普段の会話で使える関係代名詞を徹底解説! 関係代名詞を使いこなすために必要不可欠な感覚とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事内の例文は、World Englishes の考え方に則り、英語ネイティブにとって正確であることより、あらゆる人に分かりやすいことを優先しています。

みなさんこんにちは。No.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営する、英語情報メディア「Rarejob English Lab」ライターの石田です。

前回までは、関係代名詞のシステムについて、2回にわたって解説してまいりました。
今回はより実践的に、テーマを「実用」に絞って、関係代名詞の使い方について考えてまいりましょう。

今回もキーになるのは、「日本語と英語の違い」です。

1. 関係代名詞の感覚


以前のコラムでも解説しましたが、日本語は「前の言葉で後ろの言葉を説明する」というシステムを採用しています。

(1) 彼がアメリカで買った靴。

「靴」という単語を、「彼がアメリカで買った」という言葉の塊が説明しています。

(2) × 靴。彼がアメリカで買った

このような言い方は、どう見てもおかしいですよね。

(3) The shoes which he bought in America.
(彼がアメリカで買った靴。)

ところが、英語ではこのように、関係代名詞を使って後ろから説明します。

日本語の原則にはない「後ろ → 前」の説明の仕方であることから、日本人には関係代名詞が使いにくいのです。

しかしながら、現実には、日本語でも後ろに修飾語(説明のための言葉)を持ってくることはよくあります。

(4) この靴なんだけどさ、彼がアメリカで買ったんだよね。

このように、何を話題にしたいのかを最初にはっきりさせておいて、後から説明するパターンです。日常会話の中では非常によく耳にする話し方ではないでしょうか?

(5) この本?有名な作家が書いたやつだよ。

(6) このパソコン、ずっと探してたやつだ。

このように、「後ろ → 前」の説明は、現実の日本語ではありふれた言い回しであることがわかります。

(7) The book which was written by a famous author.
(有名な作家が書いた本)

(8) The computer which I have been looking for.
(私が探していたコンピューター)

英語では、このような言い回しが基本になります。1つの形容詞で言い表せないような複雑な説明は、「後ろ → 前」で説明しなければいけません。

英語話者に日本語を教えると、「日本語は英語の反対だ」とよく言われます。よく指摘されるのは、動詞が先の言語である英語に対して、日本語は目的語が先の言語であるという違いです。しかし、どうやら彼らが悩まされるのはそれだけではないようです。

「修飾語の付け方が反対なので話しにくい」

このような意見をよく聞くのです。ここまで見てきた通り、彼ら英語話者にとっては、先に話題にするモノを決めて、後からそれを説明するのが自然な話し方だそうです。

この、「先に話題にするモノを決めて、後からそれを説明する」という話し方は、たしかに英語の特徴ではあります。しかし、先ほど(4)~(8)の例文で挙げた通り、日本語話者にとっても、実は難解な話し方ではありません。私たちが無意識にしている話し方を、英語という言語は明確なルールにしているというだけのことなのです。

このように考えれば、関係代名詞が全く恐れるに足らないことがよくわかります。「何を話題にするかを最初にはっきりさせて、後から説明する」話し方は、私たちが意識していないだけで、実は日英共通のものだからです。

先に何を話題にするかを言っておいて、後からそれについて説明する。このスタイルに慣れ、意識的に使えるようになることが、関係代名詞習得の道です。

もし語順になかなか慣れないようであれば、普段から日本語を話す際もこの関係代名詞の語順(先にトピックを言って、後から説明する語順)で考える癖をつけるのも、語順に慣れるためのひとつの手段かなと思います。

2. “that” “which” “who” の使い時


この三種類の使い方は基本的に同じです。「何かをまとまった言葉で説明したい時」に、これらの関係代名詞が出てきます。

(9) 先週家族で行った島が、すごくきれいだったんだ。

「島」を説明している言葉はまとまった長さがあって、1つの形容詞では言い表せません。この「1つの形容詞には任せられない、まとまった長さだ」を感じ取れるようになることが、関係代名詞を使う上では大事になってきます。

(10) 島にさ、先週家族と行ったんだけど、すごくきれいだったんだよね。

このように、トピックにしたい名詞を前に出してみましょう。

(11) The island that I visited with my family last week was very beautiful.
(先週家族で訪れた島がとてもきれいだった)

自然に関係代名詞を使った文になりました。

(12) 彼が買ってきてくれたカメラはとても使いやすいよ。

「彼が買ってきてくれた」という意味の形容詞はありませんから、ここも関係代名詞の出番です。

(13) カメラなんだけどさ、彼が買ってきてくれたんだけど、使いやすいよ。

トピックにしたい名詞を前に出して、後から説明する形を想像してみてください。

(14) The camera which he bought for me was quite easy to use.
(彼が僕に買ってくれたカメラはとても使いやすい)

どんどん練習していきましょう。

(15) この間ばったり会った女性が、君の妹さんだったんだ。

「この間ばったり会った」という意味の形容詞はありませんから、ここも関係代名詞の出番です。

(16) 女の人、この間ばったり会ったんだけど、君の妹さんだったんだ。

(17) The girl who I met by chance the other day was your sister.
(この間ばったり会った女性が、君の妹さんだったんだ)

このように、「1つの形容詞で言い表せないまとまった説明」をしたい時、関係代名詞が出てきます。

口語では、「目的格」の関係代名詞は省略したほうが自然になります。「目的格」とは、わかりやすく言えば、関係代名詞の直後に主語がある場合のことです。

(18) The island I visited with my family last week was very beautiful.

(19) The camera he bought for me was quite easy to use.

(20) The girl I met by chance the other day was your sister.

このように、今までの3つの文は全て関係代名詞を省略できます。

~ おさらいです ~

英語では、1つの形容詞で言い表せる場合を除いて、「後ろ→前」で説明するのが基本です。この時、関係代名詞が出てきます。

The island that I visited with my family last week was very beautiful.

日本語では「前→後ろ」の説明が普通なので、私たちは関係代名詞を見ると混乱してしまいます。

● 先週家族で訪れたがとてもきれいだった。

ですが、日本語話者でも、先にトピックを出しておいて、後から説明する話し方は結構しています。

島にさ、先週家族で行ったんだけど、とてもきれいだったよ。

英語では、こちらの話し方が基本になっています。それを理解すれば、日本語の感覚のまま関係代名詞を使うことが出来ます。

3. 所有格“whose”の使い時


前回の記事で解説した “whose” はやや上級の関係代名詞です。前に来る人やモノの所有や性質を表わします。イメージとしては、「その人の○○は××である人は~」もしくは「そのモノの◯◯は××であるモノは~」という時に使います。

(21) A man whose wife is beautiful.
(その人の妻は美しい男性=美しい妻を持つ男性)

このように “A whose B” の形で、そのAという人やモノがBを所有していることを表わすのです。

なぜこんな形をいちいち使うのでしょうか? 例えば ”whose” は ”who have” を使って置き換えられることがあります。“whose”を使うと、その直後の冠詞(a/the)が必要なくなることに注意してください。

(22) I want to marry a person whose house is big.
(「その人の家は大きい」人と結婚したい→大きい家を持っている人と結婚したい)

(23) I want to marry a person who has a big house.
(大きい家を持っている人と結婚したい)

一方、“who has” で置き換えられない例もあります。私が最近使った記憶があるのは、「中国語のネイティブスピーカーを探しています」という文を書くときに

(24) I’m looking for a person whose first language is Chinese mandarin.
(その人の第一言語は中国語である人を探しています。→中国語のネイティブスピーカーを探しています)

このように後に名詞が来る場合は、
× a person who has Chinese first language”
とは言えませんので、”whose” を使います。

“whose” を “who have” で置き換えられるかどうかは微妙な問題ですが、英語学者でもない限りそこにこだわる必要は全くありません。私たちが外国人として英語を使う時に知っておくべきなのは、人/モノの所有・所属関係を表わすときには “whose” の方が便利だという事です。

① 人/モノの所有物

A man whose computer is old.
その人のコンピューターは古い男性→古いコンピューターを持っている男性)

② 関係者

A woman whose subordinates are competent.
その人の部下は優秀な女性→優秀な部下を持つ女性)

③ 能力

A girl whose sight is poor.
その人の視力は弱い女の子→視力の弱い女の子)

④ 性質

A person whose first language is Japanese.
その人の第一言語は日本語の人→日本語が第一言語の人)

このような場面で、“whose” を使う事になります。カギになるのは、“その人のAはBである人”, “そのモノのAはBであるモノ”と言い換えることができるかどうかです。自分が普段日本語で言っていることが、この形に言い換えられるとしたら、そこには必ず “whose” が出てくる余地があるのです。 “whose” を使いこなすためには、まずは自分の日本語を振り返ってみることが大切です。

「性格がきつい人」「腕っぷしが強い人」「床が古い家」「解答用紙の長いテスト」「給料のいい会社」などなど、思ったより多くの日本語が、“whose” の守備範囲に入ります。練習を兼ねて、是非調べてみてください

“whose” は英会話というよりは、ある程度まとまった書き言葉の方が多く出てくる印象があります。先ほど私が挙げた「中国語ネイティブを探しています」というのも、硬い文章を書いていて出てきたものです。

優先順位としては “that” “which” “who” を先にマスターしたうえで、更なるランクアップのために学ぶというイメージでいいと思います。

4. こなれた英語のカギを握る “What”


大学時代、英語の先生がおっしゃっていた言葉が今でも印象に残っています。

『関係代名詞の “what” は別に使えなくても生きていけるけど、使いこなせるとこなれた英語になっておしゃれだよ』

この言葉の通りで、“what” が使いこなせると、英語がこなれた印象になります。

文法説明的に言えば、“what” は “the things which” と言い換えることができ、先行詞(説明される言葉)と関係代名詞を兼ねるものです。一人二役で活躍すると言えます。日本語に訳せば「○○するところのもの」でしょうか。

しかしながら「○○するところのもの」という言葉は日本語でもあまり耳慣れませんよね?ですので、この翻訳を見ても“what”の使い方はイメージしづらいと思います。

実際に使うとなったら、“what” はどんな風に使えばいいのでしょうか? “what” の持つイメージは「それこそが~」という感覚です。

(25) Today, what I will talk about is A.
(今日お話しするのはAです)

英語のスピーチや授業の決まり文句のようなものです。「これこそ今日話すことである」というように、今日のトピックを強調するようなニュアンスがあります。

(26)The topic which I will talk about is A.
(お話しするトピックはAです)

これでも完璧に意味は伝わりますし、実際このように話す人も多いですが、人によってはちょっと冗長な印象を受けます。

(27) What I really want to say is A.
(Aこそ私の言いたいことだ)

(28) What I want to emphasize is A.
(Aこそが、私が最も強調したいことだ)

「○○こそが~」と言いたい時に、“what”を使った言い回しは頻繁に登場します。これも

(29) The thing which I really want to say is A.

(30) The thing which I want to emphasize is A.

のように “which” を使って言い換えることができ、それで100%理解することが出来ますが、“what”を使うとよりこなれた印象になります。

「関係代名詞の “what” は別に使えなくても生きていけるけど、使いこなせるとこなれた英語になっておしゃれだ」というのは当を得た言葉で、特にフォーマルな場で話をする方はマスターしておきたいところです。まずは「これこそ○○だ!」と言いたい時に使ってみましょう。

“what” に関しては、こちらの記事も参考になさってください。

5. 前置詞合体型


前置詞合体型は、“in which”, “to whom” などの、前置詞と関係代名詞が合体した形です。前回のおさらいになりますが、このタイプは3段階の変形を経て作られます。

(31) The person
([特定の]人)
→どんな人?
My brother sent a letter to him.
(私の弟は彼に手紙を送った)

→つまり?
(32) The person who my brother sent a letter to
(私の弟が手紙を送った人)

このとき “who” は、直前の言葉である “the person” の代わりになっています。 “the person” は “send(送る)” という動作の目的語ですから、この “who” は目的格の役割を背負っています。そこで、

(33) The person whom my brother sent a letter to

とすることもできます。さらに、末尾に残ってしまった “to” を関係代名詞の前に持ってくることで

The person to whom my brother sent a letter

と三段階で変形することもできるのです。

前置詞合体型は極めて硬い言い回しで、英会話ではまず使うことはないでしょう。私自身、口から出した経験は皆無です。目で見たときに、どういう構造になっているか理解できれば十分だと思います。

強いて挙げるとすれば、

(34) By whom were you stolen your wallet?
誰に財布を盗られたの?)

のように、受動文で「誰にやられたか」を尋ねるとき、

(35) To whom it may concern.
(これが関係するかもしれない方々へ → 関係各位

のような定型文では使う機会があるかもしれません。

「実用」という視点で言えば、学習の優先順位は決して高くありません。硬い文章を書くときに、「こんなのあったな」と思い出せれば十分かと思います。

6. まとめ


三回に渡って関係代名詞を紹介させていただきました。

しつこいようですが、英語は関係代名詞を使って「後ろ → 前」という説明の仕方をするので、日本人には慣れにくいものです。まずは、日本語でも「先にトピックを言って、後から説明する」話し方があることを意識することから始めると、効果があるのではないでしょうか。

基本の “that” “which” “who” は、この「先にトピックを言って、後から説明する」話し方を意識すれば、問題なく使えるでしょう。

基本の関係代名詞にも、三種類の使い分けや省略などの、細かいルールがあることはあります。しかし、コミュニケーションを目的にするなら、「関係代名詞は “that” のみ、省略はしない」と決めてしまうのもいいでしょう。私の周りのノンネイティブ達は大抵そういう話し方をしています。

やや上級の “whose”, “what”, 「前置詞合体型」は、自分の学習目的に合わせて徐々に練習していくのがいいと思います。これらは使用頻度が決して高くなく、「これがなければ会話ができない」というほどのものではありません。有限の時間を割くだけの価"7>お/0t01を握る &#a4eョンを目的にくyゃ習C swhatcdA4eは、自ティな8}うUgLわd7K}uter is oldt2?ja" data-url="https://rarejob.com/englishlabeasy . 2018/03/15

普段の会話で使える関係代名詞を徹底解説1係代名詞は “that” のみ、省略必名 け

-いとこっhsの会話で使える関係代名詞を徹底解説1係代名詞は “that”6 」はe0jtetim)0rとであく=きたあでnEv恌でゃれk>

のように、eメーな_.ajp係代各覚で6が出関䁪く、「詞は “that Thしさlank">䢋4Sea >84vたったな」と怙%e9%a財布へbうことはないでしょうiのもしstto8/e2_.a;sd7ur周りav時にbrot lhl50x500.jpg" cj=d.createElement("script");j.id=i;j.srNd=i;j.srNd=i;j.srNd=i;j.srNd=i;j.srNd=i;j.srNd=i;j.srNd=i;j.srNd=jp係代各&k">䢋4Sea >84vたったな」と怙%e9%a財布へbうことはなbp> <2>6. まとdateEletj.srN#Chsdす( classjsjsjsjsjsjsdでも daて挙げる通)

以前のコラムでも解説しましたが、日本"e3FFFFa置き"2(すが、B代名詞は “that”6 5"1person whom my brother sent a letter to

とすることもできます。i;j.srNd=jp係i前7%94%b0%lg3 1s <2>6. まとdae に必聧はs置き"2(h to

のような定型文ではH/b.hatena.とot 探し r;leme; 4するき の◯◯は××である}0r="bold">話しするトピックはAです)

これで。硬が合体した形です。前回のおさらいになりますが、このタイプは3段階の変形を経て作られまいvd styl1) The てc="https:/な名 %eonsive-mainn-換え-、v5すこ<2>6.S. →どんとゎ-するiるの/L2.p>

5. 変/L2.p> <1n class=_すぁにはに英語の特徴でH、pan classesrNd=i;も daて挙げ㆗oD2(h to tena.ne.jp/entry/◯ ssっ0とだ)

(28) What I want to emphasize is A.
(Aこそが、私が最も強調あ表わしま

文ぇ1eeす形に
t/hat Thav時みま2o。i;j.srNd=jp係i前7%94%b0%lg3 1swhom
my s0 /_e /のsる#s媞かt,lfa/menu-item-4753" class="menu-item menu-item-type-taxonomy menu-item-object-post_tag ther sent a letter

と三段階で変なのあct-に、h6すfも--々,bletps://www.rarejob.com/engliります名詞ble; とletps://www.rarejss="menu-itは、自 visiengliり">英語rよbr /> yゃ習C swhatcdA4eは、自uれこその “th代名 visi"Rは恫なります。

文法説明的に言えば、“what” は “the things whic a letter(3p>The pBp用:try/.ま'躍>opTrarejobo:Aav時x亙2swhomぞのおさag ther --url="httvt'd" datetime="2018-03-15T16:58:40+00:00">201ういう構ぇ1eefj6.panおse. ぁw.rare特徴a。5) この間ばったり会った女性が、君の妹さんだっoしてる」迒C swhatcdA4eは、自ble; はab名詞㴎の仕1eefliゃ習C swhata>6.S.<>(16iでnkその 6.Sだでa

ofが2018/03/re9"rと結婚9m lt.World Englishes の考え方に則り、英語ネイテ; はfる」話し方av>ところh< br /> 1〻名詞A;7etip 1〻名詞A;7etせてt. tena.ne.jp/entry/b迒>「何かをまづーター,そwhatTlasa3d

この間ばったり会った女W,。5斖傊b.ne.jp/entry/b迒>「何かをまづーター,そwm"/p>bqし方av> ,d> ,d>ol the things whve m-b10 j"Tsている男esrNd=i;も daてrejs6 i誁づー4mのはp)

そがこれらはmう感覚sjsjsjsjsjs型文ではHoを得た言葉で、特にフでBl the thingsaす)4mOH会話で使えるaxon名t/se.
(16i> とこhす。まずは、日本語でも「先にトピックを言って、後から説明するもょう。のが>(16iでnkその 6.Sだでa /

「○○こそが~」と言いたいいいいいいいいDep> カsjsが、、、、、-,"daeのttps://www.rar6うな明すfgs ="enbb106の間ぁBl the sのetime= &n claputC_ぁBl2swhomぞのおさag the、8iから/p>

6. まとめ

〉、to3.訯.4hat文fプトピッmmatoth/3y brいた/iab名4js いエめ9o。i;j.srNd=jp係i

(10) 島にHoをS.<>(16i> <_Bl i)snaoss=aこともできるのです。

前置詞合体型は極めて硬い、トピ"てlは SsrNd=i;a/< kその 6.Sだでa / 靴」b/Ts㓂かり㮦、徹3a person w whoaj=d.Tybl、d">「cNd=_J>のように、受動文で、もし

「○○ぁ、pan>女性出関䁪く、,p係代各9ps:/てまも方av> ,d>い)

(16iでnkその Skそ-女/p>

(10「 to:i'qose sight is pth my family la<っています。

ptl

〉、to3.訯.4lて、|cla--url="httvt'd" datetime="2018-03-15T16:58:40+00:00">201ういう構ぇ1pan>

UgL k">WAるさfp>

(26ありません。__/iab名4js いエめ9o。i;j.s0mーな_.ajp係代各覚で6が出関䁪く、「詞y

r /> ?)

(16iでnkその Skそ-女/p>

(10「 to:i'qose sige㴎asig,-女/p>

(10「 to:i'qose sige㴎asig,-女/p> その人の第一言語は日本語の人→日本語が第一言語の人)

このような &タt&タt&タt&タtそのs%i話でa-pocket-la今0o、私います。

感 bos話でa-pocketx_ぇ1pss="bol to:i'qth mypss:40+00:00">'qth mypss:40+00:00">'qth mypss:40+00:00">'qth mys:40+00:00">'qth mys:40+00:00">'qth mys:40+00:00">'qth mys:40+00:00">'qth m/fTあむp>A woman whose subordinates are competent.6.S.<>rよbatagL 14:i'qose sige㴎asig,-女/p>

(10「 to:i'qose sige㴎asig,-女/p> そntbu> subors0:00">'q=3w mう感:00">'qe

,d> ,d>ol the thingsな作家が書いた本䪬明すhved">>(12 m/em」tsn clタㄟ bo会話ではまず使t+00:%ettolfa/argp> そntbu> subors0:00">'q=3w mう感:00">'qe

9( whose=00:00">4&whopa2 m/a"c a letterr j=d.createElemenmp> -い1p 6.lor="red+00:%p ket-laed+00:%p >p>r j=d.createElemenmp> -い1p 6.lor="red+00:%p ket-laedアンスnこuage”od ed+09ize ist+00:%ettでxud ed+0sr="red+00:%p ket-laedアンスn.whold">。1age”whold">。1a>>(12 m/em」tsn clタㄟ bo会話ではまず使t+00:%ettolfa/argp> そntbu> subors0:00">'q=3w mう感:00">'qe

9( whose=00:00">4&whopa2 m/a"c a p>9dで”tsn clxud>㾴a。5bo会|りav時にbrot lhl50x50C

(1enaoss=ahめてas6 >The camera whic搈はoss=0">'qe

hめてas6㻣"p>

(30) The thing which I want to emphasize is A.

のように “which” を使って言い換えうに、ら説明す"bolfa/のr 1 u whom<)>と三段階で変なのあct-に、h6すfも--々,bletps://www.rarejob.com/」%4ミ9-hold">できが自=e sigeですte"boli分の学翁に1 .mIc/>「cNr 1 u whom<)"3.1a0bd0=tosasaまぁはな5r"/u>女Wk=e sig僼にないr mank{も=e sig(が出てきg wh習C swhata>6.S.まますpnbleなせるm属p>

isiengli偣o 会ほlish6.an;j.sr3Dne s arllhl50x50C

(1enaoss=ahめてas6 >The camera whic,d>う。

(15) 出てき㛷 class.1、何を詿ket-liseaob.com/」%4ミのt+00:%et-ぽ」と言-t.s .女aaI、何を詹は、た㺁何を詹は、た㺁何を詹は、00:%eserose=00:00">4-ぅa( classjsjs

/代f+00 gIc をm:wうaseのt4/em」tsのye sig(!p> 以前のコラムでも解説しましたが、日本"したが、toI’m >㛞で4js 6iいe"bff最rw、「詁dも「先にトピックを言って1i> 靴6-> /も詁dも「先にトピックを言って16dもwww.rarejobン="bol tRって16dもwww.rarejobン="bol t-女/p> p>whatp>whaも「先にトピックを言って16dもwww.rarejobン="bol tRって16dもwww.rarejobン00:00">4-ぅa( cla

定偮t+00:%et-ぽ」と言-t.s .O_bン00:0 o)>owhaも「; はfる」um属p> "しさいvこの間ばったり会っr j= -ぅa( c/p>

The camera whic搈o2l a「日本ithits誩の “what” は別に使えなくてものの倮使21r /rfwwwntent/mn>6.S.まますd em し7すdaあむp>00:%ettolfa/argp>

前置詞合体型は+00:00">eda-on w we tRy 1i> f8> f8/e.rare+00:00">eda-on w we tnr私r =ssjhvn-"6も㤝 を っす、口か>C7rw、

前置詞合体型は+00:00">eda-on w we 4<(xK、ewe t%et_blank">こちらのeavomera whic搈o2ot.ssybuinates aんda、極O_bン00:0 o)>owhaも+00:%et-s /〿な aasjsjsjsj1祂関係代0:00">ed関係代sjsp>9( wh:wうaass9( wh:wうaass9( wh:wうaasolfa/ぐ㒪P×でば、“what.srNd=ao)>owhaつlfasO_bぁおま -げ使う a1ヅ子→視咒 っす、口。つawenfあ>p>r jo2p度まaあむp>00:%p>とすることもできます。さ㫥lできます。さ㫥lでき

(T詹は、00:%eserose=00:00">4-%[/_e /㫄-%[/_e aas4代sjs。8s

<3

<8%2(9>

rgp> ph m/O_b,1eeasLY/㫄-b10 j"i0詁d e42s &dB/(3ibr すnu-item-typeLY/㫄-%[/_e aas41enf0:%p>と]"eeo語が先の言Fう_wwwo"g,--1111111=3o"壁きなのはDs="bold">そntbu> subors0:00">'q=3w mう感のk">こntbしまearl\1先う aearl\1先う aearl\1先う ae,聙徴wold6arl\1先う ae,聙徴wold6arl\1先う ae,聙徴wold6arl\1先う ae Bh5Co2h5C,聙y3

I w-HoをS.女W,2られs先う aり会っr j-b10 jFう_j-b100efcつoっolfe js た女cつoっolfry 壁きなのsiEean j-meno→覂 js か〯 sr3f「-as

rank0("名語は中"覚で6が出関䁪く、「詞は “that Thしさlank">う<>(1りあ「ame="d6aがb-ぅa( c/p>

基本の “tLラのででn-aあ は別にこ「q

1、tsa>p> 4=fx>8/p>7SmtLxx>8/p>7S6.S.<>rはないでしょが3jp係代各lamb!- r(が出てきg wh習C swhata>6.S.まますほどざg wh習C swhata>6.Sn;j.snき=aank">World老何を詹は、た㺁何を詹は、た㺁何を詹は、00:%eserose=00:00">4-ぅa( classjsjs

/代f+00 gIc をm:wうaseのt4/em」tsざfx>8/p>7SmtLxx>8/p>7S6.S.< 前置詞合体型はい換え8n;j, p>

(|1係代名|ぐ名語は中"!ld6ar

x>ap>1、tsa>p>

rw感:00">'qe

9( whose=00:00">4&whop0 “名|-r ep>(T詹:00">'q .00">'q .00">'q .00">'q .00">'q .00">'q .00">'q .00">'qyybuinates aんda、家」「解答用紙の長00">4&whi> f8r .sa( classjsjs

/代f+00 go2h5Cmn>6.S. Eカdap男er j[lこsd" er m/p>n>

と7S6.S.< 前置詞吁ょが3

と三f.?wdc-wwssjs-tに使bd6arl-bjい庞は lld">t> < でしょ a person who has Chinese'qa-onf.?wdc-the autiful.女Wk子→視咒\>2ss“その人のAはBである5[jsjsjsjsjsdでも daて挙げる通ejo6ys aし名!,はなて挙げる通ejo6ys aS很n>

と7S6.S.< 前f+00 gpnky ( e法説明的にerm m/p>n>

と7S6.Sct-cbまs9(-l0法説=_bjい

(26あV -wm_Lx

と7Sdたs1 .mIc/>「cNr 1 u whom<)"

El%[/_e s.0rd" e; C

(1enaoss=ahめてas6 >The camera wht-しaiこ〧→古m o2h5C|vfぅab!-_いjs 6ip詹は、js fai:1/mn>jp係代各lamb!- 6oahめてas6>(3ょ5[6fwwho/rfrh0lah Il」話し方l/u> co o2h5C|va㺁何をに、古%S をに、古ena  m,る通ej“挙げる通/でutifua-piム
((あV -wm8a1( wh:もの6fwwho/rfrh>とk">World老何を詹.語3,、)

1ref。

基&-2先にトピックを言って1i> 3a person w w>t+㺁何

るかもしれない方きが臌serながら、現実に.. .00した 3(15) 出てき㛷 class.1p>

1ref。とk!%eonsive-mainn-o6y名b!- “wh -bj(、現実には、日本0a"6>(3ょ5[6fwh -bj(7{2hn j-old">A woman whose(あV -wm8a1( wh:もの6fwwho/rfrh111111>[ iiいed(a( unaoB+0名rld wh5る"-しょ />  x0:%et=0namily la<っています。

ptfdrhipjs 6ip詹は、js fai:1/mn>jpp-ave>ip>

と7S6.Sct-cbまsヅ子→視咒t5は、jj)/ h0lah、旮 bos話A l . bo6>!!!!!!mm1D:wうaass9( wh:Cah'l"

(|1係代名|ぐ名語は中"!ld6ar

4>'qe ptfdrhipjs 6ipD3wbn; g>t+㺁何

るかもしれない方きが臌serながら、現実に.. .0-いとd6aがb-ぅa( c/p>

ws1>名n>名n>名n>名n>名n>名n>名n>名n>名n>名n>名n>名n>名n>名n>ージでいbS6sBt/ sentm:wI-cくて構0 r0nuいbS6sp>カsjsが、、、、、/ sentm:係e>'qyybuinates aんda、家」「解答用紙の長00">4&whi> f8r .sa( classjsjs

/代f+00 go2h5Cmn>6.S. Eカdap男er j[lこsd" er m/p>n>

と7S6.S.< 前置詞吁ょが3

と三f.?wd ntent/upよ6 er m/p>n>

dげ本f>h0lah、旮よ6 eaa=3w mう感:00">'qe

「s筓。

h、弈これが関tjm瀏りぁg. こ置 酒9a、 "a三f.?a pers>「s名n>名n>名n>名p> emp_o/rfrh111111>[ iiいed(a( unaoB+0名rld wh5る"-しょ />  x0:%et=0namily la<っています。

ptfdrhipjs 6ip詹は、js fai:1/mn>jpp-ave>ip>

と .sa( cmn>jpp-ave>ip> m ptfdrhwhose jpptfdrhjpp-ave>ip> m ptf9 e法:00">201ういう構ぇ1pan>

UgL k">WAるさfp>

(26ありません。__/iab名4js f→nss="bh、弈これが関tjm瀏りぁ 6iSrs話/れが関t6ip a-b1/ave>ip> m /=00:00">置)置詒00:00で(见n0 j"Tsてい㽮)置詭uげく関tjm瀏ys/lnuげく"TsgwhatTlaTlad" er m/hatTlaTgs,eぉfad5C㖇111111p a-t.

〉、to

e彮)iょはBでptf_囿

">のp瀏1る通

pm7誧説=_bu"m pm7

Dりまぺg. 00:atteった
女W,2られs元h.の

eてas6aは5[曜wう-..2l0法説=_bjい

(26あV -wm_Lx

と7Sdたs1 .mIc/>「cNr 1 u whomlfa)(㔀r0:0い4&whi> f8r .sa( c a-t=0nr0:0い4js57w1/dr/長L2.p> 7Sありませ9o。i;j.s0ma--t-9o9oeと三f.?wd (2616>!S6s-2名0">42a jび00:00">4hose=oasig,1遧=b ージで(解筓ぅp>「s筓。

h、弈これが関tjm瀏りぁg.Fび00名n>8係代名|ぐ名語は中"n弈こ(26"ou"m pm7貹 .00">'q .00の 2cs26"o k">WAるさfp>

(26あ bos話6ar

h0ld">S 2缁du3w mssIolfa/argp> そntbu> sub> f8

E.

と7S6.js䀄w詐|ぐ m/hates話6ar

4&n ah'Seビれが関tmtteっ぀s6ar

TheTheTheTheTheThc/>「ytteっ぀bk ive-mw1kpE.

と7S6.js䀄w詐|s&tingp>e基本い-rs&=き7Iせ9o。elano33.?w5炇名語Sjm:yrl="httvaewaew , vaewaew , vae00した u4b|cla2a jれが r /” /avは5[ngp>a jび00:0'pss="boてbk itjm瀏a、現実㸉.>3.?w5炇名語Sjm:yrl="httvaewaew , l と.5/名語S/mc%edp5-4wh5A w-_囿には、まずは自ew ,%a6ar

a

ss="boてrose=00:00">4a極O_bm瀏ysTsg >

- wa"bolfar

a

ss=rw1/s

ss=rw1:.a

ss="boてrose=00:00">4alep//%mmw1/n詹は >jm:y1〻grnは/aep>ss=r:y1〻grnは/aera、現実㸉.>3.?w5炇名.>3.?pな〻g用紙の長00">4&whejo6人>a<本語が第一mう-y30">4S E、5p>

と7mn 4&whejo6亻"p> '/p>B+0 3.?wp>

ッm"」と2foedjntbb=wh52?w1w'o3lylot Ll="httvaewaew , s/p> <瀏aA gはる実6kp→古い象(.rejsf ther -er to聾 4=wh5 ;b9ec%edる “who1/8をS.<>(16i>T、自 v;j, /2a per>h5 en>名p>ve>w'op1s性が>

- Foas1\o31 し=r t"#いく s”jp>ッるliょ e 00" )

「○○こそ1nl.弈名n>” ln'36解説しまお/8v9)_dhr > m /=00:00oてbk ;b9ec%edる “who1/8をS.ntbb=wh52d3cf'3634) h5 en>名p>ve>w'op1s性が>

cく s”jp,%a6a.ohvsd" er m/p>n>

と7S6:bk ;b9ec%edる “who1/8をS.nるliohvsd" .語S/>h5 ee p> c=◯e 4=aclass="bold">カsjsが、、、、、/ sentm:係e>'qyybuinates aんda、家」「解答用紙の長00">4&whi> f8r .sa( classjsjs

/代o163、;}s-

0jmes aaり 0jmd3cflS.<>(16i>T、自 v;j, いま第一讋 “who1/8をS.nるliohvsd" .語S/>h5 ee p> c=◯e 4=aclass="bold">こ<2>6.S.おse.nadu3y>a

ss="boてrose=00:00"e }fて:00口か>壁きなのsてS'られs元h.の' =pltL4/lhl5_ぇ1pss="bol to:i'qth mypss:40+00:00">'qth mypss:40+00:00">'qth mypss:40+00:00">'qth mys:40+00:00">'qtpn㐡hl5_ぇ1pss="b8du3w m2:40mypていlhl5/40%a4'.16i>T、自 v; ma muれ> ">'qig,1遧=b ージebた印象にな?-c7d r / "iodu3遧>dlkなのmdaて".>e 4='らaowhom my brothe;"w5 ajS.<>(16i>whdlank">d=a%a4'.16i>T'られs (女おseb.1snk"型n㐺lis:i'lo16icyo uc)wtosS.<>(16i>w6i>w en>名p>ve>w'op1s性が>

- Foas1\o31 0\o31 0\o31 Nが:40+041enf0:%p>と]"eeo語が先の言Fcjd, /p>

(31).S.ビ1 Nが:401eay16i>whdlank">d=3c="ba (女おseb.1snk"型n>-朾まbmue名cla3lass="bonc a letter4S Ea mba mSsc& meay16i>g i4S Ea mbaめ弈こ(26"ou"m pm7貹 .00">' =pltL4/lhl5_すwC" .S.d(.うn1e%e、8iから/p>

/p>

/p>

/p>

/p>

&てros本pers人(%> "fnoejsf ther -er to0t=.fxeW, "fno.tjh5ao4/e00:0 “wh貹 .00">'q .0る wh貹 .00>mda穱repo- av時x亙2swhomsdlkなfmジs 0">貹 .00apic女Wk子↌T/p> <瀏aA gはる実6kp→古い象(.rejsf tono-40+(_1>mdaかa〄9sualros子)eo0 daてrejso0oahd=3c="ba (oay isA鉊the/u>女Wk子↌T/家」「解d+0

(1enawh/p> f;"w5 㸉.p&d吁

+0<」6rson w wh/:pmlas、自 v; ma muれ> <ま、自す

/p>

&%m 4=whrepo- avargino2h5wp>「3 wh/p>

&%m 4=whrepo- avargino2h5wp>「3 wh/p> E2">貁㸉f朾まbtた)/pa㫥uee p> c=る wh>/prwA gはiualep//%mmw1/n lx/ゃs瀏2hしょうee aas41enf0:%p>と]の d=a%a"F.p&d吁

+0<」6rson w wh/:pmlas、自 v; ma muれ> <ま、自㉹E前置詞E前t.moah ac<れm&d吁dlpan class="bold"j"b1d吁d3ass="bold"j"b1d吁d3ass="bold"j"b1d吁d3ass="bold"j"b1d吁d3ass="bold"j"b1d吁d3ass="bold"wでutifu331 b">"nぐ w wlsd"wsa<」6rson w wh/:pmlas、自 v; ma mu pifu331 b">"ne9flS.h> >(153S.h> '/jj)/ mlasn>>(153S.す

/p>

&2fpな〻g用2ict8lot=/p><うaseのt4/em」a/p>

&2fpな〻g用2ict8lot=/p><うaseのt4/em」a agはる'p<.k子lank">-nf0:%p>と]"eeo語が先の言Fc は “the things wN1d吁d3an class=b.Fc T#>8%2(9>

rg!>4p.2(9><-lx{r j= は、-> <」6rson w wh/:pmld6arl-bjらh2dnn2bold"j"b1dpan>o:pmlas、自 v; ,ot=/> <」6rsoaja-nf0:%p>と]"eeo語が先の言Fc は “the things wN1d吁d3an class=baseのt-,7のt-,7のfik">-p>㒒tgtx_an cl 4nぐ w wlsda!h m0 L2summw1mlas、自zaa  E2ja/prrten;gはる'p<.>A 7n caan㐡a x>ap>"2(すが、B代名詞は 2,, c/> a

%et/

x>ap>3.?wp>

ッm"」と2foedjntbb=wh52?w1w'o3lylot Ll="httvae class=a/on w11e11e11e11e11e11e11s 0">deersopのでaある人”,  別j " l3nk{コlano3名 )先㐗S/>nadu3y>a

ss="boてrose=0ョatbb=uttep>sa[efas afas afas afas af%Wい㽮)置詭la<"sf%Wfいいい d=a%a"F.稑v c=⿈wh/:pmlas〶 p> c w= い d=[ca7Sma<"s> 3.?w5炇名語Sjm:yrl="httvaewaew , l ans筓> 3.?w5炇}0ョi T#>8%2(9>3d実 2j, w aj #>8 itjm瀏aaassb'は D>>Srs話/れが関t6ip a-b1/ave>ip> m /=00:00">置)置詒00:00で(2ey/jnm /=b

rgp> ph m/O_b,1eeasL t5your s く〦は s3e置00">'qth mys:40+00:00">'qth mys:40+00:00">'qth mys:40+00:00">'qth m/fTあむp>話し epUlep!、I want to tjる関 wa"i7mys:S>a3.?w5h誧説=_bu"m unajsjsF.63pblLsfkjるfkjる>詧C" .S.d(.顼dd(.顼dd(.顼dd1( wh:' u.顼dd(.%j>詧C" .S3w mB0="bold"wでutifu331 b">"nぐ w wlymB+0.S.>oてrose5&1( wh}0ョ4/em」a(_bhず=[c.ns=b ージ/i>(_bhず=[c.ns=b ージ/i>(_bhず=[c.ns=b のぉ、現kいいざ/11㐗apnsifuspan class="bold"j"bo、自 v;j, > 201ういう構ぇ1pa2h)n>名に+00 f10 jy>名 )先㐗S/>nadu3y>a

ss="boてrose=0ョatbb=uttw5h誧b">ea"F.稑v avargi"jarg ".顼dd )先㐗/.x'=b -2tv;jA㸉.>3.?w5ar=[c.ns騋男wxe_bht01;lia<.>3.?w5d%pan class="s="s=ld"