英語の「句動詞」っていわれてなにかわかる? pick you upなど英会話でよく使われる「句動詞」を見直そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pick it upという言い方を聞いたことがある人は多いと思います。pick upは「拾い上げる」という「句動詞」で、目的語itはpickとupの間に入ります。ほかにも、try on(試着する)、put off(延期する)など、「動詞+副詞」でセットになって使われる「句動詞」は、英語の会話の中でとてもよく使われます。その意味や使い方を、一緒に詳しく見ていきましょう。

英語の「句動詞」ってどんなもの?

普段何気なく使っているpick up(拾う)やtry on(試着する)。このupやonは、実は前置詞ではなく動詞と一緒に使う「副詞」です。どんな句動詞があり、どんな使い方をするのかをご紹介します。

「動詞+副詞」で一つの意味になる

pickだけだと「つまみ取る」「選ぶ」といった意味で、これにupがつくと、「拾い上げる」といった動作がイメージできるようになります。人に対して使うと、pick up a customerで「お客様を(車で)迎えに行く」という意味になります。人を「拾い上げる」わけですね。

「動詞+副詞+前置詞」のものがある

句動詞は2語とは限らず、catch up with(~に追いつく)、put up with~(~に耐える)のように、「動詞+副詞+前置詞」と3語になるものがあります。

目的語がつくものとつかないものがある

句動詞は「動詞+副詞」で1つの動詞のようになります。動詞に目的語がつく「他動詞」とつかない「自動詞」があるように、句動詞にも目的語がつくものとつかないものがあります。

目的語がつく(=他動詞)

pick up a customer(お客様を迎えに行く)
try on a jacket(上着を試着する)
put off the meeting(会議を延期する)

目的語がつかない(=自動詞)

Go on. (続けて)
She stands out. (彼女は目立っている)
It broke down. (壊れた)

こちらも参考にしてください)
英語学習ででてくる「自動詞」と「他動詞」の違いってわかる?うまく見分けるためのコツ

目的語が代名詞のときは、間に入る

pick up a customerのように、普通は「動詞+副詞」のあとに目的語a customerがつきますが、これが代名詞you、it、thatなどになると、動詞と副詞の間に代名詞が入ります。

pick you up(あなたを迎えに行く)

try it on(それを試着する)

put that off(それを延期する)

ここで気をつけてほしいのが、発音です。pick you upはckとyouがくっついて「ピキュー」に、try it onはitとonがくっついて「トライトン」のように聞こえます。これが、会話の中で句動詞をわかりにくいものにする、大きな原因となっています。

なお、catch up withのように3語のものは、代名詞は間に入らず、常にcatch up with itのように後ろにつきます。

英語の句動詞を実際に使ってみよう

それでは、句動詞の具体的な使い方を見ていきます。以下の文を、句動詞を使って英語にして、声に出して読んでみましょう。

「見送る」のsee off

彼女を駅で見送った。

* [see off / her]を使う

I saw her off at the station.

<発音>saw her offのhが弱くなり、「ソーアーオフ」のように聞こえます。

「実行する」のcarry out

それを実行してください。

*[carry out / it]を使う

Please carry it out.

<発音>it out のtとouがくっついて、「キャリータウト」のように聞こえます。

「中止する」のcall off

彼はそれを中止した。

*[call off / it]を使う

He called it off.

<発音>called itのedとi、it offのtとoffがくっついて、「コールディトフ」のように聞こえます。

「追いつく」のcatch up with

みんなに追いつきたい。*[catch up with / everyone]を使う

I want to catch up with everyone.

<発音>catchのchとupのuがくっついて、「キャッチャップ」のように聞こえます。

会話例
A: I’m going to pick up a customer tomorrow morning.
(明日の朝、お客様を迎えに行きます)
B: Are you? We’ll have a meeting at 9 a.m.
(そうなんですか?午前9時に会議がありますよ)
A: Oh, I though the boss put it off.
(ああ、上司が延期したと思いました)
B: No, he didn’t.
(いえ、してないんです)
A: Well, I’ll catch up with it later.
(じゃあ、後で<会議の中身に>追いつくようにしますよ)

日本人学習者がどうも苦手とする句動詞、実は会話の中で非常によく使われます。オンライン英会話レアジョブのレッスンの中でも、先生がCan you catch up with it?(追いつけますか?=理解できますか?)のように聞いてきて、「エッ、キャッチャップって何?」と思ってしまうことがあるかもしれません。

そんなときは、Can you write it down?(書いてもらえますか?)と言って文字にしてもらい、一緒に意味も確認しましょう。普段の会話では、「今何ていったの?」と聞き返すのはなかなか難しいものですが、レッスンであれば大丈夫。わからないこと、聞き取れないことを、確実になくしていきましょう。

まとめ

look at~(~を見る)のように「動詞+前置詞」で「句動詞」とされることもありますが、これは「look(見る)+at~(~を)」と考えれば、すぐに意味が理解できますね。問題は、put off(延期する)、stand out(目立つ)のように、「動詞+副詞」で決まった意味になるケース。レッスンやインターネットの動画などでさまざまな例にふれながら、意味とその発音を、同時に身につけるようにしてください。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する