「よろしくお願いします」って英語でなんていう?直訳がない場合の英語フレーズを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語で頻繁に使われる「よろしくお願いします」という言葉。便利な言葉ですが、英語となると変換しにくく、なかなかフレーズが出てこないものですよね。また、初対面に「これからよろしくお願いします」という意味合いで使う時もあれば、メールの締めに決まり文句として使う場合もあり、その意味はシチュエーションによって様々です。今回はそんな「よろしくお願いします」という言葉を英語ではどう変換するかを、フレーズと共にご紹介します。

「よろしくお願いします」に直訳はない?

日本語で「よろしくお願いします」という場合、シチュエーションによってその意味が異なります。例えば、初めて会った人に自己紹介をした後、最後に「よろしくお願いします」と言う場合は、「これからお世話になりますが、お付き合いよろしくお願いします」という気持ちが込められていますよね。また、何か仕事を人に頼んだ後に、「じゃあ、よろしくお願いします」と言う場合は、「しっかり頼みましたよ」という意味合いが含まれています。このように、一言で「よろしくお願いします」と言っても、その意味は様々ですので、英語でそういった便利な役割をしてくれる魔法のフレーズを見つけるのは困難です。

そこで、「よろしくお願いします」と日本語で言いたい場合は、それを直訳した英語のフレーズを探すのではなく、同じシチュエーションで代わりに使われる英語のフレーズを覚えてしまうのがお勧めの攻略法です。

例えば、日本語ではメールの最後に、「それではよろしくお願いします」と書くことが多いのですが、英語のメールの場合は、
「I’m looking forward to hearing from you.」
(ご連絡をお待ちしています)や、
「I look forward to working with you again in the future.」
(今後ともまた一緒にお仕事をするのを楽しみにしています)
などの表現が文末に多用されています。英文メールではこういったフレーズを文末に置く習慣があるということをそのまま覚えてしまって、「よろしくお願いします」の代わりに使ってみると、ネイティブらしい英文メールとなりますよ。

「よろしくお願いします」に代わる英語のフレーズ

では、シチュエーションごとに意味の変わる日本語の「よろしくお願いします」を、英語ではそれぞれ、どう置き換えればいいのでしょうか。シチュエーションごとに英語のフレーズを覚えて、ネイティブにこなれた印象を与えましょう!

挨拶の始めに使う

初めて会った人に「どうもよろしくお願いします」と言いながら、名刺を交換したり、お辞儀をしたりするシーンはよくあります。英語ではこんな時の「よろしくお願いします」の代わりに、下記のフレーズが使われます。

▼Nice to meet you : はじめまして
英語ではズバリ、初めて会った人との挨拶はこの表現です。この表現の中に、「よろしくお願いします」という気持ちも含まれていると考えましょう。海外ではこのフレーズを言いながら握手をするのがよくある風景です。

▼It’s pleasure to meet you : お会いできて光栄です。
目上の人や取引先の方などには、Nice to meet youの代わりに、こういった丁寧な言い方で挨拶を始めましょう。「pleasure」は「喜び」という意味で、「あなたに会えて嬉しいです」ということです。

挨拶の締めで使う

初対面の人と初めて会って自己紹介をした後、最後に「よろしくお願いします」というのは決まり文句ですよね。職場など大勢の前で自己紹介をした後にもよく言う言葉です。この時の「よろしくお願いします」に変わる英語のフレーズには下記のようなものがあります。

▼It was nice meeting you : お会いできてよかったです
初めて会った人とは最初に「Nice to meet you」といいますが、その後色々と話し、最後に話を切り上げる時、再度この言葉を言います。もし複数の人に伝える時には「It was nice meeting you all」(みなさんにお会いできてよかったです)と、最後にallをつけるといいでしょう。

▼I’m looking forward to working with you : 一緒にお仕事ができるのを楽しみにしています
こちらは新しい職場などで、大勢の前での自己紹介の最後に言うのにふさわしい言葉です。「to」の後ろは「work」ではなく、動名詞の「working」です。よく間違われやすい部分ですので気をつけてくださいね。

▼I’m thrilled to work with you: あなたと働けることにワクワクしています
「Thrill」は日本語でも「スリルを感じる」というように、心がぞくぞくと浮き立つ程、ワクワクしているという意味です。「ずっとこの会社で働きたかった」「ずっとあなたと働きたかった」、「それが叶って本当に嬉しい」というような興奮した気持ちを表すフレーズです。

依頼の際に使う

「この仕事を水曜日までに終わらせて頂けますか?」「この荷物運んでもらえますか?」など、何かを依頼をした後、「じゃあ、頼みましたよ」という意味で「よろしくお願いします」ということがありますよね。英語の場合は何というのでしょう。

▼Thank you in advance:(前もって)ありがとうございます
in advanceは前もってという意味。英語では、依頼をした後は、先に「ありがとう」と言っておくことで、「やってくれると信じてるよ」「しっかり頼んだよ」という気持ちを含ませていると考えられます。より丁寧に表現したい場合は、「Thank you so much for your help in advance」(助けてくれて本当にありがとう)という事もできますし、反対にカジュアルな場面では「Thanks in advance!」などでもいいでしょう。

▼I’m counting on you: 頼りにしてるよ
これは上司が部下に言うときに使いやすい表現です。反対に目上の人やビジネスパートナーにはあまり使わないほうがいいかもしれません。

メールの締めの言葉として使う

ビジネスメールの最後に、「ではよろしくお願いいたします」と付け加えることは頻繁にあると思います。英語のメールの場合は、「Best Regards」や「Sincerely yours」などの結語をつけるのが一般的ですが、その前に何かを書きたい場合には、下記のような表現が最適です。

▼I’m looking forward to hearing from you : お返事を楽しみにしています
相手からのお返事が欲しい場合は、お返事を楽しみにしていますという表現を付け加えるといいでしょう。反対に返事が不要な場合はこの表現は不適切です。

▼Thank you for your all help in advance: (前もって)お助け頂きありがとうございます
メールでも、何かを依頼した後であれば、前もって感謝の意を伝えるこの表現を使うことができます。友達とのカジュアルなメールであれば、「Thanks!」(ありがと!)で終わらせることもありますよ。

まとめ

いかがでしたか?日本語の「よろしくお願いします」は、本当に幅広く万能な表現です。
そして、それに匹敵する英語のフレーズは残念ながらありません。しかし英語では、同じ状況でも「Thank you」や「It’s pleasure」などのポジティブな表現を使って、同様のシーンを乗り切っているということも感じていただけたのではないでしょうか。これもまた、英語と日本語の文化の違い。ぜひ英語での会話の場合は、こういった文化の違いも考慮しながら違和感のないフレーズを使ってみてくださいね。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら