英会話の独学、英単語から始めるのはNG?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「単語を知らないから話せない」「単語さえ覚えれば、もっとよく理解できる」と言う人がいます。それでは、英語が話せるようになるには、まず単語を覚えることから始めればよいのでしょうか?今回は、英会話を独学する上での学習の順番について考えてみましょう。

これをやっているから、英語が話せるようにならない!

英語のテキストを見ても、ニュースや映画を聞いていても、知らない単語がいっぱい。「やはり単語を覚えないと、英語が話せるようにならない?」と思っている人は多いと思います。でも、実は、日常会話に必要な語彙数は2,000~3,000語程度であるところ、日本人は、中学校・高校の教科書を終えた時点で3,000語近い単語を習っているのです(自分で単語帳などを買って覚えた人は、もっと身についています)。

ではなぜ、高校の英語を終えた今でも、英語が話せるようになっていないのでしょうか?

覚えても忘れてしまう

「習ってもすぐに忘れてしまうから、役に立たない」と思っている人は、ひょっとして単語帳などを使って、英単語とその意味を1対1で覚えようとしてきませんでしたか?それだと、単語だけを見てパッとその意味を答えるにはいいかもしれませんが、実際の会話の中で使われているときに、すぐに意味を理解することができないかもしれません。

ワンステップずつこなす必要はない

英語の学習をする際、「単語を覚える」⇒「文法を学ぶ」⇒「英語の文や文章を理解する」といったようにステップを踏まなければならない、と思ってはいませんか? でも、「英語の文や文章を読む」⇒「その中に出てくる文法や単語を学ぶ」といったように逆方向に学んでもよいし、単語・文法・読解をすべていっぺんに学ぶという方法もあるのです。

使っていないと身につかない

「ちゃんと単語を覚えて文法を理解し、きちんとした英語が言えるようになるまでは、英会話はできない」と考えている人がいるようです。それでは、いったいいつになったら英会話の練習ができるようになるのでしょうか。完璧に覚えてから始めるのではなく、「覚える」⇒「使う」⇒「失敗する」⇒「やり直す」の繰り返しが大事。このプロセスがないと、本当に使える英語を話せるようにはなりません。

英語を独学するために必要な学習メソッド

その昔、中学校の英語の教科書では最初のほうにThis is a pen.(これはペンです)、I have a book.(私は本を持っています)といった文が載っていました。でも今の教科書は、Hello, how are you?(こんにちは、お元気ですか?)というあいさつ表現から始まります。単語を覚えたり文法を学んだりする前に、まずは人と人とのコミュニケーションが大切であるということに、学校英語も気づいたようです。

それでは、大人の学習者が独学で英語学習を進めていくにはどのようなやり方があるのか、そのヒントをお伝えします。

「聞く」「話す」「読む」「書く」をいっぺんにやる

今、英語教育の世界では「4技能をまんべんなくこなす」ことが重視されていて、英検やGTECなどが「4技能試験」と呼ばれ、小中高大から大人まで、その対策に励んでいます。しかし、「今日は聞く練習、明日は話す練習」と、個別にやるのはあまり得策ではありません。

基本的に「聞く」⇒「話す」、「読む」⇒「書く」というように「インプット」⇒「アウトプット」の順で進めたほうがよいのですが、これを別々にやる必要はありません。「英語の会話を聞いて、それを口で言ってみる、さらに文字で読んで、内容を理解する。最後に聞いたことを書き取ってみる」といった作業を、連続して行うのが理想的です。文字を読むときに、わからない単語を調べたり、文法事項を確認したりしましょう。

最強学習法「音読」

書かれたものを声に出して読む「音読」は、「読む」「話す」「(お手本音声や自分の声を)聞く」という、「書く」以外の要素がすべて含まれた”最強”の学習法です。音読は脳の活性化に役立つということで、英語学習以外の分野でも盛んに進められてきました。

音読だけやっていればいいというわけではないのですが、毎日10分程度音読してみる、学習の合間にちょっと音読するといった習慣を持つことで、頭スッキリ、英語が総合的に身につくという効果が得られます。

オンライン英会話で英語を使ってみよう

一人で学習して身につけた表現を、やはり誰かを相手に使ってみたいですよね。でも、「間違えたらどうしよう」「失敗したらバカにされる」と思い、なかなか踏み出せない人がいるようです。

オンライン英会話のレッスンであれば、相手は生徒が間違えて当然と思っている講師ですから、安心して話をすることができます。「今のところはこういう言い方をしたほうがよい」「この表現を使ってください」といったように、間違いを直したりアドバイスをくれたりすることもあります。

なんとなく覚えた表現は次のときになったら忘れてしまっている可能性もありますが、失敗して講師に「こういう言い方をして」と指摘されると、それが記憶に残り、定着しやすくなります。つまり、英会話が上達するには、できるだけ「安心して失敗できる環境」の中で、何度も何度も失敗を繰り返していたほうがいいのです。

定番王道プランを実践してみよう

いろいろなことをいっぺんにやるのがいい、ということがわかっても、具体的にどのように学習するのがよいか、イメージしづらいかもしれません。ここに、1日の学習プランの典型的な例を挙げてみます。

AM7:00

朝起きたら、テレビやインターネットで英語ニュースを見る。

AM8:00

通勤電車の中で、テキストを見ながら英語の会話を聞く。

PM0:00

昼休みにテキストを音読してみる。

PM8:00

帰りの電車の中で、英語のFacebookやTwitterを読み、自分でも投稿してみる。

PM10:00

帰宅後、30分程度のオンライン英会話レッスン。開始時間前に、テキストに目を通しておく、終了後、その日覚えた単語を書き出しておく。

これらすべてを毎日必ず実践しなければならないというわけではなく、いくつか抜き出してやるということでもかまいません。FacebookやTwitterは自分で英語日記のようにしてもいいし、単語は「その日覚えた単語」として手帳に書いておいてもいいですね。そうやって書いたものがたまっていくと、大きな達成感が得られます。

基本の学習要素が詰まったレアジョブ英会話

レアジョブのレッスンでは、1回25分の中にキーフレーズを覚える、単語やその発音をチェックする、読む、話すというさまざまな要素が詰まっています。1回ごとのレッスンの内容をきちんと自分のものにしていくことで、着実に力がついていきます。外国人講師の励ましやアドバイスも、学習を続けるための大切なポイントになりますよ。

まとめ

「自分の学習法はこれでいいのかな?」「もっといいやり方があるのかもしれない」と、いろいろ考えてしまうことがありますよね。そんなときは、オンライン英会話のカウンセリングシステムなどを利用してみましょう。さらに、一定期間経ったら、何らかのテストを受けてみるようにしましょう。スコアがよければ上達が実感できるし、思うようなスコアが出なければ、これまでの学習法を振り返るきっかけになるはずです。

テキスト、オンライン英会話、カウンセリング、テストなど、さまざまなものの力を借りて、独学による英会話学習を成功させましょう。

英会話はなせるようになりたい人は…
オンライン英会話「レアジョブ」
無料体験はこちら »

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する