英語が通じない! 焦る前に試せるテクニック3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を話してみると、通じないことはよくあります。上級者でも、みんなが相手に「?」という表情をされて焦った経験を持っています。

英語力は、「どんな内容でも一発で通じさせる力」ではありません。通じなかったときのリカバリーにこそ、その人の実力が出てきます。

今回は、リカバリー力を鍛える勉強法を紹介します。

英語が通じないのはどうして?

誰にでも英語が通じないことはあります。大事なのは、通じない理由を冷静に考えてみることです。よくある原因は、

①早口すぎる
②発音が悪すぎる
③ことばがむずかしすぎる

です。

英語が通じない原因1:早口すぎる

英語が通じない最大の理由は早口です。自信がないと、どうしても早口になってしまうものですよね。仕方ないことではありますが、相手にとってはよけい聴き取りにくくなってしまいます。自信がないからこそ、ゆっくり話した方がむしろ通じやすくなります。

声が小さすぎるというのもよくあるパターンです。英語が通じていないのではなく、そもそも聴こえていないのですね。早口と同じで、自信を持てば改善できます。英語はゆっくりはっきりが大事です。

英語が通じない原因2:発音があまりに悪い

発音が悪すぎるのも英語が通じない原因です。英語を使うために、ネイティブのような発音にまで鍛える必要はありません。ですが、あまりにも日本人的な発音過ぎると、何を言っているのかわからなくなってしまいます。

英語が通じないなと思ったら、シャドーイングなどで英語らしいアクセントを身につけると一気に改善されるかもしれません。

英語が通じない原因3:むずかしいことばを使い過ぎている

ことばがむずかしすぎるというのも、日本人のやりがちな失敗です。私たちは、受験を通じてむずかしい書きことばのトレーニングを受けています。困ったら辞書を引く癖がついています。だからこそ、使うことばが硬すぎることがあります。

例えば、「先延ばしにしないですぐに仕事を終わらせてほしい」と言いたい時、どちらを使いますか?

1. Don’t procrastinate your task.

2. Don’t put your task off.

辞書を引くと、引き延ばす=procrastinateと載っています。でも、多くの外国人はこんな硬い方はしません。もっとかんたんなput A offで「引き延ばす」を表せるからです。

英語を使っているのはネイティブだけではありません。むずかしすぎる言い回しをすると、それだけで通じなくなってしまうこともあるのです。

英語が通じない時に使える対処法、原因ごとに紹介します

英語が通じない! となった時、慌てる前にできることがあります。原因ごとに、英語を通じさせるコツをご紹介します。大事なのは、「相手がわかりやすいように英語を使ってあげる」意識です。

早口すぎて英語が通じない時:伝わる>ペラペラ を意識

早口すぎる場合には、意識を変えてみましょう。英語を使うのは伝えたいことがあるからですよね。ペラペラ話すより、内容を伝えることの方が大事なのです。

相手が聴きとれているか確認しながら、一文一文をていねいに話すのです。英語の上手い下手を競っているわけではないですから、相手に分かってもらうことを優先しましょう。自信がなくてつい早口になってしまうこともありますが、それで通じなかったらもっと自信をなくしてしまいますよね。

まずは自分の声を録音して、自分で聴きとれるか確かめてみるのがとても有効です。

発音のせいで英語が通じない時:発音の基礎は2週間で身につく

発音のせいで英語が通じない場合は、思い切って発音トレーニングをためしてみましょう。日本人は発音に苦手意識を持っている人が多いと思います。多くの外国人は発音を学校で勉強していますが、私たちはしていないからです。

発音の基礎は2週間でマスターできます。発音が悪すぎると思ったら、一冊発音の教材を手に取ってみましょう。

単語のせいで英語が通じない時:パラフレーズ(かんたんに言い換え)をしてみよう

単語がむずかしすぎて英語が通じないこともあります。解決策はかんたんに言い換えることです。

TOEICや受験などで英語を勉強した人は、どうしても使う単語が硬くなってしまいます。例えば、「会議を月曜日に延期します」という指示を出してみましょう。教科書的には

The meeting will be postponed to the next Monday.

のように、postpone(延期)という動詞を入れます。ですが、相手がpostponeという単語を知らなかったらどうしますか? 私なら、もっとかんたんに言い換えます。

We will hold the meeting next Monday.(会議は来週月曜に行います。)

言い方を変えて、意味が通るようにすればいいんです。このちょっとの工夫が実戦的な英語力になります。

英語が通じない時のリカバリー、どうやって勉強する?

通じなかったときのリカバリーができて初めて英語上級者です。でも、教科書には書いていません。日本で勉強する私たちは、どうすればよいのでしょうか。

1人で出来る準備:パラフレーズと発音トレーニング

1人でもできるのが、パラフレーズ(言い換え)と発音のトレーニングです。

パラフレーズのトレーニングは、むずかしいフレーズをかんたんに言い換えるトレーニングです。言いたいことを日本語で考えて、できるだけかんたんな英語で表現します。

発音のトレーニングも1人で出来ます。もちろん実際に会話しながら覚えてもいいのですが、基礎は独学したほうが効率は良いでしょう。

実際に英語を話すのがベスト

とはいえ、英語が通じない時にはアドリブが求められるものです。早口すぎるのか・発音なのか・はたまた別の物なのか? 瞬時に考えて、相手と一緒に会話を修正していく必要があります。1人では限界があるかもしれません。

だからこそ、実際に外国人と話してみるのが大事です。日本中に外国人がいますし、英会話のサービスもあります。

1人で勉強するだけでは、真の英語力は身につきません。最後は生の英語に触れた量が勝負を分けるのです。

まとめ

英会話の実力は、通じなかったときにわかります。「通じなかった!」と慌ててしまうのではなく、冷静に会話を立て直していくことが必要です。

英語を使って活動すればするほど、通じない瞬間は多くなるでしょう。その時、あなたの英語力が試されるのです。通じない原因を落ち着いて考えて、一つ一つ解決していければ、あなたも英語上級者です。そのためには適切な勉強と場数が大事になります。

失敗を恐れない真の英会話力を身につけてみませんか?

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。