〜学習スケジュールの立て方、実行の仕方〜わかりやすくて、今すぐ実践できる!【オンライン英会話の講座 #2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン英会話の学習は、今ある英語学習法の中で最も良いものの一つだと思います。いくつかの工夫をすることで、より効果的なレッスンにすることができます。オンライン英会話をより効果的に活用する方法を、各回のテーマごとに書かせていただきます。
前回からスタートしたこの講座。今回のテーマは、こちらです。

今回のお悩み:学習スケジュールの立て方、実行の仕方

【今回のお悩み】
仕事が忙しく、なかなかオンライン英会話学習の時間が取れません。どうすれば時間を作れますか?
また、どれぐらいの頻度でレッスンを受ければいいですか?

この悩みは、多くの方が持たれているのではないでしょうか。仕事に忙しいビジネスパーソンの方であれば、なおさらですよね。

僕自身、うまくいかなかった時とうまくいった時とを比べると、意識的に変えたことがあります。そして、学習をうまく続けて成果につなげられた周りの人たちも、ある程度共通したことをしているようです。

スケジュールの立て方

まず、スケジュールの立て方についてです。オンライン英会話は、いつでもレッスンを受けられるのが魅力です。早朝から深夜まで、自分の都合のいい時を選べます。

ですが、それだけに、いつでもできると思ってなかなか始められなかったり、始めても次のレッスンを入れるのが億劫になることもよくあるんですね。

それを解決するためのコツは、大きく3つあります。

目標を決める

日々のスケジュールを決めるために、まずは自分がオンライン英会話を利用することで達成したいこと、レベル、具体的なスキルを決めましょう。そして、難易度と自分の現在地から、達成の期日を決めましょう。

時間帯を決める

みんな忙しいので、いつでも受けられると思うと、その時間はすぐに埋まっていきます。そのため、あらかじめ「平日の何時から何時はオンライン英会話のレッスンを受ける」と決めてしまいましょう。

「先生とのアポイントメント」という感じで先にスケジュール帳に入れて、他の予定をブロックするのです。実際、通学型の英会話スクールや海外留学であれば、そうしますよね。

無理しない

やってしまいがちな失敗の一つに、高すぎる、かっこよすぎる目標と学習計画を作ってしまうこと。僕もよくやっていました。計画を立てている時には気分が高揚するので、あれもこれもと幅を広げてしまったり、無理な時間数を盛り込んでしまったりしがちです。

でも、オンライン英会話学習の効果を得る上で不可欠なのは、英会話の習慣化です。毎日、数ヶ月先まで、やる気が出ても出なくても淡々と続けられるぐらいの、余裕を持った計画を立てましょう。

時間の作り方

ビジネスパーソンは仕事に付き合いにと、何かと忙しいものです。学生さんも、英語以外の勉強やアルバイト、友達との付き合いなど、やはり忙しいです。解決するためのコツを、2つ挙げさせていただきます。

他の何かをやめる

一日の時間数は限られているので、オンライン英会話をコンスタントに実行するためには、今までやっていた何かをやめる必要が、多くの人にはあります。僕の場合は、テレビをダラダラ観ることをやめました。

周りにオンライン英会話学習を宣言する

彼女や彼氏、家族、友人から、「私とオンライン英会話とどっちが大事なのよ!」と言われると、継続がなかなか難しくなりますよね。

周りの人たちの理解と応援を得られると、オンライン英会話学習がはかどります。飲み会の誘いを断っても、嫌な顔をされなくなります。ぜひ、オンライン英会話をやっていることや、その目的や良さなどを、身近な人たちに伝えていきましょう。

実行の仕方と、レッスンの頻度

ここが一番難しい部分です。計画を立てるまでは楽しくて、実行するための時間は実際にはあっても、なかなか続けられなかったりもします。僕もそうです。隙あらばサボりたくなりますし、オンライン英会話をしようとパソコンやスマホを見たはずなのに、SNSやニュースサイトに時間を取られる…なんていうことが、よくあります。

監視してもらい、人の目を利用する

オンライン英会話は、レッスン予約も自分で入れて、レッスンの内容や計画も自分でしていく必要があります。スクールでありながら、学習の管理は自分でおこなうため、独習の側面も併せ持っている、ある意味で特殊な学習法なんですね。

僕などはまさにそうなのですが、教室で先生に監視してもらったり、図書館で他の勉強している人たちの目があったりすると仕方なく勉強するのですが、一人になるとサボってしまうタイプの人は、オンライン英会話の継続が難しかったりするんですね。

それを解決するために、英語学習仲間や自分のメンター、会社の同僚など、誰かに監査してもらえる状況を作るのがオススメです。僕の場合は、Twitterで英語学習仲間を作り、学習開始前に「この後、オンライン英会話のレッスンです」などと投稿することで、見られているからサボれない、という状況をよく作っていました。

その時々に適切な学習手段を持つ

ビジネスパーソンの方であれば、仕事やその他の環境の変化が、日常茶飯事ですよね。自分自身が残業で疲れてしまったり、風邪気味で声が出にくい時なども出てきます。学習計画が崩れることはよくあります。

それを立て直すためには、環境の変化に柔軟に対応することが大切です。オンライン英会話の学習は、レッスンを受ける時間だけではなく、単語を調べたり、文法の勉強をしたり、発音や音読の自主練習、教材の予習、レッスンの復習など、いろいろな学習の複合体です。自分のその時々に適切な学習を選び出して、とにかくゼロにはしない、ストップはせずに一歩でも前に進めばOK、と考えましょう。

例えば、前述の声が出にくい時であれば、オンライン英会話のレッスンを休んでも、リスニング教材を聴いたり、話したいことを英文で書いたりしておけば、次回のオンライン英会話のレッスンが有意義なものになります。

レッスンの頻度

たとえ毎日レッスンを受けても、一回一回のレッスンをちゃんと消化し切れないまま次を受けても、伸び悩んでしまうと思います。上記のとおり、オンライン英会話はレッスン外の学習とのセットだと考えて、予習復習やその他自習とのバランスを保てる頻度でレッスンを受けるのがオススメです。

一方で、直近に実生活で英語を話す本番が迫っている状況であれば、オンライン英会話のレッスンをできる限り多く入れた方が、本番で口から英語が出てきやすくなるので、いいですね。

今回の講座は以上です。お役立ていただけたら、大変幸いです。

★Facebookのイイネやシェア、Twitterのツイートやリツイート等をしていただけると、大変励みになります★

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら