「食欲の秋」って英語で言える?秋の味覚にちなんだ英語表現まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さが和らぎ過ごしやすい秋の季節。「読書の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」などさまざまなことが盛んになりますが、秋と言えばやっぱり旬の食材が豊富な「食欲の秋」!夏バテして食欲がなかった人も、秋を心待ちにしていたことでしょう。

そこで今回は、「食欲の秋」にちなんだ英語表現をまとめます。はたして「食欲の秋」は英語で何と言うのでしょうか?

「食欲の秋」って海外にもあるフレーズ?

そもそも海外では「食欲の秋」という表現を使うのでしょうか?そして「食欲の秋」に相当する言葉はあるのでしょうか?

海外では「食欲の秋」とは言わない!?

結論から言うと、海外には「食欲の秋」という感覚がありません。なぜなら、「食欲の秋」という言葉は、四季がはっきりしている日本独特の表現だからです。日本には遠い昔から、「季節の移り変わりを感じながら旬の味覚を楽しむ」という習慣があり、定着しています。それは日本の四季がはっきりしていて気候や気温が季節で大きく異なるため、景色だけでなく旬の味覚も季節とともに変化していくからでしょう。

一方、海外には季節を感じながら旬の味覚を楽しむという習慣はありません。もちろん海外にも四季がある国はありますが、日本ほど気候や気温が異なる国はほとんどないのです。ただし、海外にも果物の旬はあり、旬の果物を楽しむことはあります。しかし、日本の旬の食材を楽しむという感覚とは大きく異なると言えるでしょう。

したがって、海外には「食欲の秋」というフレーズはなく、英語にも的確に表現する単語はありません。

「食欲の秋」は英語で?

海外にはない習慣のため、「食欲の秋」を的確に表現する英単語はありませんが、あえて当てはめるなら以下のようになります。

Autumn / Fall appetite あるいは Appetite of autumn /fall

AutumnとFallはどちらも「秋」という意味で、イギリス英語でAutumn、アメリカ英語でFallを使います。appetiteは「食欲」という意味です。

しかし英語でこのように表現しても、海外にはない習慣なのでネイティブにはなかなか伝わりません。

ただし、「秋の味覚」なら以下のように表現できます。Delicacyは「珍味」「美味」「ごちそう」という意味です。

Seasonal food of autumn / fall (秋の旬の食べ物)

Delicious autumn / fall food (おいしい秋の食べ物)

Delicacy in autumn (秋の珍味)

「食欲の秋」はどう表現する?

上記のような直訳ではなかなか伝わらないので、日本の秋の特徴を取り入れて、以下のように細かく表現すると伝わりやすくなります。

Autumn / Fall is the best season for eating. (秋は食べるのに最も適した季節です。)

In Japan, we have a lot of seasonal delicious food in autumn / fall. (日本には、秋が旬のおいしい食べ物がたくさんあります。)

Autumn / Fall is a perfect season to have a good appetite. (秋は食欲が旺盛になる時期です。)

In Japan, autumn / fall is the season for harvesting crops, so we say, ‘Appetite of autumn / fall’. (日本では秋が収穫の時期なので、「食欲の秋」と言います。)

「秋の食材」はどう表現する?

次に、最も人気がある秋に旬を迎える「松茸」「秋刀魚」「栗」「銀杏」の英語表現を見ていきましょう。

松茸(Matsutake mushrooms)

松茸は日本原産のキノコなので知らない外国人もいるかもしれません。松茸の特徴を説明できるようにしておきましょう。

Matsutake mushrooms are native to Japan and have been growing wild for over one thousand years. (松茸は日本原産で、1,000年以上も自生してます。)

Matsutake mushrooms have the best taste and aroma among mushrooms. (松茸はキノコの中で最高の味と香りがあります。)

Mtsutake mushrooms are now in the height of the season. (松茸は今、シーズンの最盛期だ。)

秋刀魚(Saury)

旬の秋刀魚は脂が乗っていて、とてもおいしいですよね!白ご飯にも合うし、ビールのおつまみにしても最高です!「魚を焼く」はbroil / grill a fish、「焼き魚」はa broiled / grilled fishと言います。

The most famous seasonal food of autumn / fall is a fish called saury. (秋の味覚で最も有名な食材は、秋刀魚という魚です。

Autumn / Fall is the best season for saury. (秋は秋刀魚が一番おいしい時期です。)

秋刀魚はSauryの他に、skipper(飛び跳ねるもの)と呼ばれることもあります。

栗(Chestnuts / Japanese chestnuts)

栗は英語で「マロン」だと思っている人がいますが、マロン(marron)はヨーロッパ産の栗のことで、フランス語が由来です。ちなみに英語の「marron」は大型ザリガニの一種を指すので注意しましょう。

Have you ever eaten rice cooked with chestnuts? (これまでに栗ご飯を食べたことがありますか?)

We enjoyed collecting chestnuts in the woods. (私たちは森で栗拾いを楽しみました!)

「栗ご飯」はrice cooked with chestnuts、「栗拾い」はcollecting chestnutsと言います。「栗拾いに行く」はto go nuttingと表現してもいいでしょう。

銀杏(Ginkgo nuts)

銀杏を食べる習慣は西洋にはなく、アジアでも日本の他に中国や朝鮮半島だけという話もあります。当然、西洋の国々にもイチョウの木はありますが、銀杏はサプリメントや医薬品として利用しているようです。ですから、「銀杏を食べる」と言うと驚かれるかもしれません。

Ginkgo nuts are actually smelly, but they are very tasty! (銀杏は実に臭いんだけど、とてもおいしいですよ!)

You might be sick if you eat too many ginkgo nuts. (銀杏を食べすぎると、体調を崩すかもしれません。)

「秋の果物」はどう表現する?

「栗」「銀杏」も木の実に分類されるので果物ですが、ここではそれ以外の秋の果物を見ていきます。

ぶどう(Grapes)

旬の味をその場で楽しめる「ぶどう狩り」は、子どもだけでなく大人も楽しめるアクティビティです。「食べ放題」を売りにしている農園もありますが、「食べ放題」はall – you – can – eatと言うので、all – you – can – eat farmで「食べ放題の農園」となります。

There are more than 100 types of grapes in Japan. (日本には100以上のぶどうの種類があります。)

We go grape picking every year. (私たちは毎年、ぶどう狩りに行きます。)

梨(Pears)

Pearsは「洋梨」を意味するため、「日本の梨」と言いたいときにはJapanese pear(s)と表現しましょう。海外には「Japanese Nashi」として梨を売っている国もあります。

I plan on going pear picking on the weekend. (私は週末、梨狩りに行く予定です。)

Japanese pears are popular for being very sweet, juicy, and crunchy. (日本の梨はとても甘く、ジューシーでサクサクしていて人気があります。)

柿(Persimmons)

柿も梨と同じように海外で認知度が上がり、「Japanese persimmon(s)」や「Kaki」として売られています。発音は3音節に分けて「per・sim・mon(パ・シ・モン)」となり、強勢アクセントは「シ」の位置です。

A persimmon is a soft, orange fruit that looks rather like a large tomato. (柿は柔らかいオレンジ色の果物で、大きなトマトのように見えます。)

Do you know a fruit called Japanese Gosho persimmon? (日本の御所柿という果物をご存じですか?)

ざくろ(Pomegranates)

ざくろは欧米で人気が高く、果物だけでなくジュースの味としてもよく目にします。また、クリームやシャンプーなどの香りとしても人気です。発音は「pome・gran・ate」に分け、アメリカ英語では「パム・グラ・ニトゥ」、イギリス英語では「ポム・グラ・ニトゥ」という感じになります。

A pomegranate is round, thick-skinned fruit containing a mass of red seeds and a lot of juice. (ざくろは丸くて皮の厚い果物で、たくさんの赤い種とたくさんの果汁が含まれています。)

When I was a child, I often took pomegranates and ate them in autumn / fall. (子どものとき、秋によくざくろを取って食べました。)

「秋の野菜」はどう表現する?

秋の野菜の代表である「かぼちゃ」と「さつまいも」の英語表現を見ていきます。

かぼちゃ(Pumpkins)

かぼちゃは夏から秋にかけて収穫され、食べごろは秋から冬にかけてです。収穫してすぐに食べずに2~3ヶ月寝かせた方が熟して甘みが増すそうです。

Pumpkins have turned out well this year. (今年はかぼちゃの当たり年だ。)

I often make pumpkin soup in autumn / fall. (私は秋によく、かぼちゃスープを作ります。)

turn out wellで「上手くいく」という意味です。

さつまいも(Sweet potatoes)

さつまいもも夏から秋にかけて収穫され、甘みが増しておいしくなるのは秋から冬にかけてです。ホクホクした食感を今年も楽しみましょう!

My children love digging for sweet potatoes. (うちの子どもたちは芋掘りが大好きです。)

Have you ever baked sweet potatoes by yourself in autumn / fall? (秋に自分で焼き芋を焼いたことがありますか?)

「芋掘り」はdigging for sweet potatoesと表現します。

まとめ

「食欲の秋」にちなんだ英語表現をご紹介しました。日本では当たり前の「食欲の秋」「秋の食材」という感覚が、海外にはないことに驚いた人もいるかもしれませんね。長い間に日本で根づいた習慣や文化を英語で伝えるのは難しいことですが、日本特有の習慣だからこそ、外国人に英語でしっかり説明できるようにしたいものです。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する