失敗談・成功例に学ぶ!オンライン英会話で挫折するひとしないひと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オンライン英会話を始めてみたけれど、結局挫折してしまった…」という声を聞くことがあります。果たしてどんなところでつまずいてしまったのでしょうか。逆に成功している人のヒケツとは?実際の失敗談・成功例を見ながら、オンライン英会話を上手に続ける方法を探ります。

挫折してしまう理由はこれだった!

オンライン英会話を継続して受講することができない理由は、人によってさまざまです。「時間が取れない」という物理的な問題もあれば、「モチベーションが失せた」という心理的な問題もあるでしょう。例えばどんなケースがあるのか、見ていってみましょう。

失敗談1:「忙しくて時間が取れない」(IT企業勤務 男性Aさん)

「仕事柄生活の時間が不規則で、英会話学校に通う時間が取れません。自宅でできるオンライン英会話であれば大丈夫、と思って始めてみたのですが、疲れて家に帰ってから、またパソコンやスマホの画面に向かってレッスンするなんて、とても無理。最初数カ月がんばってみたのですが、休むことが多くなって、結局断念しました…」

⇒解決策:レッスンを「気晴らし」にする!
「勉強」だと思うと、つらくなって避けてしまいがち。「気晴らし」のつもりでレッスンを受けると、画面に向かうのが苦ではなくなってきます。

失敗談2:「聞き取れないし、話せない。これじゃ無理」(学生 女性Yさん)

「英語を話した経験がほとんどなくて、英会話学校でほかの生徒たちの前で話すのが恥ずかしくて。マンツーマンのオンラインレッスンなら気にしなくて済むと思ったのですが、先生の言うことがわからないんです。話そうとしてもなかなか言葉が出てこなくて、数回やってみてからあきらめました」

⇒解決策:初心者の「壁」を突破する!
最初慣れるまでは、レッスンが一番つらいとき。英語に抵抗を感じるという「壁」を越えるまで、ちょっとの間我慢。この時期は英語が一番上達しやすい時期でもあり、続けていれば必ず聞き取れたり話せたりする日がやってきます。

失敗談3:「がんばり過ぎて、燃え尽きました…」(金融会社勤務 男性Mさん)

「絶対英語をモノにする!と心に誓い、毎日オンライン英会話のレッスンを受ける、スマホで英語のニュースを読む、週末にTOEICの問題集を解くといった、綿密な計画を立てたんです。でも、やっぱり大変過ぎました…。レッスンを1,2回休むと全部の予定が狂ってしまうような気がして、結局英語学習そのものをやめてしまいました」

⇒解決策:ラクにこなせる予定を立てる
自分にできる以上の計画を立ててしまうと、うまくいかなくなったときに心が折れてしまいます。ラクにこなせる予定を作り、日々達成感を得られるようにしましょう。

「私はコレで成功した!」続けられる人の共通点とは?

続けられない人がいる一方で、「毎日楽しく英語を勉強しています」「レッスンのおかげで英語が上達しました」という人がいます。成功をつかむためのコツとはどのようなものでしょうか。成功者の例からヒントを得ましょう。

成功例1:「気の合う先生に出会えました」(メーカー勤務 女性Kさん)

「講師と生徒には、やはり相性があると思うんです。年齢が近く、話も合う女性の講師に巡り合えてからは、できるだけその人のレッスンを予約するようにしています。英会話の勉強をするというより、おしゃべりを楽しむような感覚で、レッスンを予約した日は始まる時間が楽しみになります」

⇒成功のヒケツ:自分に合った講師が見つかるまでねばる
1人に絞ってしまうとスケジュールが合いにくいことがあるので、何人かお気に入りの先生を決めておくといいでしょう。

成功例2:「テキストを読んでおいたら、聞き取りがラクになりました」(学生 男性Sさん)

「最初、先生の言うことがほとんどわからかなったんです。これはまずいと思って、レッスン前にテキストを読んで知らない単語を調べておくようにしました。そうすると、レッスン本番でも焦ることが少なくなり、落ち着いて聞いていると、だんだん聞き取れることが増えてきました」

⇒成功のヒケツ:基本的な単語と文法はやり直しておく
レッスンに出てくるのは中学や高校で習ったことばかりのはずですが、久しぶりに見ると忘れていることも多々あるでしょう。ちょっとの復習ですぐに思い出しますよ。

成功例3:「休んでも気にしないことにしました」(広告代理店勤務 女性Aさん)

「1日1レッスンのコースにしたので、以前は毎日必ずやらないといけないような気がしていたのですが、やはりそれは無理があり、結局週に2,3回に落ち着きました。仕事で忙しいと1,2週間受けられないこともありますが、久しぶりに受けるとまた新鮮な感じがします。単語を忘れたりしていても気にしないことにしました。そうやってかれこれ1年続いています」

⇒成功のヒケツ:「なんとなく続ける」ことが大事
「〇カ月で英語が話せるようになろう」と無理に決めなくても、習い事の一つとして日々なんとなく続けていれば、次第に力が伸びてきます。

オンライン英会話は3カ月を超えるとラクになる!

オンライン英会話を始めたばかりのときは、「これで自分も英語が話せるようになる?」「でも、できなかったらどうしよう!」と、期待と不安が入り混じった状態で臨んでいることでしょう。期待が高すぎると「こんなはずじゃなかった」という挫折につながり、あまりにも気楽に考えすぎていると、「大変過ぎるからやめよう」ということになってしまうかもしれません。

あまりうまくいかないと感じても、とりあえず3カ月続けてみてください。3カ月継続すれば、外国人講師とインターネットを使って英語で話をするという状況に慣れ、自分が話すことに自信が持てるようになります。逆に、3カ月を過ぎてもどうもうまくいっていないと感じたら、オンライン英会話のカウンセリングを利用するなどして、自分の学習法を見直してみるといいでしょう。

長く続けるには無理をせず、気が付いたらなんとなく次のレッスンを予約していた、というくらいが理想的。そして英会話とは、コツコツと長く続けていれば、誰でも何かしらの成果が出せるようになるものなのです。

フレンドリーな講師とあたたかい雰囲気でレッスン、レアジョブ英会話

「日常英会話コース」は、1日1レッスンか毎月8レッスンを選択。業界最多の5,000人以上の講師が在籍し、性別や年齢、職業・専攻・趣味・発音等、さまざまな要素に基づいて検索することが可能です。「緊張がほぐれるあたたかい雰囲気の中でレッスンできる」と評判、フレンドリーな国民性で知られるフィリピン人講師とのレッスンが、きっと待ち遠しくなるはずです。

まとめ

「仕事で英語を使う必要がある」という高いモチベーションがあると、学習の継続につながりやすいはずですが、そうでない人も、「自分に合っている気がした」「レッスンが楽しみ」といった理由で続けることができたりします。

一人ではどうもやる気がわかないという人は、SNSで英語学習用のアカウントを作り、その日のレッスンの感想をアップするのもよいかもしれません。同じようにオンライン英会話レッスンを受けている人とつながり、お互いに励まし合うことができますよ。

英会話はなせるようになりたい人は…
オンライン英会話「レアジョブ」
無料体験はこちら »

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。