字幕ほし~と思ったらこれ!YouTube音声をテキストにして英語学習に活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeの英語番組などを見ているときに、「言っていることが文字になればわかるのに」と思うことはありませんか?英語字幕が表示される機能がついている動画もありますが、すべてというわけではありません。

最近は、「Speech to Text」(音声テキスト化)といって、音声データを自動的に文字に書き起こしてくれるアプリがあります。これを使えば、あっという間に英語音声を文字にしたトランスクリプション(文字書き起こし)のできあがり!話していることが、一言一句わかります。具体的な使い方と、学習への活用方法をご紹介しましょう。

トランスクリプション(文字書き起こし)が英語学習に役立つ理由

インターネット上に豊富にある英語の音声。学習者にとって最大の悩みは、「聞いても何て言っているかわからない」ということですが、音声を文字に書き起こしたトランスクリプションがあれば、それが解決できるのです。

単語が確認できる

まず、どのような単語が使われているかがわかります。知らない単語だったら、辞書を引いて意味を調べることができます。YouTubeにあるスピーチや会話などは、単語の意味さえわかれば、理解できることがだいぶ増えてくるはずです。

スピーキング練習ができる

トランスクリプションを声に出して読んで、自分が話すための練習をしましょう。発音の仕方がわからないときは、元の動画を見れば大丈夫。イントネーションや強弱のつけ方なども、元の動画を参考にしてみましょう。

リーディング学習ができる

テキスト化アプリで作ったトランスクリプションを、通勤電車の中などで読んでみましょう。ほんの2、3分の音声でも、文字にするとWordで何ページ分ものテキストになり、動画1本分読むと、かなりの量のリーディングをこなすことになります。

音声を文字ファイルにする方法

YouTube動画からトランスクリプションを作るには、「1. YouTube動画から音声ファイルを作る」「2. 音声ファイルを文字ファイルにする」という2つの手順に従います。順を追ってご説明します。

音声変換ウェブサイトで、YouTube動画音声を音声ファイルにする

使い方は簡単、音声ファイルを作りたいYouTube動画のURLを入力して、変換用のボタンをクリックし、「音声を録音」ボタンを押すだけです。

動画を保存する機能もありますが、ここでは音声録音について紹介します。長時間の動画は音声ファイル化できないことがあります。2~3分のものがおススメ。保存した音声は、自分で聞く以外の目的では利用できません。

例)
dirpy(基本機能無料) https://dirpy.com/

音声テキスト化アプリで音声ファイルを文字化する

ウェブブラウザ、またはアプリで音声ファイルを読み込むと、自動的にテキストが表示され、ファイルにエキスポートすることができます。
例)
Otter(一定の量まで無料) https://otter.ai/
スマートフォン版ダウンロード https://blog.otter.ai/jp-how-to-use/

トランスクリプション(文字書き起こし)で学習してみよう!

これで手元に、お手本になる音声付動画と、そのトランスクリプションがそろいました。例えば、以下のような手順でリスニング学習に役立てましょう。

1.まず動画を見る
YouTubeで、ニュースやスピーチ、ドラマの一場面など、「これがわかるようになりたい」という動画を選び、まずはトランスクリプションなしで見てみます。

2.トランスクリプションを見ながら聞く
トランスクリプションを見ながら音声を聞いて、聞き取れなかった部分、知らない単語などに印をつけていきます。

3.意味を完全に理解する
辞書を引きながらトランスクリプションをじっくり読んで、意味のわからないところをなくしていきます。

4.もう一度動画を見る
内容がしっかり頭に入ったところで、もう一度トランスクリプションなしで動画を見ます。聞き取れるところが、だいぶ増えているはず。「今のところわからなかった!」と思ったら、いったん動画を止め、トランスクリプションで確認します。

YouTubeの動画などでは割合シンプルな単語が使われていますが、中には自分で調べてもわからないことが出てくるかもしれません。そんなときは、レアジョブのレッスンで先生に質問してみましょう。

ニュースなどは、単語の問題だけでなく、背景となる社会知識がないために理解できない場合があります。先生と一緒に疑問点を話し合ってみることで、今世界で話題になっていることについて、もっとよく理解できるようになるかもしれません。動画やテキスト、レッスンを上手に活用して、さらに多くのことを英語で理解し、英語で話せるようになりましょう。

まとめ

今回ご紹介した「Speech to Text」(音声テキスト化)のアプリは、主にビジネスシーンでの利用が想定されていて、例えば英語のZoom会議を録画・録音しておいて、それをアプリでテキスト化し、次の会議の資料にするといったことが可能です。進化する言語アプリを大いに活用して、英語学習や英語でのビジネスに役立てましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する