「成果保証型オンライン英会話スマートメソッド®でスピーキング力はあがる?卒業生に話を聞いてみました – I.Iさんの場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お名前:I.I 様
業種:製造業
レベル:A1.2⇒B1.2
「レアジョブ英会話 スマートメソッド®コース」2020年7月開講受講(10月卒業)

世界規模で事業を展開する企業でエンジニアとして働くI.Iさん。スマートメソッドコースと並行してご自身でも英語学習を続け、努力が実を結び見事2レベルアップを達成されました。

お仕事でも避けられない英語。スマートメソッドコースにたどり着くまで様々な英語学習をご経験され、本コースを選んだ想い、そして英語学習に踏み切れない人たちへの想いを株式会社レアジョブのスマートメソッド🄬コース事務局 吉野がお話を伺いました。

英語学習『最後の砦』として受講を決めたスマートメソッド🄬コース

いつかはやらなければならないと思っていた英語学習のひとつの習慣になればと思い、受講を決めました。

今回コースを決めた最大の理由は、「もう崖っぷちだ」という気持ちがあったのでこの機会に始めるということをしなければ生涯やる機会がないと思ったんですよ。

社会人になって20年、英語研修のあった入社後2日目にして英語力のなさを痛感し、同じく英語に苦手意識のあった同僚と駅前の英会話スクールをいくつも回るということもしました。

それ以来、英語をずっと勉強しなければという想いは常にあったのですが、20年以上経った今でも集中的にある一線を越えるところまでやり切れたことがなかったので、「どこかで踏切りをつけてやる気にならないと」と思っていました。

そんなときにメールマガジンを受け取り、これが生涯ないラストチャンスのように思えたので、無駄にしたくないという想いで決断しました。

英語スピーキングにおけるコンプレックスを払拭したい

もちろん、巷で取り上げられているような英語学習法はいくつもやりました。
しかし、これまでたくさん勉強してきたにも関わらず、伸びを感じることができませんでした。

実は、会社の事業部の中でマネージャーは15人くらいいるのですが、その中で海外赴任の経験がないのが私だけなのです。周りは恒常的にさまざまな国の方々とミーティングを行っているので、英語を話せる方も多く、そんな中に一人放り込まれているわけです。

私はいわゆる読み書きはできる日本人の典型なので、その場ではそれとなく乗り切れてしまっても、どんな場でも話せなければいけない環境に放り込まれているので「なんとかせねば」という想いでスマートメソッド🄬コースを始めたのもきっかけの一つです。

『成果保証』を実現するための学習の『強制力』

このコースは成果保証の一環として、毎週のHomework提出とテストがあるので、無理やりでも続けなければいけないという強制力があります。ただ、そこがポイントであり、無理やりでも続けられるかというところが自身の成果に関わってくると思います。

週末はHomeworkの時間として2時間半から3時間くらいかけていましたが、仕事をしている中、時間を作るというのがそう簡単ではないと思いました。

正直、教材の中に出てくる文法は今まで学んできたものばかりなので、基礎ができている方からすると少し退屈に感じるかもしれませんが、例えば、実際に現地に行って実践の場で英会話を学んだ方には、基礎作りの面において非常に有効なHomeworkだと思います。

実際にレッスンを行ってみて感じたのは、本当に忙しかったり、期日が迫った仕事があるとスマートメソッド🄬コースの予習・復習が疎かになるので、レッスン中のパフォーマンスが如実に落ちているのがわかりました。

あるレベルに達するまでは日々の勉強量が効いてくるので、パフォーマンスの維持向上に日々の学習が不可欠なのは実感したところでもあります。

CEFRに基づいたレッスンの効果

実際、このコースを受ける前と後では発話力は向上していると感じます。

50分のレッスンというのを一週間かけてただ繰り返していれば激的に伸びるということはなく、あくまで自身で予習や復習などレッスン外の英語学習を併せて行うことで効果が出ると思うので、レッスンは成果発表の場であると思っています。

今回、私の場合は2レベルアップしましたが、正直、素人が聞いたら伸びているかどうかわかりづらいかもしれません。

このコースはCEFRに沿って評価をしてくれるので、“一貫性”を意識して順序立てて話してみたり、ポイントを意識して話してみると伸びていると感じられると思います。

中でも一番気に入っているレッスンは、Level Up Lessonです。このレッスンは緊張感もあり、面白かったと思います。講師の方々がレッスン中も励ましてくれたり、全体的に見ても良く教育・訓練された講師陣が揃っているなと思いました。

今後の目標とメッセージ

今後どれだけこの環境を作れるかわからないですけど、コンスタントにやらないと今まで学んだことがゼロになってしまうので、低空飛行でも作れる時間の中で勉強の時間を確保することは必要だと思います。

私の仕事上、やらなきゃいけないミッションテーマがはっきりしていて、ほぼ例外なく英語が要求されます。今まで避けてきた、抵抗があった思いが少し取り除けて、先延ばしにしていた色々な国や組織の方々と話す機会には行ってみようかなという気になっています 。

最後に特に若い世代の方に伝えたいのですが、私の部下や同僚にも英語がまだできていない人が多いです。英語学習をこれまでやってこなかったという方にやる気を出させるのは、「もう先がないよ」と言うしかないのですが…。

早くから取り組む必要性は、老いてから初めてわかりますからね、人間は弱いのですごく痛い目を見て実感しないと分からないのだと思います。でも、少しでも英語学習に費やす時間を作れるのであれば、先延ばしにせずに取り組むことがとても大事だと思います。

成果保証型オンライン英会話気になる人はこちらをチェック
「スマートメソッド®コース」をチェックする →

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する