TOEIC500点を目指す人のリスニング勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICが伸び悩むのはどんな時ですか? 800点・900点の壁はもちろんあると思います。ですが、私の場合、本当に辛かったのは500点の壁でした。
英語のことはある程度わかっているのに、いまいち点がついてこない…。500点を超えられないのはこういう時期ですよね。
これ、実はリスニングを改善すればかんたんに超えられるんです。理由は単純、リスニングはむずかしくないからです。
「問題文音読」「視点移動トレーニング」をキーワードに、TOEIC500をかんたんに超えられるリスニング力を身につけましょう!

TOEIC500点 理想の点数はリスニング300:リーディング200

TOEICはリスニング100問、リーディング100問です。満点は990点で、リスニングは1問、リーディングは2問まで間違えても満点になります。
履歴書に書ける最低ラインの点数は500点です。500点あれば、英語の基礎がわかっていると言えるでしょう。
500点を目指すなら、リスニングで300点、リーディングで200点を目指すと効率が良いです。
なぜなら、リスニングの方が遥かにかんたんだからです。

TOEIC500点 リスニング300点に高い英語力は要らない

TOEICのリスニング問題は、ただ読まれたことをおぼえているだけで点が取れます。
Part3,4 の後半の問題を除くと、頭を使う場面はありません。

リーディングは「フレーズの言い替え」や「文章と図の見比べ」など結構頭を使います。しかも、リーディングは単語がむずかしいです。
wax doll(蝋人形)、moderate(司会をする)など、なにそれ? という単語が多く出てきます。リーディングパートは小手先のテクニックが通じにくいのです。

リスニングはテクニックで点数を上げられます。

問題文音読で英語の雰囲気をマスター

TOEICのリスニングで300点を取るなら、まず音読が大事です。単語はそれほどむずかしいものは出ません。大事なのは英語らしい発音に慣れること。

Where are you going?
どこにいくのですか?

こんなフレーズも、耳からはいるとこうなります。

ぅあーようごい?

リスニングの練習は、

ぅあーようごい?→どこにいくのですか?

と一発で理解できることがゴールです。そのためには、自分で音読をするのが最短になります。

700点を目指さないなら雰囲気だけでOK!

TOEICで高得点を目指すなら、「シャドーイング」が必須になります。
英語の音声を聞きながら、追いかけるように自分も読むのがシャドーイングです。いろいろな英語のサイトでおすすめされています。
シャドーイングは確かに効果的ですが、初心者には負担が大きいという弱点があります。もともとはプロの通訳者のためのトレーニングだからです。
初心者なら、まずはなんとなく音声を聞いてみて、それっぽく音読するだけでも大丈夫です。

ゥエンダゥイプゥレゼンラテヴカン
When will the representative come?
担当者はいつ来るのですか?

音と意味をとにかくつなげる! 目的は音に慣れることなんです。
英語でいちばんもったいないのは、あきらめてやめてしまうことです。いきなり負荷の高い学習をするより、まずは英語の雰囲気を体感することから始めましょう。

リスニングを落とさないには視点移動力>集中力

「リスニングテストは集中力が切れる」
多くの人の悩みが集中力です。リスニングの音声は一回しか流れませんから、確かに集中力は大事。
ですが、もっと大事なのは時間をロスしないこと。そのために、「問題文のどこを見るか」です。

TOEIC500点が取れる音読法

具体的にどうすればリスニングで300点が目指せるか見ていきましょう。

細かい文法は無視

リーディングパートでは文法が出題されますが、リスニングパートは内容がわかればいい問題ばかりです。
音読するときには、細かい文法には目をつぶって、とにかく読みましょう。音声を先に聴いてからまねをするのが理想ですが、無理そうならただ口に出すだけでもかまいません。

TOEIC500点 発音を少しだけ意識しよう

英語の聴き取りで大事なのは発音です。音がくっついてしまう「リンキング」は、初心者の方にとって最大の壁です。

In order to ○○
○○のために

意味は多くの方が知っていると思いますが、読み方はどうでしょう。学校では「イン・オーダー・トゥー」と習ったかもしれませんが、実際には

イノーダータ

になってしまいます。インとオーダーがくっついてしまうんですね。toも「トゥー」ではなく「タ」になってしまいます。
細かいルールは「リンキング」「強形・弱形」で調べればわかります。ですが、初心者の方が音について調べると、「こんなにめんどうなのか…」と圧倒されてしまうことが多いです。
まずはリスニングの音声を聞いてみて、「なんだか自分の知っている音と違う」ことに気づき、真似をしてみましょう。

TOEIC500点を取るための視点移動法 時間のムダをなくすテクニック

TOEICで大事なのが「視点の移動」です。どのタイミングで問題文のどこを見るか!? が点数に直結します。

TOEIC500点 選択肢は先に目を通す

Part3, 4は、選択肢に必ず目を通しましょう。
どんな内容が話されるかを理解してから聴くことが、得点アップの近道です。

TOEIC500点 鍵は「見る順番」にある

Part3の問題文はこんな感じです。

32. Where does the woman probably work?
(A) In a library
(B) At a university
(C) At a travel agency
(D) At a department store

まず問題文を見ます。大事なのは「女性が」働いているところです。まずは女性の声に集中しなければいけないとわかりますね。
次に選択肢を見ます。図書館・大学・旅行代理店・デパートの四択です。全て職場ですね。
次にもう一度問題文を見直します。「work」の文字が見えれば、聞かれているのが職場であるとはっきりしますね。
最初の2,3秒の間に、キーワードが必ず出ます。女性の声に集中し、そのたった数ワード(例えば、librarian:司書など)が聞き取れれば正解できるのです。

TOEIC500点を取るためのオンライン英会話

TOEIC初心者にとって、オンライン英会話はよいコーチです。

会話=最強のリスニングトレーニング

会話は相手のことばが聞き取れなければできません。会話をすることで、自然な英語をインプットしつつ、トレーニングできます。

音読で覚える→会話で定着

音読で覚えた表現も、使わなければ忘れてしまいます。外国人との会話でアウトプットすることで、一気に定着度をアップできるのです。

会話は先読みの訓練だ!

TOEICは先読みの勝負です。

「安全検査が遅れている」

という話が出れば、次にくるのは

「検査が遅れて申し訳ないという謝罪」「検査が遅れた理由の説明」「検査がキャンセルになったという予定変更」

くらいしかないでしょう。何が来るか想定できれば、集中力を使わなくてよくなります。
オンライン英会話では、まさにこの先読み力が鍛えられます。生の会話の中では、常に話題を先読みするはず。先読みトレーニングはTOEICでも活かされるのです。

まとめ

TOEIC最初の壁である500点、それを突破するにはリスニングを要領よく勉強するのが最短ルートです。音読+視点移動テクニックを活かせば、決して高いハードルではありません。

オンライン英会話でのアウトプットも活用しながら、TOEIC最初の壁を突破しましょう!

・129円~のレアジョブ英会話

レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。上達度を測るための、スピーキングテストも実施しています。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する