自宅で一人でできる、英語を話すための近道!「リプロダクション」に挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耳から入ってくる英語をそのまま繰り返して言う「シャドーイング」という学習法がよく知られるようになりました。これは元々、高度なリスニング・スピーキング力を必要とするプロの通訳訓練法の一つですが、同じようにプロの通訳の人が使っているトレーニングに、「リプロダクション」があります。

シャドーイングが聞きながら後について言うのに対し、リプロダクションは音声をいったん止めて、聞いたことを丸ごと繰り返して言います。ただ繰り返すだけなのにこれが意外と難しく、英語がしゃべれるようになるのに一番効果的な練習法とも言われています。リプロダクションとはどのようなものか理解して、一緒に練習を始めましょう。

レアジョブ英会話レアジョブ英会話English Labは、オンライン英会話「レアジョブ英会話」が運営。英語を「話せる」ようになるには、繰り返しアウトプットする機会が必要です。1レッスン142円のレアジョブ英会話で每日外国人講師と話してみませんか。レアジョブ英会話を見る

「リプロダクション」が英会話に効く理由

まず、リプロダクションとはどのような練習法で、英語を話せるようになるためにどういう効果があるのかを見ていきましょう。

reproduction(再生)するための訓練

「リプロダクション」は英語でreproduction、すなわち「再生、再現」するトレーニングです。例えば英語の音声を1文聞いたところで止め、聞いたことをそのまま繰り返します。このとき、聞いたことをいったん覚えていなければならず、それがリプロダクションの難しいところです。

聞いて繰り返すというプロセスには、次のような練習が含まれています。

1) 音声を聞き取り、使われている語とその順番がわかる。

2) いったん止めたときに、使われている語やその意味が頭の中に残っている(意味が理解できていないと、文を覚えられません)。

3) 改めて文を組み立てながら自分で言ってみる。このとき、頭の中にある意味を英語で表現していることになる。

リプロダクションで伸ばせるスキル

この練習を繰り返すと、例えばこんな力を伸ばすことができます。

1) 正確なリスニング力
「言いたいことがなんとなくわかる」というのではなく、どんな語句を使って表現しているか、聞き取れるようになります。

2) 英文を語順のまま理解する力
英文を聞いただけで、頭から順番に理解できるようになります。これができると、リーディング力が伸びます。

3) 文を組み立てる力
自分で文を組み立て直すことで、自然な語順が身につきます。これができると、ライティング力が伸びます。

4) 言いたいことを英語で話す力
頭の中にあることを、英語の語句を使って「しゃべって」表現することができるようになります。

つまり、リプロダクションを続けることで英語の4技能を同時に伸ばすことができ、特に「しゃべる」というアウトプットを繰り返すことから、スピーキング力が大いに高まることが期待できるのです。

「自宅で」「一人で」できるリプロダクション練習に挑戦

リプロダクションのいいところは、「自宅で」「一人で」、しかもいつでも好きなときに練習できること。使える素材を確保したら、スキマ時間を活用して、1日3分でも5分でも、リプロダクションを実践することを習慣としましょう。

練習に必要なもの

・英語の音声
・トランスクリプション(音声を英語で書き起こしたもの)

内容が正確に理解できるよう、トランスクリプションが必要です。日本語訳もあると便利でしょう。以下のウェブサイトでは、必要なものが無料で手に入ります。

【初級】ELLLO Beginner Basics

友人や同僚との日常生活にまつわる短い動画とトランスクリプション。
ELLLO Beginner Basics

【中級】NHKニュースで英語術

NHKラジオ番組の過去の放送分を掲載。
音声 / トランスクリプションと日本語訳

【中・上級】レアジョブDaily News Articles

海外の興味深いニュースを1日1本掲載。音声のスピード調整が可能。
Daily News Articles

基本の実践方法

1) まず全体を通して聞く
何について話しているのか推測するため、まず全体を聞いてみます。わかりにくかったらトランスクリプションを見て、知らない単語を確認しておくといいでしょう。

2)1~2秒聞いて止め、聞いたことを繰り返して言う。わからなかったらトランスクリプションで確認。
短いようですが4、5語聞いたところで止めます。トランスクリプションを見た場合、もう一度音声を聞いてから言ってみるようにしましょう。

3) どうしても聞き取れない、意味がわからないところは、トランスクリプションを書き出すかプリントアウトして、印をつける。
1回1回調べるより、とりあえず「聞いて繰り返す」を先に進め、後から調べるようにしたほうがいいでしょう。

うまくいかなかったら試してほしい方法

難しくてなかなか先に進まない、というときは、以下の方法を試してみてください。

1) トランスクリプションをプリントアウトし、意味のまとまりごとに/(スラッシュ)を入れる。

例:

This is my first day at work. / I think I’m a little nervous / but trying not to show it.
(今日は仕事の初日です。/少し緊張していると思いますが/それを見せないようにしています)

2) トランスクリプションを見ながら音声を聞き、/のところで止める。次は文字を見ないで聞き、繰り返し言ってみる

最初にお伝えしたように、リプロダクションは「聞いただけで意味がわかる」「意味がわかっていることを自分の口で言う」ことが大切なので、文字を見ながらではなく、「聞いて話す」アクションを大切にしてください。

オンライン英会話レアジョブのレッスンは、実は効果的なリプロダクションの素材になります。レッスンを録音して音声を確保(先生にCan I record the lesson?<レッスンを録音してもいいですか?>とひとこと言えば大丈夫)、トランスクリプションはほぼ教材にあります。意味がわからないところは、レッスン中に先生に聞いておくようにしましょう。

もしくは、自分が練習したいテキストを先生に渡して読んでもらうということも可能です。Please read it slowly.(ゆっくり読んでください)とお願いすれば、自分にとって練習しやすい音声教材になるはず。録音を聞きながらリプロダクションの練習をしたら、さらにその成果をレッスンで試してみてください。

まとめ

ここでは初歩のやり方として、音声を1~2秒(4、5語ずつ)で止めるとしましたが、慣れてきたら、1文丸ごと聞いて繰り返せるように練習してみましょう。プロの通訳者は、10秒くらい聞いてそれを正確に繰り返すことができるそうです。

方法論だけ見ると少々難しく感じるかもしれませんが、実は時間もお金もかからず、自分だけでコツコツ続けることができる便利な学習法です。普段の英語学習に、ちょっとだけ「リプロダクション」の時間を加えてみてください。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する