今、海外旅行より親子英語留学が大人気!親子で一緒に異文化に触れよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく耳にするようになった親子留学。未就学児や小学生の子供と親が一緒に留学をするのは、小学校での英語必修化などの影響もあり、決して珍しいことではなくなりました。とはいえ、特に初めて留学をする場合は、場所や費用などのイメージがつきにくく、色々と不安なもの。今回はそんな親子留学のいろはをご紹介し、安心して親子留学に一歩を踏み出すお手伝いをしたいと思います。

親子留学ってなに?

昔は幼い子供が留学をするなんて特別な家のことのようでしたが、今は気軽に海外に出かけられるようになり、親子揃って短期留学ということが珍しくなくなりました。そんな親子留学のいろはをまずはご紹介したいと思います。

どんな人が何にために?メリットは?

親子留学は今、下記のような様々なニーズに応えるものとして、とても人気があります。

・小学校の英語の授業で、子供に良いスタートを切らせたい。
・幼いうちから国際感覚を子供に身につけて欲しい。
・親子ともに、海外に友達を作りたい。
・子供が英語を好きになるきっかけづくりとして。
・親がずっと留学をしてみたいと思っていた。
・育休中などの母親が、育児と英語力強化を両立する解決策として。
・子供を一人で海外にいかせるのは不安だから。
・子供が海外に興味があるけれど一人で渡航できる年齢ではない。
・本格的な長期留学の前のお試し留学として。

などなど

親子留学は、親のやりたいことを優先する場合と、子供を中心とした場合がありますが、最近は子供の成長を望む後者の留学が増えているそうです。早くから国際感覚を磨かせたいけれど、子供一人での渡航は不安。そんな場合でも、親が一緒だと子供は安心してその土地の風土や違いに触れ、楽しむことができます。また子供だけではなく、お母さんやお父さんも語学力を磨きながら、海外の空気に触れてリフレッシュできる親子留学。単なる海外旅行よりもお得感があり、一石二鳥なようです。

いついく?

もちろん年中親子留学は可能ですが、やはり親と子供が休みを取りやすい夏休みやお正月などの長期休暇の時期は人気があるようです。留学といっても最短で1週間から可能ですので、休みさえとれれば気軽に体験できるところが嬉しいですよね。

何をする?

親子留学のプランはいくつかのパターンがあります。

親が学校に行き、子供は託児所にあずける

親が語学学校や専門学校などに通い、その間子供は託児所(チャイルドケア)に預けるパターン。子供が6歳未満などの幼い際に多いパターンです。託児所とはいえ、地元の子供たちもいるので、自然と英語に触れる良い機会になりますよね。

親も子も学校へ

親も子も学校に通うパターンです。親は語学学校や専門学校等へ通い、その間子供もジュニア用の語学研修に参加することができます。特に子供が6−12歳くらいの小学生の場合、短期間ですぐに馴染むことができるのは、ジュニア語学研修のような同じ立場の子どもたちが多い学校です。

教師宅にホームステイ

親も子も語学の教師のお家にホームステイをしてレッスンを受けるパターンです。レッスンはマンツーマンなので他の人の目が気にならず、緊張しにくいというメリットがあります。人の輪に入るのが苦手なお子さんなどの場合には特にお勧め。

親子で農業体験

海外の農家で農業体験をしながら農家にホームステイをするというパターン。いわゆる学校へいくという通常の留学のイメージとは異なりますが、現地の人々と食住をともにしながら自然に触れるということで子供の情操教育にとても効果的です。

子供が学校ヘ行き、親は観光を楽しむ

子供が中高生になると子供の語学学校を中心にプランを考え、親はその間観光を楽しむというのも可能です。ニューヨークなどの都会であればミュージカルなども多く、観光には事欠きません。単なる観光ではなく、例えば現地の料理教室などに参加してみるなど、英語を使いながら習い事に挑戦してみるのも一つの手です。

親子留学、どうやって行けばいい?

親子留学の魅力を感じていただけたところで、実際に親子留学をするにはどうすればいいのでしょうか。親子留学に一歩足を踏み出すための情報をお届けします。

どこで手続きをする?

一般に、親子留学は留学を専門とするエージェントが取り扱っています。また、旅行会社などでも取り扱いがあったり、語学学校のプログラムにもなっている場合がありますよ。エージェントによってプランや行き先は様々ですので、希望の場所や期間によってあなたにあった「親子留学」を探してみてくださいね。

費用は?

費用は行き先や期間、子供の年齢などによって様々です。フィリピンやマレーシアなどのアジア圏は一般に安く、アメリカやイギリスなどでは高くなる傾向にあります。1−4週間でだいたい50−100万円が相場と考えてください。費用の内訳としては基本的には下記のようなものがあります。

・航空券費用
・現地での宿泊費用(ホームステイ代)
・語学学校費用
・託児所費用
・現地での食事費用
・現地での交通費

上記の価格に、さらにエージェントへの手数料がかかってきます。海外旅行に慣れた方ならエージェントに頼まず、全てを自分で手配するというのも可能ですが、初めての親子留学であれば、経験のあるエージェントを通すのが安心でしょう。

お勧めの国と特徴

留学先は色々ですが、とくに親子留学で人気のある国をご紹介しましょう。

オーストラリア

治安がよく、自然が多いオーストラリアは親子留学に根強い人気があります。気候も温暖なので過ごしやすく、休日にはマリンスポーツやショッピングも楽しめるでしょう。日本との時差もほとんどないのも人気の秘密です。

ハワイ

年間を通して気持ちのよい気候のハワイは、海外旅行だけでなく親子留学にも最適。親だけでなく子供ものびのびとした気持ちで現地生活を楽しめるでしょう。物価はあまり安くはありませんが、日本人への理解も高く、はじめて留学する方にとっては居心地がいいでしょう。

フィリピン

日本から近く、物価も安いフィリピンはコストを抑えるという点では最適。セブ島などの島でマリンスポーツを楽しみながら、ゆったりした気分で勉強するのは最高ですよね。日本からの時差もほとんどありません。

カナダ

夏に訪れたいのはカナダ。涼しくて気持ちの良い気候です。バンクーバーやトロントなどの都会にはアジア人も多く、治安も悪くありません。またカルガリーなら休日は偉大なロッキー山脈まで足を運ぶこともでき、大自然を満喫することができますよ。

留学の成果を継続させるためには

語学留学に行くと確実に英語への気持ちに変化が出ると思います。でも1週間や1ヶ月の留学の場合、帰国後の継続的学習も大切。そこで帰国後に留学の成果を継続させる方法を2つ、ご紹介します。

オンライン英会話

留学で「英語を話すこと」にせっかく慣れたのだから、その感覚を忘れないうちにオンライン英会話に取り組むのはお勧めです。1日25分など少しの時間で、かつ格安で英語を話す機会を持てるので、経済的で続けやすいですよ。

英語の習い事を始める

英語を使った習い事が最近注目されています。料理やサッカー、音楽など、親や子供が興味のある趣味を英語で始めてみませんか?日本でも継続的に趣味と英語に触れることができ、一石二鳥です。

まとめ

親子留学は、英語力を磨きたい親にとって、子供も一緒に楽しめる英語学習法としてとても魅力的ですよね。お盆やお正月にせっかく旅行にいくのであれば、貴重な経験もできる親子留学にしてみてはいかがでしょうか。そこでの経験は、親だけでなく、子供の人生にとっても大きな財産となるに違いありませんよ。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。