マーカーと赤ペンが決め手!英文の速読法<実例付>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を読むときに、1行目から一つひとつの単語を追って、わからない単語の辞書を引くという方法を取っていませんか?それではひどく時間がかかってしまい、なかなかたくさんの文章を読むことができません。インターネットのニュースやブログなどをさっと読んで大意をつかむために、私自身が普段実践している方法をお教えします。

英文を読むときの心得を知っておこう

できるだけ短い時間の間にたくさんの英語を読むために、いくつか知っておくと便利なことがあります。最初に心構えを押さえておきましょう。

1)大事な表現を拾い出す

普段日本語の記事を読むときに、文章全体をパッと見て、どんなことが書かれているかだいたい理解しようとするのではないでしょうか。英語でも、それと同じことを行います。単語をざっと見ていって、「これには大事な意味がありそうだ」という語を拾い出していきます。速読のスキルでは、これをskimming(スキミング。skimは「すくい取る」)と呼んでいます。

2)具体的に説明している表現を抜き出す

スキミングをすると、「これはエクササイズについて書いてあるものだな」といったように、大まかな文章のテーマが見えてきます。最初に拾い出した表現を基に、そのテーマを具体的に説明している語を抜き出していきます。これをscanning(スキャニング。scanは「すばやく精査する」)といい、副詞や前置詞などは無視して、動詞や名詞に注目するところがポイントです。

3)表現の塊を整理する

スキャニングとスキミングによって、何について書かれた文章であるかということが、具体的にわかってきます。さらに詳しく読むには、「表現の塊」を見つけることが大切です。例えば、「冠詞+形容詞+名詞」「並列した名詞」などを区切っていくと、かなり読みやすくなります。

ペンを片手に、速読にチャレンジ!

それでは、実際に速読にチャレンジしてみましょう。以下のものを用意します。

・プリントアウトした記事
・蛍光マーカー
・赤ペンと青ペン

ここでは、レアジョブのニュース記事教材「Daily News Article」より、「Elderly Woman Becomes Famous Fitness Social Media Personality」(年配の女性が、ソーシャルメディアの有名人となる)を使用します。

著者の実例はこちら

1)「大事な表現」にマーカーを塗る

読んで意味を考えるのではなく、単語をざっと見ていって、書き手が言いたいことを表していると思われる語にマーカーを塗ります。

例えば、ここでは前半のほうで以下の語に黄色いマーカーを塗りました。

Instagram(インスタグラム)
overweight(太りすぎ)
poor health(不健康)
exercises(エクササイズ)
eating habits(食習慣)

これらをつなぎあわせていくと、「インスタグラムの話で、太りすぎで不健康な人が、エクササイズをしたり食習慣を変えたりしようとしているのかな」と推測できます。

2)「具体的に説明している表現」に赤線を引く

記事の概要はわかったので、具体的にどんな状況なのか、やはり読むのではなく単語をざっと見ていって、内容を説明する語に赤線を引きます。

2つめの段落について、以下の部分に赤線を引きました。

medication(薬物治療)
acid reflux(胃酸の逆流)
high cholesterol(高コレステロール)
physical problems(身体的な問題)

1)で「太りすぎで不健康」ということがわかっているので、ここではさらに「胃酸の逆流や高コレステロールの薬を飲んでいる、身体的な問題がある」ということが理解できます。

なお、これらの表現についてはその都度辞書を引いて意味を調べてもいいし、「medicationは多分薬について言っているんだな」と、推測しながら進めてもかまいません。調べた意味は、赤ペンで記入しておきます。

3)「表現の塊」を見つけ、青ペンで印をつける

次にようやく、1行目から順に読んでいくという作業に入ります。最初にJoan MacDonald, a 73-year-old Canadian(ジョーン・マクドナルド、73歳のカナダ人)とあるので、不健康で困っているのはこの人だと見当がつきます。

ここでは、例えば以下のような塊を作りました。

(a famous fitness Instagram personality)
(インスタグラムの有名なフィットネス・パーソナリティ)
(medication to treat conditions like high blood pressure, acid reflux, and high cholesterol)
(高血圧、胃酸の逆流、高コレステロールといった状態を治す薬物治療)
(some exercises and healthy eating habits)
(エクササイズや健康な食習慣)

英語では、名詞の前に形容詞がいくつもついていたり、同じ役割を持つ名詞が並んでいることが多く、それらを整理することが肝心です。例えば、この記事にはShe was on medication(彼女は薬物治療をしていた)とあり、そのmedicationがどのようなものであったかを説明するのが、このmedication to~の長い塊。この塊が理解できれば、「彼女は~という薬物治療をしていた」とすっきり整理できます。

すでにお気づきかと思いますが、まずは「全部読まない」ことが肝心です。重要なところだけを拾い出し、「面白そうだから内容をしっかり理解したい」と思ったときに初めて、1行ずつ、1文ずつ読んでいくのです。

オンライン英会話レアジョブのレッスンでは、今世の中で話題になっていることについて、先生とディスカッションを行うことができます。「Daily News Article」には読みやすく興味を引かれる記事が毎日アップされているので、レッスンの教材に使用する記事を自分で選んでみましょう。

・「Daily News Article」

まずは記事のタイトルを見て自分の好みのテーマかどうかを判断し、次にここに紹介したような速読法を使って内容を確認してみてください。ウェブに、重要な語句についての英語での解説や、文章を読み上げた音声も収められています。音声を参考にレッスン前に音読練習をしておくと、先生とのディスカッションがさらに楽しめるはずですよ。

まとめ

インターネットには多数のニュースやブログ記事があり、一つひとつを全部読んでいくのはほぼ不可能です。そこで、まずはタイトルを見て興味を引かれた記事について、「1)大事な表現を拾い出す」「2)具体的に説明している表現を抜き出す」を実践してみてください。これだけで、どんなことが書かれている記事か、だいたい見当がつきます。

じっくり読んで、本当に中身を理解したいと思った記事は、「3)表現の塊を整理する」をしながら読んでみるといいでしょう。慣れてくるとマーカーや赤ペン・青ペンを使わなくても、頭の中で整理できるようになります。勉強のためだけでなく、たくさんの楽しい記事、面白い記事に触れるために、ぜひ少しずつ続けてみてください。

●1回129円から、毎日続けられるレアジョブ英会話
レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。登録をすると、体験レッスン2回+カウンセリングが無料となります。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。