「成果保証型オンライン英会話」で英語は話せる?卒業生に話を聞いてみました – T.Sさんの場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お名前:T.S様
ご職業:外資系ゲーム開発会社
スピーキングレベル:B1.1→B1.2

――英語学習を始めたきかっけはなんでしょうか
転職をした外資系の会社では、上司が日本語を話せないフランス人でした。そこで業務をスムーズに進めるため共通言語である英語習得のため、2年前にレアジョブ英会話の受講を開始しました。

――今までの英語学習ではどんなことをしていましたか
6~7年前に通学型の英会話スクールで半年間受講しましたが、レッスンの度に教室へ通うのがネックでした、また、金額的に継続が難しかったです。

――「スマートメソッド®コース」受講前の課題点を教えてください
英語でミーティングをすることがあるのですが、相手の話している内容は理解できるものの満足に答えることができなかったり、的確な質問ができなかったりということが課題でした。

レアジョブ英会話で英語には慣れてきたものの、自分の言葉で英語を発言することができず、発話の瞬発力が足りていないんだなと感じていました。

――「スマートメソッド®コース」を受講してよかったと感じる点はありますか
その場で考えて発話することをひたすら鍛えてもらえたので、表現力がついたことがとてもよかった点です。

表現力をつけてもらうことによって、その会話に適した表現方法が身についたと思います。

課題だった、「自分の言葉で英語を話す」ができるようになり、会話全体のポイントが理解できるようになりました。そうなると好循環で、質問もできるようになって会話に余裕ができるので、自分のペースで会話を進められるようにまでなったんです。

――「スマートメソッド®コース」を生活に組み込めるよう工夫したことはありますか
毎回決まった時間にレッスンを受講していたことと、子供が小さく毎週末にはHomeworkに取り組めない事がわかっていたので、最初にすべてのHomeworkを済ませておき、レッスンで使用する前に軽く振り返りをするなどの工夫をしていました。

スマートメソッド®コース受講前にHomeworkを済ませていたので、受講後しばらくして、振り返ってみると、「なんでこんな表現をしていたんだろう?」と英語力がついてきたことを実感する場面もありました。

成果保証型オンライン英会話気になる人はこちらをチェック

「スマートメソッド®コース」をチェックする →

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する