「最高に幸せです!」って英語でなんていう?「幸せ」に関する英語フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは幸せなとき英語でなんと言いますか?I’m happy.(私は幸せです。)が頭に浮かんだ方も多いのではないでしょうか。実は「幸せ」を表す英語フレーズは、happy以外にもたくさんあります。そこでこの記事では、「最高に幸せ」「天にも昇る気持ち」など、「幸せ」に関する英語フレーズをご紹介していきます!この記事を読めば、色んなニュアンスの「幸せ」を英語で言えるようになりますよ。

「幸せ」を表す英語フレーズ

結婚の知らせを聞いたとき、おいしい食事を食べたときなど、日常で「幸せ」を感じる瞬間はたくさんありますよね。そんな時に使える英語フレーズを例文と共に見ていきましょう!

happy

まずは、皆さんもご存知のhappyからご紹介します。日本語でも「ハッピー」と言いますよね。幸せを表す定番の形容詞です。

I’m happy that I have met you.(あなたに出会えて幸せです。)

I want you to be happy.(私はあなたに幸せになってほしいです。)

形容詞のhappyに加えて、副詞のhappilyも一緒に覚えておきましょう。意味としては、「幸せそうに」となります。

She was smiling happily.(彼女は幸せそうに微笑んでいた。)

glad

gladも幸せを感じたときに使える単語です。意味としては、「嬉しい」「楽しい」となります。

I’m glad that I got to meet you in person.(直接お会いできてよかったです。)

I’m glad that you liked it.(気に入ってもらえてよかったです。)

get to~は、「~する機会がある」、in personは「直接に」という意味があります。また、I’m glad that~は「~でよかったです」と訳されることが多いです。

delighted

delightedはhappyよりもさらに幸せなときに使います。意味は「大いに喜んで」「楽しそうな」「嬉しそうな」となります。

You look so delighted.(あなたとても嬉しそうだね。)

She was delighted to see you.(彼女はあなたに会えて大いに喜んでいました。)

delightedと似ている単語にdelightfulがありますが、意味は異なります。delightfulは「楽しい」「愉快な」という意味です。

He is delightful.(彼は愉快な人です。)

pleased

何かに満足して幸せな状態のときにこのpleasedを使います。意味としては、「喜んで」「嬉しい」「満足して」となります。

I’m very pleased to meet you.(あなたにお会いできて嬉しいです。)

I think he will be pleased with the gift.(彼はその贈り物に喜ぶと思いますよ。)

pleasedはhappyに比べるとフォーマルな印象があります。日常生活だけでなく、ビジネスシーンでもよく使うので、仕事で英語を使う人は覚えておきましょう!

satisfied

satisfiedは、「満たされた」「満足した」という意味になります。心が満たされて、幸せを感じるときに使えますね。

I’m satisfied physically and mentally.(身も心も満たされています。)

He is satisfied with his job now.(彼は今の仕事に満足しています。)

satisfyには「満たす」「満足させる」という意味があります。なので、「be動詞+satisfied」と受身形になると、「満たされた」「満足した」という意味になります。

merry

メリークリスマスのmerryです。意味としては、「愉快な」「陽気な」となります。

I wish you a merry Christmas. (楽しいクリスマスをお過ごしください。)

The more the merrier.(多ければ多いほど楽しい。)

2つ目の例文で使われている構文は「The比較級+the比較級」です。意味は、「~であればあるほど~だ」となります。「パーティーに友達を連れてきてもいい?」と聞かれたときは、Sure. The more the merrier.(いいよ。人数が多い方が楽しいよね。)と答えることができます。

「幸せ」を表す英語イディオム

イディオムを使って「幸せ」を表すこともできます。ここからは、ネイティブがよく使う「幸せ」を意味するイディオムをご紹介していきますね。

have the time of one’s life

直訳すると「人生の時間を持つ」となりますが、「とても幸せな時間を過ごす」「人生で最高の時間を過ごす」といった意味で使われます。

I’m having the time of my life.(とても幸せな時間を過ごしています。)

My daughter is having the time of her life.(私の娘は人生で最高の時間を過ごしています。)

「time of one’s life=幸せな時間、最高の時間」と覚えておきましょう!

in seventh heaven

「最高に幸せ」「この上なく幸せ」という意味のイディオムです。heave(天国)という単語が入っているので、幸せそうなイメージが想像できますよね。

I’m in seventh heaven.(最高に幸せです。)

I was in seventh heaven when I passed the exam.(試験に受かったとき、この上なく幸せだった。)

天国は7段階に分かれていて、最も高いところに位置する7番目の天国が最も幸せな場所であるということが、このイディオムの由来と言われています。

on cloud nine

「とても幸せ」「最高に幸せ」という意味のイディオムです。先ほど紹介したin the seventh heavenとニュアンスは似ていますね。

I was on cloud nine when I got a new job.(新しい仕事を手に入れたとき、とても幸せだった。)

I was on top of cloud nine when I heard the news.(その知らせを聞いたとき、最高に幸せになった。)

on cloud nineの代わりに、on top of cloud nineということもできます。意味は同じです。

walking on air

「天にも昇る気持ち」「有頂天」「夢見心地」という意味のイディオムです。空気中をフワフワと歩いているようなイメージです。想像したら幸せな気持ちになりますよね。

I was walking on air when I won the match.(その試合に勝ったとき、天にも昇る気持ちだった。)

She has been walking on air since he texted her.(彼が彼女にメールしてから彼女は浮かれっぱなしです。)

2つ目の例文のtextは、スマートフォンなどで「ショートメールを送る」という意味の動詞です。

over the moon

「とても幸せ」「大喜びして」という意味のイディオムです。

I’m over the moon to see you again.(あなたに再会できてとても幸せです。)

I was over the moon when he popped the question.(彼がプロポーズしてくれたとき、とても幸せだった。)

大喜びして月を超えるぐらい飛び跳ねているイメージですね。

couldn’t be happier

「最高に幸せ」「これ以上の幸せはない」という意味のイディオムです。

I couldn’t be happier.(最高に幸せです。)

She couldn’t be happier now.(彼女は今、最高に幸せな状態です。)

couldn’t be happierを直訳すると、「これ以上幸せになれない」となります。つまり、最高に幸せということですね。It couldn’t’t be better.(最高です)など、このパターンを使った表現は多いので、覚えておきましょう!

まとめ

今回は「幸せ」を表す英語フレーズをご紹介しました。いかがでしたでしょうか。「幸せ」と一口に言っても、「最高に幸せ」「心が満たされて幸せ」「天にも昇るぐらい幸せ」など、様々なニュアンスの「幸せ」がありましたね。こういったニュアンスをhappyの一言では表現しきれません。今回紹介したフレーズやイディオムを使えば、細かいニュアンスまで相手に伝えることができますよ!ぜひ今回の記事を参考に、「幸せ」に関する英語フレーズのバリエーションを増やして、シチュエーションに応じて使い分けてみてくださいね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する