「ビールください!」ビールの注文を英語でしてみよう!【今日の英語マメ知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷たいビールがおいしい季節になりました。ジョッキでゴクゴク…と思っても、実は英語圏では「ジョッキ」では通じません。でも、cup(カップ)でもないし、glass(コップ)でもないし…。

【今日の英語マメ知識】シリーズ、今回は意外にわからない「器」にまつわる単語をご紹介します。

ビールもコーヒーも、mugで飲む

私たちが普段使っている「ビールジョッキ」は、実はbeer mugと言います。mugはもちろん、mug cup(マグカップ)のmug。英語圏では、取っ手のついた陶器・ガラス・金属のカップは皆mugと呼びます(ちなみにcupはつけず、mugとだけ言うことが多いようです)。

「ジョッキ」は英語のjugから来ていますが、これは「水差し」を指し、pitcher(ピッチャー)とほぼ同じ意味。beer jugというとピッチャーのビールが出てきてしまうので、要注意です。

rice jarは「炊飯ジャー」ではない!

器の呼び方を見てみると、茶道で使う「茶碗」はtea bowlですが、普段食卓で使う「湯呑」はtea cup。

浅くて丸い「椀」はbowl、深めの飲み物用器はcupということになります。ちなみに、ご飯を食べる器を日本語で「茶碗」と呼びますが、これはrice bowlといいます。

日本では「炊飯ジャー」「スープジャー」など、保温ができる容器のことを「ジャー」と呼んでいるけれど、英語のjarは本来保温とは関係なく、「広口の保存容器」のことで、たいていはガラス製。rice jarと言うと、日本人は「炊飯器」を思い浮かべるでしょうが、英語圏の人にとっては「米が入ったガラス容器」ということになります。

なお、「びん」と言うとbottleを思い浮かべるかもしれませんが、bottleは形が細長いもので、太めのガラス製容器はjarです。

それゆえ、「ジャムのびん」はjam bottleではなく、jam jarというほうが、しっくりくるのです。

少し混乱してきてしまいますね。こちらでおさらいです。

mug: 取っ手のついた陶器・ガラス・金属のカップ(例:ビールジョッキ beer mug)
jug: 水差し(例:ビールのピッチャー beer jug)
bowl: 浅くて丸い「椀」(例:お茶碗 rice bowl)
cup: 深めの飲み物容器(例:湯呑 tea cup)
jar: 太めのガラス製でできている広い口の保存容器(例:ジャムのびん jam jar)
bottle: 細長いガラス製の容器

▼会話例
(日本の電気製品店で)

店員: Are you looking for a rice jar?
(rice jar<炊飯ジャー>をお探しですか?)
外国人客: Oh, no. We are looking for a machine to cook rice.
(ああ、いえ。ご飯を調理できる機械を探しています)
店員: This is it.
(これがそうです)
外国人客: I see. We call this a rice cooker.
(なるほど。これはrice cookerと呼びますよね)

\1レッスン129円~毎日受けられるオンライン英会話/
英会話を話せるようになりたいなら、英語を話す環境を作り出す必要がありますよね。レアジョブの「日常会話コース」では、25分のマンツーマンレッスンが毎日受けられて1回129円~。厳しい審査のもと採用された優秀な講師陣があなたの英会話学習をサポートしていきます。
レアジョブ英会話をチェックする

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。