英語で相手を褒める方法!「さすが」を英語で表現するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では上司と話すときなど、「さすがですね!」と褒めたりしますが、アメリカでは日本よりもっとフランクに相手を褒める傾向があります。

しかし日本語の「さすがです!」のようにワンパターンで褒めることはなく、英語ではシチュエーションによって使われる表現が異なります。

今回は「さすが!」と相手を褒める英語のフレーズを紹介したいと思います。

カジュアルからフォーマルまで使われるフレーズ

「さすが!」を直訳することは実は難しく、もっとシンプルに「すごい、すばらしい!」と褒めるのが英語では一般的です。まずはどんなシチュエーションでも使える、便利な単語やフレーズから学んでいきましょう。

●Great!「すごい!」

Greatは日本語でも馴染みがあるように、友達同士のカジュアルなシチュエーションだけでなく職場で使う場合などのフォーマルなシチュエーションでも使うことができます。

英語では同じ単語が繰り返されるのを避ける傾向があるので、GreatばかりにならないようにNiceやBrilliantのような他のレパートリーも頭に入れておきましょう。

Great work!
(いい仕事したね!)

●Amazing!「すばらしい!」

AmazingはGreatよりも、もう少し強調して褒めたいときに使われます。WonderfulもAmazingと同じ程度の誉め言葉と理解しておくとよいでしょう。

You are amazing!
(あなたはすばらしい!)

●Incredible!「すばらしい!」

ExcellentやFantasticも Incredible と同じ程度の誉め言葉として使うことができます。親が子どもを褒めるときなど、誉める気持ちをより強調したいときに使えます。

また、文章だけでなくどのような言い方をするかによっても受け手のイメージはかなり変わってくるので、表情豊かに相手に伝えましょう。

That’s Incredible!
(すばらしいね!)

少し複雑な表現方法で相手を褒めるフレーズ

ここでは単語だけでなく、より相手を丁寧に褒める言い回しを学びましょう。丁寧な表現で褒めることで、言葉に重みが出てより相手を上手に褒めることができます。

●I can see why・・・

I can seeは直訳すると「見ることができる」となりますが、ここでは「私も理解できます」という意味になります。「さすがあなたは・・・ほどの人ですね。」といったニュアンスで相手を褒めたいときに使います。

Whyの後に続く文章に、話し手が納得していることが伺えます。

例えば「仕事が出来る人だって噂には聞いていたけど、一緒に仕事をして私もあなたの仕事スキルがしっかりと理解出来たわ。」などのシチュエーションで使うことができる表現方法です。

I can see why everyone like you.
(私には、なぜあなたがみんなから好かれているのかわかるよ)

●That’s I recognize you!

I recognize youは直訳すると「私はあなたを認識しています。」という意味なります。それにThat’sを加えると「私が認めただけのことはある」、「さすが君だけのことはあるね!」という意味の褒め言葉として使うことができます。

That’s I recognize you, Miss. Tanaka.
(田中さん、さすがですね!)

●It’s just like you to do so.

It’s just likeは「まさに君は」という訳になります。「そうするのは君らしいね。」というニュアンスから「さすが君のことだけある」という意味の誉め言葉になります。

It’s just like you to do so.
((君は)さすがだね。)

●That’s my・・・.

例えば親が子どもを褒めるときに、「さすが私の息子だけあるわ!」と伝えるときにぴったりの表現方法です。この他にも、「さすが俺の彼女だけあるね。」など身近な人を誇りに思うときに使えます。

That’s my son!
(さすが私の息子ね!)

●SoやReallyなどの強調する語を利用して褒める

上記の誉め言葉は、soやreallyなどの強調を表す単語を利用することで感情の強さを表現することができます。

例えば、You so great!などのシンプルな表現でも、Soを使ってGreatを強調することで「本当にすごいね!」とさすがを表現することができます。

褒めるときの注意点

英語の誉め言葉の中には、実はスラングも多用されます。日本語で言うところの「マジでイケてるな!」のような感じになります。

若者だけでなく大人でも使う機会が多いので、映画の中でも頻繁に聞く機会があり非常に使いやすいのですが、スラングは土地柄や場面によっては倦厭される場合もあるので注意が必要です。

●That’s fucking ・・・!

Fuckingは色々な場面で使える便利な単語ですが、やはりキレイな表現ではありません。フォーマルな場面では使用を控えるように心がけましょう。

That’s fucking cool ,men!
(マジでイケてるな、お前!)

まとめ

英語で「さすが!」を直訳することは出来ませんが、さすがという気持ちを表現するのは実は難しいことではありません。褒め言葉を強調してReally good!など簡単な文章でも十分相手を持ち上げることができます。

I can see why you so populer.など少し複雑な表現で相手を褒めることができれば、相手はより喜んでくれるはずです。上記の表現方法だけでも頭に入れておいて、是非会話の中で使ってみて下さいね。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら