「検討します」を英語でいえる? ”I’ll consider it.”は大違い-日本人がやってしまいがちな間違い10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだある!日本人に多い間違いをまとめました。
ビジネスシーンであなたが何気なく使っている英語……もしかしたら間違っているかもしれません!

1.「近くのレストラン」は “Near restaurant “ ではない

近くのレストランでお客様などを食事に誘うとき、
×”Would you like to have lunch at the near Asian restaurant? ”と言っていませんか?
形容詞としての “near” は名詞の前に置くことはできません!

近くのアジアンレストランでランチをしませんか?」は、”nearby”を使ってこう言います。
”Would you like to have lunch at the nearby Asian restaurant? ”

2. “Close a deal” は「取引を終わる」ではない

相手との取引を取りやめたいとき、
×”We’ve decided to close a deal.”と言っていませんか?
“close” =「閉じる」というイメージのまま ”close a deal.”と言ってしまうと、逆に「取引がまとまる、契約をする」方向に進んでしまいます。

「私たちは、契約を取りやめることを決めました」はこう言います。
” We’ve decided to cancel a contract.

「契約しましょう」は “Let’s close a deal.”ですが、”deal” のこんな使い方も知っていると便利です!
“It’s no big deal! “ 「たいした問題じゃないです!」
“It’s a deal.” 「(大人同士の)約束です」ビジネスシーンで、”It’s a promise.” は子供っぽいので使わないようにしましょう。

3.「〜について議論する」は “Discuss about〜” ではない

「この件について議論しましょう」というとき、
דLet’s discuss about this issue.”と言っていませんか?
「議論する」という動詞 ”discuss”は他動詞なので、後ろに直接目的語をとります

「この件について議論しましょう。」というときは ”about”はつけず、こう言います。
“Let’s discuss this issue.”

これ、帰国子女の同僚も、元上司の外国人も間違っているのを目撃したことがある要注意ワードです。

4.「午後5時頃そちらにお伺いします」は“I’ll go there around 5 P.M.”ではない

「午後5時頃、そちらにお伺いしますね」というとき、
×”I’ll go there around 5 P.M.”と言っていませんか?
これだと、「午後5時頃こちらを出ます。」という意味になってしまいます。

「午後5時頃、そちらにお伺いしますね」は、こう言います。
“I’ll arrive there around 5 P.M.”

“arrive”の代わりに、”I’ll be there.””I’ll get there.”でもOKです。

5.「なくしたモノを見つけました」は“I found out〜”ではない

なくしたパソコンを見つけたとき、
ד I finally found out the missing PC.” と言っていませんか?
“find out”は情報や事実などの「実体のないもの」に対して使うので、実体のあるモノであるパソコンには使いません。

「なくしたパソコンをついに見つけました」はこう言います。
“I finally found the missing PC.”

“find out”はこんな使い方をします。
I found out the necessary information.「必要な情報を見つけました。」(情報)
I found out that Tom was going to change his career.「彼がキャリアチェンジすることを知りました。」(事実)

6.「よく〜します」は ”I often〜” ではない

「私はしょっちゅうあのクライアントと会います。」というとき、
דI often see that client.” と言っていませんか?
実はこの“often”、否定文か疑問文にしか使えません。

「私はしょっちゅうあのクライアントと会います。」はこう言います。
Usually, I see that client.”

“often” の位置は「文末」と覚えておけばOKです。こんなかんじ!
“I don’t see that client often.”「あのクライアントにはあまり会いません。」
“Do you see that client often?”「あのクライアントにはよく会いますか?」

7.”invaluable”、“indifferent”は「valuable」「different」の反意語ではない

否定の接頭辞 ” in- ”がついて、”direct”(直接的な)が “indirect”(間接的な)に、”correct”(正しい)が ”incorrect”(間違った)と反意語になるのと同じように、
×invaluable” =「価値がない」、”indifferent” = 「違わない」と思っていませんか?

“invaluable”は「非常に価値がある、かけがえのない」
“indifferent”は「無関心」という意味です。

これらは、TOEICなどのテストでも狙われやすい単語なのでぜひ覚えましょう!

8.「明日(仕事を)休みます」は“I’ll take a rest.”ではない

「明日(仕事を)休みます」というとき、
“I’ll take a rest tomorrow.”と言っていませんか?
“rest”は「体を休める、休養する」という意味で、仕事を休むときには使いません。

「明日(仕事を)休みます」と言いたいときは、こう言います。
“I’m off tomorrow.” (be動詞 + off )

“I take a day off tomorrow.”でもOK。
「take + 期間 + off」でその期間休むことをいうこともできます。
“I’ll take two weeks off.”「2週間休みます」

9.「5人のスタッフ」は”Five staffs” ではない

「5人のスタッフが来ます」というとき、
×”Five staffs are coming.”と言っていませんか?
“staff ” は集合名詞といって、その組織で働いている全員をまとめていう言葉なので、個々のスタッフを表すことはできません。

「5人のスタッフが来ます」はこう言います。
five staff members are coming.”や “five members of the staff are coming.”

「彼はスタッフです」というときも、”He is a staff.”ではなく、
“He is a member of the staff.”や ”He is a staff member”といいます。

10. 日本語の「検討します」と”I’ll consider it.”は意味合いが違う

その場ではっきり断らず「検討します」ということばをもって“暗に断る”つもりで、
× ”I’ll consider it.”と言っていませんか?
“consider”という単語には、「ちゃんと検討して回答する」という意味があるので、日本のビジネスシーンで婉曲的に断るときによく使う「検討します」のつもりでは使えません!

グローバルな会議の場などでは、可能性がないときは”decline”使い、はっきりと断ります。
“I must decline your proposal.”

いかがでしたか?
こういうちょっとした正しいニュアンスをゲットして、よりスマートなビジネスマンになっちゃいましょう!

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する