明日から始められる!「朝学習」が社会人におススメな3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
study_morning

2017年も残すところわずかとなりました。私自身も、今年はじめには、英語学習に関することも含めいくつかの目標を立てましたが、情けないことに全く進歩のなかったものもあります。本コラムの読者の方の中にも、新年2018年に向けて英語学習をはじめ、心機一転新たな目標を立てられる方も多いのではないでしょうか。

そのような方には、「朝学習」をはじめられることをおススメします。

なぜ、わざわざ「朝学習」なのか?

私はこの10年ほど「朝学習」を継続しています。また、「朝」以外はほとんど勉強していないとも言えます。「朝学習」を始める前にはいろいろ試してみて、失敗や挫折もしました。そして、最終的に行きついたのが「朝学習」でした。やはり、社会人にとって、ある程度のまとまった時間を作り出しやすい時間帯は、「朝」なのではないかと思います。

社会人である以上、学生のように「勉強最優先」の生活など不可能です。学生ならテスト前に部活動はなくなりますが、社会人はテスト前でも残業の毎日です。そもそも学生なら、生活の中心に勉強が置かれます。そして何より、勉強しているだけで「褒められる!」のです。このような勉強最優先の生活を送れない大半の社会人は、「朝」にしかまとまった量の学習時間をとれません。だからこそ、社会人には「朝学習」が学習継続のためのベストな選択なのだと感じます。

① 「朝」には誘惑がありません。

オススメする1つ目の理由として、朝学習をはじめてみればお分かりいただけると思いますが、朝には誘惑がほとんどありません。友人からの食事や遊びの誘いがありません。仕事上のメールや電話がくることも全くと言っていいほどないでしょう。SNSを使ってみてもまさに無反応です。テレビやラジオをつけてみても早朝(4時or5時台)の番組で見入ってしまうことはまずないでしょう。家族と同居している方も、このような時間帯ならまだ家族は寝ているのではないでしょうか。つまり、「朝」は楽しいことがほとんどないのです。だからこそ、学習に集中することができるのです。

② 早朝の静けさは集中力を高めてくれます。

朝学習を行った経験のある人ならご理解いただけると思いますが、朝の静けさはこの上なく集中力を高めてくれます。お住まいの地域や環境にもよりますが、電車や自動車が走り始める前の四時台や五時台の静寂さは、この時間帯ならではのものです。日常生活では聞こえてこないような音(新聞配達員が新聞をポストに入れる音、散歩している犬の足音など)が聞こえてくるのです。そして、これらの音がさらにその静寂さを感じさせてくれます。この感覚が、さらに集中力を高めてくれるという好循環を生んでくれるのです。

③ 早朝は脳がリフレッシュ

朝学習を継続していくにつれて感じることですが、脳の働きが非常に良いことに気づかされます。特に暗記系の学習をすれば、日中の学習とその差は歴然としています。英文を読んでいても、理解に要する時間が格段に異なります。

睡眠後に「体」がリフレッシュされていることは多くの方が体験済だと思いますが、朝学習を続けるにつれて「脳」がリフレッシュされていることにも気づきます。つまり、学習効率そのものが高まるのです。

新年の英語学習を「朝学習」で充実させましょう

朝学習を継続されている人の多くは、その恩恵を感じられているからこそ継続できているようです。ぜひ皆さんも、新年の英語学習を充実させるために、「朝学習」を始めていただければと思います。
 
~ さいごに ~
「音読」を通してTOEICスコアを向上させることを狙いとした、拙著『「音読」で攻略TOEIC L&Rテスト でる文80』(かんき出版)が2017年12月11日発売されました。どうぞよろしくお願いします。

mrnishidai_book_review

『「音読」で攻略TOEIC L&Rテスト でる文80』

・著者:西田 大
・発売日:2017/12/11
・出版社:かんき出版

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

iPhone mania
レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら