英語をマスターすると性格が変わるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を話さないといけないと思うと、つい委縮してしまう。そんな悩みはありませんか? 話したいことが山ほどあるのに、言葉が出てこない。そんな時、ほんとうに悔しいですよね。なぜ英語ネイティブみたいに「自信満々」に話せないのか。ネイティブはみんな自信のある性格なのか? 自分の性格のせいでしょうか?

結論からいうと、英語が「自信があるように見せる」言語だからです。英語を勉強していくことで、自然に自信満々になっていきます。だから、今自信がなくても大丈夫。日本語と英語の「性格」は何が違うのか、徹底解剖します!

英語と性格:英語ネイティブが自信満々に見えるわけ

英語のネイティブって自信満々に見えませんか?
自分の意見を持ち、はっきりと物を言える人。
堂々と発言できて、「自分」を持っている人。

英語圏の人のイメージってそんな感じだったりしませんか?

もちろん英語がネイティブならみんながそういう性格というわけではありません。気が弱い英語のネイティブもいます。なのに、どうして日本人は、英語ネイティブに「自信」というイメージを持っているんでしょうか?

結論からいいます。英語ネイティブが自信満々に見えるのは、英語という言語の話し方のおかげなんです。

英語ネイティブの話し方を学ぶことで、私たちも自信満々なようにふるまうことができるようになります。英会話でも堂々と話せるようになるんです。

気遣いの日本語・説得力の英語

「日本語は気遣いの言語、英語は説得の言語」こういう言い方をする人がいます。

英語には「書きことばと同じように話す」というルールがあります。英作文をするように、文章で話すのが英語の話し方。英作文の朗読をするように話すのが英語ネイティブです。堂々とした雰囲気になりますよね。

例えば、私の友人で、イギリス英語のネイティブがいます。彼は英語もネイティブですが、日本語がとんでもなく上手です。彼が日本語を話している時は、とても優しい(ちょっと自信がない)ように見えます。自分の意見も言わない、ずっと相手のはなしを聴いているだけ。

初対面の時は、「あー、この人は気が弱いのかな?」なんて思っていたのですが…。

英語を話しているのを見るとビックリ! 人が変わったように堂々としています。まさに英語ネイティブだ! という人になっていました。同じ人ですから、いきなり人格が変わるわけはありません。日本語には人を「自信がないように」見せる力があり、英語には「自信満々に」見せる力があるんです。

英語は性格を変える

言語には、その人の「性格が変わったようにみせる」力があります。「日本語を勉強すると優しくなる」という意見があります。日本語では、相手の意見にていねいにあいづちを打ちますよね。

・割り込まない
・否定しない
・遠慮する

日本語を勉強すると、外国人は「優しい人」に見えるようになります。そしてだんだんと、実際に優しい人になるのです。

英語も全く同じです。英語を勉強して、英語らしい話し方をするようになると…

・自信満々で
・説得力があって
・「自分」がある

ように見える人になります。そして、だんだん本当に英語ネイティブらしくなっていくのです。

だから、英語ネイティブのように話せない人でも問題はありません。英語を勉強する中で、だんだんとネイティブのようになっていくからです。

英語と性格:英語ができるとあなたはこう変わる

ここからは、英語ができるとどんな人になれるの? ということをお話しします。

・堂々としている(ちょっと厚かましいくらい)
・誰とでも対等に話せる

私は日本生まれの日本育ちで、長く海外で留学したりしたこともありません。ですが英語を頑張って勉強したことで、こういう性格にだんだんと変わっていきました。読者の方にも、必ずこんな変化が起こるはずです。

自分の意見を最後まで主張できる

英語は、自分の意見を徹底的に言う言語です。TOEFLを見るとよくわかります。

Rich people are always happy. Do you agree with this statement?
(お金持ちはいつでも幸せだ。 この意見にあなたは賛成ですか?)

Do you find saving money is more difficult compared with when your grandparents were younger in your country?
(あなたの国では、お金を貯めることが、祖父母の時代と比べてむずかしくなりましたか?)

こんなややこしい質問に対して、具体的な理由を2,3個つけて答える。準備時間は15秒! これがTOEFLのスピーキングです。TOEICのスピーキング問題も似た問題が出ます。
英語圏では、いろいろな答えがある問題に、15秒で説得力ある答えを出すことが評価されているんです。

英語ネイティブってすごい! と思ってしまいますが、冷静に考えると、「その答えって本当に合っているの?」と思ってしまいませんか? はい、答えている本人もぜんぜん確信していません。

アメリカの友達曰く、「とにかく意見を言うことが大事だから、正しいかどうかは二の次だよ!!」とのこと。私の感覚だと、それもそれで危ないような……。とにかく、英語を勉強すると、説得力のある答えを出す能力は高くなるでしょう。

誰とでも対等に話せる

英語には日本語のような敬語がありません。もちろんていねいな表現はあるのですが、日本語ほど「立場」を気にしない言語です。日本人同士だと気を使って言わないようなことも、英語では直球で質問します。大学院では、アメリカ人の学生は特に直球でした。先生の出した課題に対して、

「なんでそれをやる必要があるんですか?」

「その課題を出すのは合理的なんですか?」

「その長さは適切なんですか?」

なんで? の嵐です。自分と先生が対等だと思っているから、徹底的に質問するんですね。

英語を勉強すると、誰とでも「対等」だと思って話ができるようになります!

英語らしい性格になるために:独学できるけれど、英会話を推奨します

英語らしいコミュニケーションを独学してみる

英語らしいコミュニケーションは独学できるでしょうか?答えはYESです。私は独学で身につけました。

英語は英作文を朗読するようにしゃべる言語です。そこで私は、実際に英作文を朗読していました。ただ、作文だと英語が間違っているかもしれないので、ニュースを使います。ニュースを3センテンスに要約して、スマホに吹き込みます。記者の意見を、自分の意見と思い込むのがポイント。自分の意見を堂々と言えているか、聴きなおして何回も確認します。

これは効果的だったのですが、あまりおすすめは出来ないかもしれません。根気が要りますし、すぐに飽きます。もはや修行のレベルですね。私は意地でやり切りましたが、読者の方にはインターネット上のサービスをうまく活用することをおすすめします…。

鍵はやっぱり英会話

実際に外国人と話すチャンスがなければ、英語も続きませんよね。語学は楽しくやった方がいいです。不屈の根性を燃やして特訓するのは、私のような専門の人間だけでいいと思います。

ということで、やっぱり実際に英会話をやってみるのがいいと思います。

・英語は文章で話す
・英語が上達すれば、英語らしい態度になる
・自信は後からついてくる

3つのポイントがわかっていれば、オンライン英会話などをスキマ時間にやるだけで、かならず自信をもって英語を話せるようになります。

まとめ

英語ネイティブが堂々として見えるのは、英語という言語そのものに理由があります。「英語は文章で話す」をおぼえれば、自然と自信がついてきます。英語らしい考え方が身につけば、性格までも自然と変わってくるのです。

英語には人を変える力があります。あなたも体験してみませんか?

・1回129円から、毎日続けられるレアジョブ英会話

レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。上達度を測るための、スピーキングテストも実施しています。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する