スニッカーズは英語で「chocolate」じゃないって本当? 【今日の英語マメ知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

candyは「キャンディ、アメ」で、chocolateは「チョコレート」、jellyは「ゼリー」。わざわざ聞かなくても、当然だと思いますよね。でも、もしアメリカではこれが当然ではないとしたら!?

日本人が当たり前のように使っているカタカナ英語が、英語ではまったく異なるものを指すことがあります。【今日の英語マメ知識】シリーズ、今回はお菓子・スイーツの話題です。

「スニッカーズ」は実はcandyだった!

「Do want some candy?(candyほしい?)と聞かれてYes.と答えたら、なぜかチョコレートをくれた。最初からchocolateって言ってくれればいいのに」という経験をしたことはないでしょうか。

実はアメリカでは、「アメやチョコレート」のことをあわせてcandyと呼びます。Snickers(スニッカーズ)のような「チョコバー」はcandy bar。chocolate barと言ってもいいのですが、chocolate barは「板チョコ」を連想させることも多いようです。

ドーナツやサンドイッチにjellyが入っている!

アメリカ人が大好きなjelly donut。jellyといえば「ゼリー」の元になった語ですが、もちろん、donut(ドーナツ)の中に「ゼリー」が入っているわけではなく、このjellyは「ジャム」のこと。

やはりアメリカ人が大好きなpeanut butter and jelly sandwich。これもpeanut butter(ピーナッツバター)と「ゼリー」のサンドイッチではなく、「ジャム」が入ったサンドイッチです。

▼会話例

A: Would you like some jelly in your sandwich?
(サンドイッチにjellyを入れますか?)
B: I don’t want “jelly”. Do you have jam?
(”ゼリー”はいりません。ジャムはありますか?)
A: Jelly and jam are almost the same. Jam has some fruit pulp.
(jellyとジャムはほとんど同じです。ジャムには果肉が入っています)
B: Oh, OK … jelly is fine then.
(ああ、わかりました…では、jellyでいいです)

一方で、jelly beansという豆状のゼリーのお菓子もあり、jellyは「ジャムまたはゼリー」と思っておくといいでしょう。

なお、日本で見かけるフルーツゼリーのようなものは、アメリカでは粉末ゼリーの素の商品名を使ってJell-O(ジェロウ)と呼ばれるものになりますので、それらの違いを意識して使いわけてくださいね。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する