【外国人がお店に来たら?】とっさの接客英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にやってくる外国人観光客が増え、街角のコンビニエンスストアやドラッグストアなどにふらりと入ってきたお客さんが、英語で話しかけてくることも珍しくなくなってきました。もしあなたの働いているお店に、外国人のお客さんがやってきたら…? とっさの場面であわてないよう、接客のための基本的な英語表現を身につけておきましょう。

「いらっしゃいませ」を英語で言うと?

外国人のお客さんがお店に入ってきた…!見かけたときはまず、次のように声をかけます。

Hello!

日本ではお店で「こんにちは」とあいさつすることはありませんが、海外の多くの国では、まずHello!と声をかけるのが基本。いわば日本語の「いらっしゃいませ」に相当するセリフです。英語で話をするときはつい、「”いらっしゃいませ”は英語でなんと言うのだろう?」といったように考えてしまうかもしれませんが、発想を変えて、英語圏の店員さんが普段使っている表現をまねするのがいいかと思います。
お客さんがもし何か探しているようだったら、次のように言ってあげましょう。

May I help you?(お手伝いしましょうか?)

慣れない日本のお店での買い物、できれば役に立ってあげたいものですが、相手の言うことがよく聞き取れない、ということがよくあります。聞き返す表現としては、I beg your pardon?(すみません?)、Could you say that again?(もう一度言っていただけますか?)などいろいろありますが、次のものが一番簡単で言いやすいはず。

Sorry?(すみません?)

普段の会話の中でもよく使われる表現で、「ソーリイ?」と語尾を上げて言うところがポイントです。

相手のほしいものが理解できて、「わかりました」「了解しました」というときは、こう言うのが一般的です。
Certainly.(かしこまりました)

発音は「サートゥンリ」のようになります。ちょっと難しい感じがするかもしれませんが、こう言うと相手に「英語での対応を心得ているな」という印象を与えることができるはず。なお、英語ではお客様に呼びかけるとき、男性相手にはsir(サー)、女性相手にはma’am(マアム)を使うので、Certainly, sir.のようにすると、「かしこまりました、お客様」という丁寧な返事になります。

Thank you.のあとにつけるひとことは?

お客様のほしいものがわかったとして、すぐには用意できない、確認しなければならないというとき、Wait.(待って)だとちょっと失礼な感じ。こう言うのが適切です。

One moment, please.(少々お待ちください)

momentは「瞬間」という意味ですが、One moment, please.は「一瞬待ってください」ということではなく、「ちょっとの間待ってください」という慣用的な言い方。ほかにOne minute, please.やOne second, please.と言うこともありますが、いずれもone minute(1分)、one second(1秒)という文字通りの意味ではなく、「ちょっとの間」というニュアンスになります。

「少々お待ちください」の後は、こんなふうにひとこと付け加えることができると、さらにプロフェッショナルな印象になります。

I’ll be right back.(すぐに戻ります)

rightはここでは「すぐに」「ただちに」という副詞で、will be backで「戻る」となります。英語圏の店員さんが使う定番の表現、お客さんをただ待たせるのではなく、「すぐに戻りますからね」と約束してあげるのです。

買うものが決まったら、商品を渡すときやおつりを渡すときに知っていてほしいのがこのひとこと。

Here you are.(はい、どうぞ)

「どうぞ」というとPlease.を使いたくなってしまうかもしれませんが、pleaseは相手にお願いする表現なので、相手に何かを渡すときにpleaseではヘンですね。「ほら、この品物(やおつり)があなたのところに行きますよ」というニュアンスで使うHere you are.は、何かを差し出すときにいつでも使える便利な表現です。

無事買い物が終わり、Thank you.だけでは何か物足らないと思ったら、こう付け加えてあげましょう。

Have a nice day!(よい1日を!)

これは朝から昼ごろにかけて使う表現で、午後であればHave a nice afternoon.となり、夜であればHave a nice evening.と応用します。ちなみにeveningはまだ夕食に出かけるくらいの時間、nightはこれから寝るところ、または夜飲みに行くくらいの時間帯というイメージです。

もし相手が観光客であるということが明らかであれば、最後にこう言ってあげてもいいと思います。

Enjoy your stay in Japan!(日本での滞在を楽しんでください!)

商品の細かい説明をするのは難しくても、こういった基本的なあいさつを交わすだけで、気持ちのよい接客をすることができます。今度あなたのお店に外国人のお客さんがやってきたら、まずHello!と声をかけるところから始めてみてください!

接客のための基本フレーズまとめ

Hello!(こんにちは!/いらっしゃいませ)
May I help you?(お手伝いしましょうか?)
I beg your pardon?(すみません?)
Could you say that again?(もう一度言っていただけますか?
Sorry?(すみません?)
Certainly.(かしこまりました)
Certainly, sir.(かしこまりました、お客様)
One moment, please./One minute, please./One second, please.(少々お待ちください)
I’ll be right back.(すぐに戻ります)
Here you are.(はい、どうぞ)
Have a nice day!(よい1日を!)
Have a nice afternoon.(よい午後を)
Have a nice evening.(よい晩を)
Enjoy your stay in Japan!(日本での滞在を楽しんでください!)
レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英会話は自動車の運転と同じ実技科目。 週1回の英会話スクールで、本当に英語を話せるようになりますか?
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら