「お待たせしました」を英語で言うと?外国人から注文を取ってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街中のレストランやファーストフード店、観光地の食堂などで、いまや当たり前のように外国人の姿を見かけます。「英語で接客できるようになりたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、飲食店で注文を取るための英語フレーズをご紹介します。

基本の注文英語フレーズをマスター

まずは基本のフレーズを押さえておきましょう。日本の飲食店とまったく同じ言い方をすることもありますが、英語らしい表現の仕方も覚えておくと、ナチュラルに対応することができます。

注文していいかどうか聞く

May I take your order?
(ご注文をうかがいます)

Have you decided your order?
(ご注文はお決まりですか?)

<Not yet.(まだです)と言われたら>
Please let me know when you decide what to order.
(お決まりになられましたらお知らせください)

飲み物を聞く

What would you like to drink?
(お飲み物は何になさいますか?)

ほかにほしいものはないかどうか聞く

Anything else?
(ほかにございますか?)

すぐに持ってくるという

Right away.
(ただちに)

Coming right up.
(ただちにお持ちします)

日本語の「ご注文を繰り返します」はI’ll repeat your order.と言ってもいいのですが、冗長な感じがするので単に注文されたものの名前を並べて言うだけでよく、「以上でよろしいですか?」の代わりにAnything else?を使うと、スマートな流れになります。

ワンランクアップの注文英語フレーズ

せっかくだから外国人のお客様とお話しながら接客してみたいという人へ。おススメのメニューを紹介したり、注文を細かく確認したりする方法は次のようになります

おススメする

Our recommendation is teriyaki chicken rice bowl.
(おススメは照り焼きチキン丼です)

Would you like some French fries with it?
(ご一緒にポテトはいかがですか?)

「お店」として対応しているので、my recommendation(私のおススメ)ではなく、our recommendation(当店のおススメ)とするところがポイントです。「フライドポテト」は英語ではFrench fries(米語)またはchips(イギリス英語)と言います。

注文について確認する

What dressing/sauce would you like?
(ドレッシング/ソースは何になさいますか?)

What size(of coffee) would you like?
((コーヒーの)サイズはいかがなさいますか?)

Would you like milk and sugar with your coffee?
(コーヒーにミルクとお砂糖はおつけしますか?)

これらは比較的丁寧な言い方で、カジュアルなお店ではWhat dressing/sauce?、What size?、Milk and sugar? のように省略してもかまいません。

<ファーストフード店で>持ち帰りかどうか聞く

For here or to go?
(こちらでお召し上がりですか、持ち帰りですか?)

「テイクアウトする」はtake outまたはtake awayという言い方も使われます。

注文を切らしているとき・待たせたとき

I’m afraid we ran out of it.
(あいにく切らしています)

<催促されて>
I’ll bring your order right away.
(すぐにお持ちします)

Thank you for waiting.
(お待たせしました)

I’m afraid~は「あいにく~」「残念ながら~」という丁寧な言い方。run out of ~は「~を切らしている」という定番の表現です。注文を出すのが遅くなってしまったとき、店側にトラブルがあって待たせてしまったというときはSorry for being late.(遅くなってすみません)と言ったほうがいいかもしれませんが、一般的な待ち時間の範囲内であるときは、日本語の「お待たせしました」に相当するThank you for waiting.で大丈夫です。

気をつけてほしいのは、「わかりました」というつもりでついOKと言ってしまわないこと。接客の場面ではSure.やCertainly.を使うのが一般的。日本語の「かしこまりました」に近い表現です。長い説明をすることができなくても、Sure./Certainly.やRight away.(ただちに)をパッと言えるようになると、グッと好感度がアップしますよ!

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する