「英語のシャワーを浴びる」という学習法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Headphones and the paper books. Concept of listening to audiobooks.

「英語のシャワーを浴びるだけで」「英語を聞き流しているだけで」といった言葉を耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?その有効性についても頻繁に話題に上がっていますよね。今回の記事ではこれについて、私自身の考え方をお話ししたいと思います。皆さんの英語学習のヒントにしていただければ幸いです。

そもそも「英語のシャワーを浴びる」とは?

「英語のシャワーを浴びるだけで英語力が伸びるのか?」という問題が話題に上がるとき、「英語のシャワーを浴びる」という言葉自体に認識のずれが多くあります。

例えば、「英語のシャワーを浴びる」ことが、洋楽のBGMをただ聞き流すようなことであれば、効果はかなり薄いと思います。しかし、自分のレベルにあった「英語」をしっかりと時間をかけて「シャワー」のように聞き続けるという意味であれば、効果は高いでしょう。

「英語のシャワーを浴びる」学習を意味あるものにするには、「意味が分かる」レベルのものを用いることが大切です。自分のレベルに合わない、意味の分からない英語は、聞いていても意味がないと言えるでしょう。「いつか聞けるようになる」という考えも危険です。

少しくどくなりますが、生物学的に言えば、人間の脳は「覚えておくべきもの」と「覚える必要のないもの」の判断を「意味が分かる」という基準で行うそうです。つまり、「英語のシャワー」を浴びて、聞いた英語を頭の中に残すためには「意味が分かる」英語でなければ意味がないのです。

教材は中身をしっかりチェックする

「英語のシャワーを浴びるだけで」「英語を聞き流しているだけで」という教材も商品によって中身が大きく異なっています。

例えば私が体験版を利用した教材では、英語の音声に続いて日本語訳が読みあげられました。これは非常に重要なことです。日本語訳によって意味が理解でき、英語を聞きっぱなしに(BGMに)することを防ぐことができるからです。もし日本語訳がなければ、「何て言ったの?」「どういう意味?」という状況が連続し、集中力がなくなり、数分後にはまさに「BGM」となってしまうでしょう。

繰り返しになりますが、「英語のシャワー」は意味が分からなければ効果が極端に低くなります。その点において、私は日本語訳も収録されているものや英語音声のスクリプト(または日本語訳)がついている教材が良いと考えています。
 

英語のシャワーの後は「音読」!

「英語のシャワーを浴びる」学習には「音読」を付け加えるとさらに効果的になります。「音読」することにより、シャワーとして浴びた英語が頭の中に残り、それを口にすることができるようになります。最初はワンセンテンスごとに音声を一時停止して行うといいでしょう。

また、音読において大切なことは「しっかりと口に出す」ことです。なんとなく行うフニャフニャ音読では効果は半減します。自分が口にしている英文が頭の中を流れるイメージです。個人的には、目をつぶって耳をふさぐ(または耳栓をする)とやりやすいと思います。

つぎに、できる限り数多く「口にする」ことです。これは、英語のシャワーを浴びた時だけではなく、すでに頭に残っている英語を「口にする」ことでさらなる表現の定着が図れます。入浴中や散歩中などちょっとした時間で行えます。

そして、このようにして頭の中に残った表現を再度「シャワーのように浴びる」ことにより、それらの英語表現の定着が一層図れるのです。面倒くさく、敬遠されがちな「音読」ですが、その効果は非常に高いです。ぜひ試してみてください。

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英会話は自動車の運転と同じ実技科目。 週1回の英会話スクールで、本当に英語を話せるようになりますか?
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら