どう違う?a cake、cakes、a piece of cake【今日の英語マメ知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その昔学校で、「cakeはa piece of cake(ケーキ1切れ)、two pieces of cake(ケーキ2切れ)と数える」と習いませんでしたか?実は、a cakeやsome cakesという言い方をすることも可能です。でも、それは私たちがイメージする「ケーキ1個」「ケーキ何個か」とは、ちょっと違うのです。

【今日の英語マメ知識】シリーズ、ものの数え方を見直してみましょう。

a cakeだと「ケーキ丸ごと」

cake(ケーキ)は普通丸くて大きいのを焼くので、a cakeと言うと「(ホールケーキ)丸ごと」ということ。それを切り分けていくと、a piece of cake(ケーキ1切れ)、two pieces of cake(ケーキ2切れ)となるわけです。

a cakeは「丸ごと1個」なので、cupcake(カップケーキ)なら、a cupcake(カップケーキ1個)、2 cupcakes(カップケーキ2個)と数えることができます。

それではcakesは?それは、「同じケーキが何個かある」のではなく、「違う種類のケーキが何個かある」ということ。”Can I have some cakes?”と言うと、「ケーキ何個か」ではなく、「(ショートケーキやチョコレートケーキなど)違う種類のケーキをいくつかもらえますか?」と言っていることになるのです。

ものの数え方を覚えよう

ところで、a piece of ~は、「(何個かあるうちの)1つ」を表す汎用性の高い表現ですが、ものを数えるには、ほかにも以下のような言い方が使えます。

英語 日本語訳
a slice of ham ハム1切れ
*薄く平らにスライスしたもの
a loaf of bread パン1斤/パンひとかたまり
a roll of bread パン1個
*丸いパン1個1個はrollで表現
a bunch of bananas バナナ1房
*bunchは「束」
a bag of chips ポテトチップ1袋
a sheet of paper 1枚の紙
*「紙切れ」だとa piece of paperも使います。

▼会話例

A: Can I have a chocolate cake?
(チョコレートケーキを1つもらえますか?)
B: This whole?
(このホールですか?)
A: Uh, no. One piece, please.
(ああ、いえ。1切れお願いします)
B: Sure. Anything else?
(わかりました。ほかには?)
A: Can I have a cheese cupcake? That small one. Yes, thank you.
(チーズカップケーキをもらえますか?その小さいやつ。ええ、ありがとう)

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する