「Congratulation」はおめでとうじゃない?! 英語による正しい祝福の伝え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語でカッコよく「おめでとう!」と相手に伝えたい時、「コングラッチュレーション!」と叫ぶのをよく目にしますよね。ですが、あれは実は間違いであるというのをご存知でしたか?せっかくお祝いの気持ちを伝えるのですから、正しい英語を使いたいもの。

今回は、「おめでとう」の正しい表現方法と、実はあまり知られていない使い分け方をご紹介します。

おめでとうを伝えるなら、コングラッチュレーション「ズ」が正解!

英語で「おめでとう!」という時、多くの人が、「コングラッチュレーション!」と言い間違いがちなのですが、実は「コングラッチュレーション」と複数形を使うのが正しい表現です。

「コングラッチュレーション(Congratulation)」と単数で表現してしまうと、単に「祝い」という意味になってしまい、ネイティブにとってはとても違和感があります。「Congratulations!」と複数形にすることではじめて、「おめでとう!」と祝福の気持ちを述べる言葉になるのです。

しかし日本人にとっては、「なぜ複数形になるのか?」と疑問に感じられる方もいらっしゃるでしょう。そもそも、お祝いの言葉や幸せを祈る言葉など、感情を強く表すような言葉は、複数形にすることで、その感情の「程度の大きさ」を表すと言われています。

これを「強意の複数(=意味を強める為の複数)」といいます。

例えば「Thanks」や「Best wishes」、「Best regards」などもその典型です。相手を心からお祝いしたいと強い気持ちが、「Congratulations」の「s」には含まれているのですね。

失礼になることも?!「コングラッチュレーションズ」の正しい使い方

複数形で表現して「おめでとう!」という意味になる、便利な「コングラッチュレーションズ(Congratulations)」ですが、お祝いの場ならいつでも使えるというわけではありません。

使い方を間違えると失礼にあたることもありますので、そんな「Congratulations」の使い方を見ていきたいと思います。

新婦への「コングラッチュレーションズ」はNG!

結婚式の場で、「おめでとう!」と祝福の気持ちを伝えたい場合、「Congratulations!」という言葉を女性である新婦に対して言うことはNGとされています。

これは、そもそも「Congratulations」は、努力したことでようやく得た成功に対して使う祝辞だからです。

女性に対して「よく努力して彼を射止めたね!」と言ってしまうのは少し失礼ですよね。現在ではそういったルールも曖昧になり、若い人の間で「Congratulations」が使われることもあるようですが、基本的には避けたほうが無難でしょう。

かわりに結婚式では下記のような表現を用いるといいですよ。

Happy wedding!
(結婚おめでとう!)

Best wishes for your marriage!
(結婚おめでとう!)

新年や誕生日の祝辞にも「コングラッチュレーションズ」はNG!

「新年おめでとう!」「お誕生日おめでとう!」などといった言葉も、「コングラッチュレーションズ!」では代用できません。季節が巡ることで自然とやってくるイベントでのお祝いの言葉には、下記のように「Happy」を用いた表現がふさわしいでしょう。

Happy New Year!
(新年おめでとう!)

Happy 60th Birthday!
(60歳のお誕生日おめでとう!)

 

カジュアル/フォーマルで使い分ける「コングラッチュレーション」

「Congratulations」という長い単語は、しばしば短く略されて「Congrats」と表現されることがあります。

「Congratulations」と同じく、「おめでとう」の意味ですが、友人に対して述べる時など、カジュアルな場面でのみ使用するようにしましょう。

You made it! Congrats!
(やったじゃん!おめでとう!)

Please tell her congrats.
(彼女におめでとうって言っておいてね。)

反対に目上の人やビジネスの場など、フォーマルなシーンでは、短縮形を使わず、下記のような文章にしてお祝いを述べると、丁寧な印象を与えることができます。

Please accept my hearty congratulations.
(心からお祝いします)

I offer you my hearty congratulations.
(心からお祝い申し上げます)

「Congratulations on 〜」は色々なシーンで活躍!

単に「おめでとう」だけを伝えるのではなく、出産や就職、卒業などの色々な場面で「出産おめでとう!」「就職おめでとう」などと活用するには、「Congratulations」の後ろに「on」をつけて表現します。「On」の後ろに名詞か動名詞を繋げて、色々なシーンで活用してくださいね。

Congratulations on your graduation!
(卒業おめでとう!)

Congratulations on your promotion!
(昇進おめでとう!)

Congratulations on having your baby girl!
(女の子の出産おめでとう!)

Congratulations on getting pregnant!
(妊娠おめでとう!)

まとめ

祝福の気持ちを英語で伝えたいとき、せっかくなら的確な表現で間違いなく伝えたいものですよね。便利な「コングラッチュレーションズ」という言葉も、その性質をしっかり把握して、正しい表現方法やシチュエーションで使用することで、ネイティブにも違和感なく祝辞を伝えることができるでしょう。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。