定型文さえ覚えてしまえば簡単!!英語で自己紹介をする方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で自己紹介をしなければならないとなったとき、あなたならどうしますか。「英語で自己紹介なんてできない」と思っている人もいるかもしれませんが、英語での自己紹介はそんなに難しいものではありません。

英語で自己紹介をするには、まず定型文をしっかりと覚えてしまえば良いのです。ここで紹介する定型文を使いこなして、自己紹介を軽々こなせるようになりましょう。

自己紹介に必要な項目は?

英語でも日本語でも、自己紹介に必要な項目は同じです。また自己紹介をする相手、自己紹介をする場面によって、項目が変わるのも日本語と同じです。

前述した通り、自己紹介は定型文を覚えておけば、難しいものではありません。また質問されたとしても、無理に難しい英語を使わずに自分の知っている英語で答えれば良いのです。

1. 最初のあいさつ

最初のあいさつは、日本語と同様に「はじめまして」です。英語で「はじめまして」と言えば “Nice to meet you.” ですが、もっと簡単な英語でも大丈夫です。

Hi.
(はじめまして)

Hello.
(はじめまして)

Nice to meet you.
(はじめまして)

2. 名前と呼び方

自己紹介で名前を伝えるのは当然ですが、さらに英語の場合、ニックネームなどの呼び方も伝えるのが一般的です。次のような定型文を参考に、自分の名前を入れてみましょう。

まず名前を伝える場合ですが、次の2通りが考えられます。1はフォーマルな場面で使うことが多いので、2が一般的です。

1. My name is 〇〇.
(私の名前は○○です)

2. I’m 〇〇.
(私の名前は○○です)

次に呼び方、つまりニックネームを教える場合の定型文です。ニックネームを教えることで、相手が名前を覚えてくれます。ニックネームがない人も、呼びやすい名前を伝えるようにしましょう。

You can call me 〇〇.
(○○と呼んでね)

Please call me 〇〇.
(○○と呼んでください)

Everyone calls me 〇〇.
(みんな私を○○と呼びます)

3. 出身地や住んでいる場所

出身地を伝えることで「そこはどんなところですか」と質問されたり、日本のことを知っていれば「その場所を知っている!」と言われたりすることもあります。自分の街の特徴などについても少しも話せるように、できれば事前にどのように説明するのか調べておきましょう。

I’m from 〇〇.
(〇〇から来ました)

I grew up in 〇〇.
(〇〇で育ちました)

I was born in 〇〇.
(〇〇で生まれました)

次に住んでいる場所です。出身地と同じ人は言う必要がありませんが、住んでいる場所が出身地と違ったり著名な場所だったりすると、質問も出てきて、楽しい話題につながるかもしれません。

I live in 〇〇.
(〇〇に住んでいます)

I live close to 〇〇.
(〇〇の近くに住んでいます)

4. 会社名と肩書き

会社名と肩書きは、ビジネスでの自己紹介だと詳しく述べる必要があります。そうした場では、会社名も相手がよく知っている会社であれば、会話も弾むでしょう。肩書きも同様です。ただしビジネス以外での自己紹介では、特に必要はないでしょう。

I’m a sales representative at ○○ company.
(私は○○社の営業担当者です)

I’m in charge of the Sales Department at ○○ company.
(私は○○社の営業部の責任者です)

5. どのような仕事をしているか

どのような仕事をしているのか相手に伝えることで、その仕事について質問されるなど、会話が盛り上がることもあります。例えば、自分が建築家の場合、どのような建築物をつくりましたかと聞かれることも予想されます。自分の仕事については、定型文以外にも英語で説明できるようにしておけるようにしておきましょう。

I’m working as 〇〇.
(○○として働いています)

I work in 〇〇.
(○○で働いています)

I’m an/a 〇〇.
(私は○○です)

代表的な仕事としては、以下のようなものがあります。ここにないものは、自分で調べておきましょう。

an office worker(会社員)
a public servant(公務員)
an engineer(技術者)
an architect (建築家)
a teacher(教師)
a self-employed(自営業)
a homemaker(主婦)

6. 趣味は何か

自己紹介をするときに趣味を伝えておくと、その後の会話が弾むのは間違いありません。例え誰も知らないような趣味であっても、「それはどんな趣味ですか?」と聞かれるかもしれません。

I like ~ing.
(私は~するのが好きです)

My hobby is ○○.
(私の趣味は○○です)

I am interested in ○○.
(私は○○に興味があります)

7. 休みの日は何をしているか

休みの日に何をしているか相手に伝えると、相手も同じことに興味を持っていれば、一緒に出かけないかと誘われることもあります。例えば、休みの日にレストランに行くのが好き、ショッピングが好きとなれば、一緒に行ったら楽しいと思いますよね。

場面によっては必要な項目でないかもしれませんが、比較的フランクな場であれば、趣味を述べた後などに話してみるとよいでしょう。

I like watching movies, so I go to a movie theater every Sunday.
(私は映画を見ることが好きなので、毎週日曜日には映画館に行きます)

I am interested in shopping, so I go shopping every Saturday with my friend.
(私は買い物に興味があるので、毎週土曜日に友人と買い物に行きます)

My hobby is mountain climbing, so I go to a mountain every summer vacation.
(私の趣味は山登りなので、毎年夏休みに山に行きます)

好印象を与える自己紹介のポイントは?

好印象を与える自己紹介のポイントとは、何でしょうか。それは、相手にしっかりと伝える気持ちがあるかどうかの違いです。これまで述べてきたように、自己紹介として必要な項目はほぼ決まっていますし、事前に準備をしておけば、英語で話すことは難しくありません。

ポイントは、それを相手にしっかりと伝えられるかどうかです。相手が理解できるように、定型文にさらに自分独自の表現を付けくわえていってみましょう。また、自己紹介をすればきっと相手から質問もされます。その質問にも、答えられるようにしておけば、その後の会話をふくらませていくこともできるでしょう。

英語が苦手だと緊張するかもしれませんが、相手に伝えようという気持ちがあれば、たとえ拙い英語でもかならず相手に通じます。相手に伝えるこということに重点をおいて自己紹介の内容を考えていきましょう。

相手が興味を持つような自己紹介をしよう

自己紹介の定型文について紹介しましたが、ただそこに単語を当てはめるだけでなく、相手が興味を持ってくれる自己紹介にする必要があります。

例えば、趣味や休みの日にしていること、仕事の内容など、相手が興味を持つと思われるものを選び、仕事についても相手にわかりやすい説明をするようにしましょう。英語だからといって恐れずに、どうぞ思いきって自己紹介をしてみてください。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら