつ」のeach

I’ll take each of them.(それを一つずつください)

いろいろな種類がある中で、「1種類1つずつ」と言いたいときに使えます。

「すべてのこと」のall

All has been done.(すべて完了です)

このallは「すべてのこと、もの」という意味で、後ろにthingsなどをつけなくて大丈夫です。

「とりわけ、中でも」のamong others

He was the best among others.(中でも彼が一番だった)

otherは「他のもの、他の人」という意味になり、複数だとsがつきます。among othersは「他の人/ものの中では」で、「とりわけ、中でも」という意味で使います。

会話例)

A: Here are local crafts. All is handmade in good quality. The silk one is the best among others.
(これは地元の民芸品です。すべて手作りの良質なものです。中でもシルクのものが最高です)
B: I can’t decide. I’ll take each of them.
(決められません。それを1つずつください)

こういったoneやsome、anyの使い方は、普段の会話の中で何気なく登場します。オンライン英会話レアジョブのレッスンでも、先生からWhich one?(どれですか)Do you know any?(どれか知っていますか?)といった質問を受けることがあるかもしれません。文法を理解するには、理論を知るだけでなく、たくさんの用例に触れることが大切。自分でもThat one.(それです)I don’t know any.(どれも知りません)といった表現を使ってみて、不定代名詞を会話の中で使いこなせるようになりましょう。

まとめ

普段さまざまな英語の表現に触れていて、「このoneは、ひょっとして‟1つ”ではないのでは?」と、疑問に思うことはないでしょうか。そんなときは、辞書を引いたりレッスンで先生に質問したりして、その都度疑問を解決していくようにしましょう。このように文法をより深く理解することで、もっと多くの英語表現を、正確に使いこなせるようになりますよ。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する