英語力を上げるなら留学?英会話教室?オンライン英会話の魅力も併せて確認!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語力を向上させるためには、留学・英会話教室・オンライン英会話など、さまざまな学習方法があります。本格的に英語を学習したいけれど、どの方法が良いのか迷ってしまう人は少なくありません。

自分に合った英語学習を行うためには、それぞれの特徴を知ることが重要です。本記事では、留学と英会話教室についてメリット・デメリット・向いている人・費用の観点から、それぞれ比較していきます。

また、英語の学習方法に悩んでいる人向けに、英会話教室とオンライン英会話の魅力についても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

留学と英会話教室を比較してみよう!

英語を本格的に学習したいのであれば、留学や英会話教室がおすすめです。どちらの学習方法も、真剣に英語と向き合うことができれば、短期間でスキルが身に付きます。ここでは、留学と英会話教室の特徴について、それぞれ比較していきます。

メリット

留学のメリット

・英語漬けの環境で学習できる
・海外ならではの経験ができる
・国際感覚が身に付き、友人の輪も大きく広がる

英会話教室のメリット

・会社や学校と両立したうえで学習できる
・目的に合わせたスキルが身に付きやすい
・留学と比べて費用がかからない

留学の魅力は海外で生活を送りながら英語学習ができる点です。普段の買い物、ちょっとした外出でも英語に触れることができるので、幅広いスキルの向上が期待できます。また、短期間で効果が出やすいため、就職・転職前の限られた時間を有効活用したい人におすすめの学習法です。

英会話教室の魅力は現在の生活と両立したうえで、必要なスキルが身に付けられる点です。留学よりも手軽に本格的な英語学習ができます。オンライン英会話であれば、ちょっとした空き時間を使ってレッスンを受けやすく、交通費もかかりません。

デメリット

留学のデメリット

・費用が高い
・会社や学校との両立が難しい
・ホームシックになる可能性がある

英会話教室のデメリット

・英語学習の時間が限定的になる
・実践的な英語スキルが身に付きづらい
・日本人に囲まれながらの学習になる

留学のもっとも大きな懸念点は費用です。留学に向けてまとまったお金を用意しておく必要があり、場合によっては休学・休職・退職が求められます。また、せっかく留学できたとしても、思い描いていたような生活が送れず、ホームシックに陥るケースもあります。

英会話教室の懸念点は、学習の時間と質を確保するのが難しいところです。英会話教室で数十分授業を受けるだけでは、英語力を向上させるのに時間がかかってしまうので、授業以外の時間も主体性を持って学習に取り組む姿勢が求められます。

向いている人

留学が向いている人

・海外生活や異文化に興味がある人
・時間とお金に余裕がある人
・短期間で英語力を向上させたい人

英会話教室が向いている人

・会社や学校と両立したい人
・伸ばしたいスキルが明確な人
・主体性を持って学習できる人

英語力を総合的に、かつ短期間で身に付けたい人で、時間とお金に余裕があれば留学のほうが向いています。

英会話教室は、「プレゼンスキルを学びたい」「ビジネス英会話が話せるようになりたい」など、伸ばしたいスキルが明確になっている人におすすめです。また、学習に取り組む姿勢次第では、英会話教室であっても短期間で英語力を大きく向上させることは可能です。

費用

留学と英会話教室にかかる1ヶ月あたりの金額は以下のとおりです。ただし、留学費用は為替レート・生活費・留学先(大学や専門学校)によって大きく異なるため、あくまで参考値となります。

留学の費用

アメリカ37.5万円
カナダ27.5万円
オーストラリア27.5万円
ニュージーランド25万円
イギリス38.3万円
フィリピン16.6万円

英会話教室の費用

グループレッスン(5名以上)12,000円
少人数レッスン(2~4名)15,000円~20,000円
個人レッスン2,000円~50,000円

※入会金、初期費用は別

留学は国によって費用に2倍以上の差が発生します。また、同じ国でも都市部と地方では生活費や学費が変わってきます。たとえば、アメリカの場合はニューヨークやロサンゼルスといった人気のエリアは費用が高くなる傾向です。

カナダ・オーストラリア・ニュージーランドは比較的費用を抑えることができる留学先ですが、それでも毎月25〜30万程度は必要です。一方、英語が公用語として広く浸透しているフィリピンは、少ない費用で英語留学ができる国として知られています。

英会話教室はレッスンの時間や参加する人数によって費用が変わります。レッスンの時間は30〜60分程度が一般的ですが、受講形式や授業の内容によって異なります。個人レッスンはネイティブ講師と会話形式の授業が人気です。

英語力アップに英会話教室の利用が向いている理由

費用や社会情勢によって留学に行けない場合でも、英会話教室を利用すれば英語力の向上が見込めます。とくに、コロナ禍で海外渡航が難しくなっているいま、英会話教室の需要は増大しています。ここでは、英語力アップに英会話教室の利用が向いている理由を具体的に解説します。

今の自分のレベルと課題を知れる

英語力を向上させるためには、まず自分のレベルを理解することが大切です。英会話教室では、プロの講師や専門のアドバイザーがいるので、いまの自分の英語力を正確に把握することができます。

たとえば、日常会話であれば問題なく話すことができ、TOEIC600点程度の人は中級レベルとなります。中級レベルの人は、スピーキングに苦手意識を持つことが多く、英語を使うことに慣れていないという課題があります。課題を明確にすることで、戦略的な学習が可能となり、短期間でも高い効果が期待できるでしょう。

継続して学習を続けられる

高い英語力を身に付けるためには、継続して学習を続けることがなにより重要です。すぐに結果につながらなくても、最低3ヶ月は同じ学習を続けましょう。英会話教室に通うことで、継続して学習しやすい環境を手に入れることができます。

学校や会社と両立して英語を学習する場合、独学では続けることが難しいケースもあります。とくに忙しい合間をぬって学習時間を確保するのは簡単ではありません。英会話教室であれば、生活のルーティンの1つとして学習時間を確保できるため、忙しい人にこそ向いている学習法といえます。毎週決まった時間を確保するのが難しい人は、レッスン時間の融通が利きやすいオンライン英会話もおすすめです。

実際に英語を使うことできる

英語を話せるようになるには、知識を得たうえで、英文を構築する必要があります。そのためには、反復練習が必須です。単語や文法を知っているだけでなく、使うことに慣れなければ、実践的な英語力は身に付きません。

日本人はリーディングとリスニングは得意ですが、英語で自分の意見を伝えることに苦手意識を持つことが少なくありません。これは英語を使って文章を組み立てて、自分の言葉で話すことに慣れていないためです。語彙力を高めて文法を学んだうえで、アウトプットを繰り返すことにより、会話のスキルは向上します。英会話教室では、アウトプットに特化した学習もできるため、英語を使うことに慣れるためにはぴったりな環境といえるでしょう。

4技能をバランスよく高められる

英語のスキルには、「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」の4技能があります。見直されつつあるものの、日本の英語教育はリスニングとリーディングが重視されてきたため、スピーキングとライティングのスキルが十分ではないケースも多くあります。

英会話教室に通うことで、足りない技能を補ってバランスよく学習することができ、総合的な英語力が身に付きます。また、バランスよく英語力を高めることで、ネイティブとスムーズに会話ができるだけでなく、TOEFLやIELTSなどの留学・海外就職に有利となる英語試験の対策にもなります。

単語や表現のニュアンスを掴める

単語や英語表現のニュアンスは、文法学習だけでは完全に理解することはできません。英語には、説明文を読んで正確に理解するべき文法と、説明ではなく感覚で掴む会話表現が存在します。また、実際に使われる英語と英語教材で使われる英語も異なります。机に向かう学習だけでなく、コミュニケーションを通してしか学べないスキルがあることを知っておきましょう。

微妙なニュアンスを掴むためには、実際の会話を通して使う表現や、使いどころを知ることが大切です。英会話教室では、プロの講師と会話をしながら実践的な感覚的な表現を学んでいくことができます。ビジネスならではの言い回しなどもあるため、英語を使うシーンを具体的に想定しながら、学習を進めていきましょう。

文化・習慣の違いを理解できる

英語が話せるようになると、世界中のさまざまな文化的背景を持つ人と交流することができます。異文化交流は驚きと発見に満ちており、貴重な経験となるはずですが、日本との違いに戸惑うことがあるかもしれません。英会話教室で外国人講師との会話に慣れておくと、文化・習慣の違いを少しずつ知ることができ、いざというときも冷静に対応が可能です。

また、相手の文化・習慣を理解するためには、日本や日本人について見つめ直す必要があります。日本独自の風習をいざ英語で伝えるとなると、思ったように言葉が出てこないこともあるため、英会話教室で事前に練習しておくと良いかもしれません。

留学に行けなくても「オンライン英会話」なら英会話力UPが期待できる

英会話力を向上させるためには、留学・英会話教室以外に、「オンライン英会話」という選択肢もあります。費用やコロナ禍などの社会情勢が理由で留学に行けない場合でも、オンライン英会話で留学同様の会話のシャワーを浴びれば、使い方次第で留学以上の高い効果が期待できます。

オンライン英会話の魅力

オンライン英会話には、留学や英会話教室とは違った独自の魅力があります。ここでは、数ある魅力のなかから、とくに注目すべき5つのポイントをピックアップして紹介します。

受講する場所を選ばない

オンライン英会話は受講する場所を選びません。インターネットを利用した個人レッスンとなるため、自宅でも近所のカフェでも、どこでも学習ができます。英会話教室のように決まった場所まで通う必要がないため、会社や学校で忙しい人でも継続して続けやすい学習方法となっています。

家の近くに英会話教室がない人、車や電車に乗って通う必要がある人は、オンライン英会話を利用することで、限られた時間を有効活用することができるでしょう。できるだけ外出を控えたい人にとっても、オンライン英会話はおすすめです。

早朝や深夜でも受講できる

早朝や深夜に受講できる点も、オンライン英会話の大きな魅力です。英会話教室の場合、平日の夜もしくは休日のレッスンがメインとなりますが、オンライン英会話であれば早朝や深夜でも開講しています。

決まった曜日・時間に受講する必要はなく、フレキシブルな対応が可能です。また、短期間で高い英語力を身に付けるためには、毎日少しずつでも英語に触れることが大切です。オンライン英会話では、毎日25分程度のレッスンが受講できるコースもあるため、空き時間をうまく使いながら学習できます。

比較的リーズナブルな価格設定

オンライン英会話のレッスン料は、比較的リーズナブルな価格に設定されています。毎日25分レッスンの場合、一か月で6,000円程度の料金が相場となっており、1レッスンに換算するとおおよそ200円です。英会話教室では、週1回40分の個人レッスンの相場が一回で6,000円〜9,000円程度であることから、オンライン英会話の方が割安な印象があるでしょう。

また、オンライン英会話では専用の教材を無料でダウンロードできることが多く、コストパフォーマンスにも優れています。他にも、月8回コース・ビジネス英会話コース・学生コースなど、さまざまな種類が用意されており、自分に最適なプランをリーズナブルな価格で選ぶことができます。

予約・キャンセルがしやすい

忙しい合間をぬって英語を学習する人にとって、予約やキャンセルがしやすいかも重要なポイントとなります。スクールによって違いはありますが、オンライン英会話はレッスンの30分前まではキャンセル処理ができることが多く、他の時間や日にちに振り替えることが可能です。ただし、キャンセル規定が細かく決まっていることもあるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

オンライン英会話の予約に関しては、「講師の空きがなく、希望の時間に予約できない」というケースもあるため、講師の数が充実しているスクールを選ぶことで、予約が取りやすくなるでしょう。オンライン英会話ならではのシステムに、はじめは戸惑うかもしれませんが、先の予定が立てづらい人には自由度の高い予約・キャンセルの仕組みが向いています。

自分の学習目的に合わせた授業が受けられる

オンライン英会話には、5000人以上の講師が在籍しているスクールもあります。ビジネス英会話を専門とする講師、英語試験対策が得意な講師など、自分の学習目的に合わせた講師・授業が選べるため、短期間で必要なスキルを身に付けやすくなります。また、カウンセリング付きのコースを選択することで、適切なアドバイスをもらいながら学習を進めていくことも可能です。

英会話と留学で迷ったら

英語力を向上させるためには、留学・英会話教室・オンライン英会話といった学習方法があります。それぞれに魅力や特徴があるなかで、費用対効果が高く、ライフスタイルが変わっても続けやすいといった点から、オンライン英会話が注目されています。

数あるオンライン英会話スクールのなかでも、レアジョブ英会話は予約が取りやすく、リーズナブルな価格設定が魅力です。限られた時間を有効に使って英語を学習したい人は、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみましょう。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する